3句選句してください。番号だけでOKです。毎月5日、夜12時が選句締切です。 姓名の「姓」は不要です。「名」だけを記入してください。
投句していなければ選句はできません。



    *選句は半角数字でお願いします。


    1 ほゝづきを鳴らして漢字練習帳
    2 秋天に真つ直ぐ飛ぶやティーショット
    3 月の面に写す梢の影絵かな
    4 天下取る器量ありけり大瓢箪
    5 耳朶大きい御仏ばかり秋遍路
    6 天高くブラスバンドが鳴り響く
    7 三線で「日の丸」弾く子小鳥来る
    8 色問へばうすいピンクよ秋の風
    9 友の忌の名月つれて帰りけり
    10 長生きは我が家の系図曼珠沙華
    11 白髪を褒められてをり菊日和
    12 ほつぺたにごはん一粒小鳥くる
    13 前世は蠅捕蜘蛛かいとおしく
    14 母独り住まふ生家や秋すだれ
    15 女王や九十六の秋の夢
    16 スイッチョや闇の静寂を充電す
    17 肉を焼きおにぎりを焼き天高し
    18 一番でも二番でもなし秋の草
    19 出番待つ絵本の表紙小鳥来る
    20 萩の庭ほめて訪問医師ナース
    21 仮名筆の自在な運び水の秋
    22 児をふたり乗せてママチャリ空高し
    23 「嫌い」から占ひ始む秋桜
    24 襟を立て家路を急ぐ秋の暮れ
    25 白鷺にハゼくれてやり竿仕舞ふ
    26 戯れず葉見ず花見ず彼岸花
    27 臥す母の目覚むる頃や貝風鈴
    28 秋刀魚焼く太公望の帰るころ
    29 軽くゐて人惹きつける吾亦紅
    30 われもこう肩斜交いにすれ違ふ
    31 炊き上げて故郷の香り今年米
    32 下の名で呼び合ふ友よ秋まつり
    33 茜さす光まみれの落穂かな
    34 鉄棒の腹にめり込む体育の日
    35 橋上に舗装打つ影月天心
    36 竪穴の藁屋根けぶる文化の日
    37 一斉に稲刈る村や精気満つ
    38 この月の月に見とれし曼珠沙華
    39 何度目の厠通いか鹿の声
    40 大鳥居潜りてよりのㇹ句の秋
    41 逝く秋や母の淋しき笑ひ皺
    42 秋桜みそ汁二度の仲なりし
    43 野の道やささやきかける吾亦紅
    44 まだ生きる積もりよふふふ温め酒
    45 ひと雨に田畑しづもる雁の頃
    46 侮れば帽子攫はれ野分晴
    47 廃線の線路の中や草の花
    48 松茸めしありと手書の壁メニュー
    49 十ばかり銀杏拾ふ散歩かな
    50 吾が影の刈田に長し風渡る
    51 涼新た絵手紙一つ書き上げて
    52 目刺かと見間違ふやな初秋刀魚
    53 括りても気ままに咲けり萩の花
    54 宮相撲天に足指す四股を踏む
    55 フルートはデクレッシェンド秋澄めり
    56 あとを追う群れをはずれし鰯雲
    57 秋冷の重さ教科書五冊分
    58 秋の暮ふいに駆け出す下校の子
    59 少年の面影残し祭笛
    60 叙勲と訃紙上にて知る秋風裡
    61 瀬戸大橋を秋の夕焼飾り立て
    62 秋雨やデイサービスの迎車来る
    63 酔漢のじゃんけん振るふ柘榴かな
    64 生身魂瞑りて喋る癖今に
    65 色鳥を母に見せむと手鏡を
    66 細き葉をふわり抱きとめ糸蜻蛉
    67 ストレッチ腹に響けと汗をかく
    68 時来なば尺取虫も羽持たむ
    69 マニキュアの爪へ息吹く夢二の忌
    70 ピーマンに肉詰められてぬるめの湯
    71 月の客酒を目当てに来たりけり
    72 秋思ふと浮かぶ地球に浮かぶ気球
    73 小魚の鱗ひかりて水の秋
    74 お彼岸に 都合よく咲く 曼殊沙華
    75 絵手紙に収まりきらぬ残暑かな
    76 九時間の手術を覚めて叫ぶ秋
    77 冬瓜のゴロゴロ太る畑かな
    78 同士討なるぞよ秋の蚊の寄り来
    79 颱風過孫は千歳へ子は京へ
    80 ドアベルの不穏な音色野分来る
    81 折り鶴と翔んで行きたや秋の空
    82 雲幾つ台風一過青空へ
    83 この先は雲湧くところ蕎麦の花
    84 長生きの秘訣は笑顔敬老の日
    85 足跡のどこまで続く秋の浜
    86 曼珠沙華痛くなるほどシャワー浴び
    87 晩秋や球場灯り草野球
    88 沈む日の葭をゆらして蜻蛉消え
    89 授業中校庭を舞う赤とんぼ
    90 酔って鳴くすいっちょだれが恋しいの
    91 青春の声駆け去りぬ秋の浜
    92 駅ピアノ流れる秋のセレナーデ
    93 赤とんぼ気ままに生きて子のたより
    94 影法師をんなを待たす良夜かな
    95 家ぢうの刃物研がれて今朝の秋
    96 女湯の姦しきこと芒揺る
    97 風呂敷をほどくやころり青蜜柑
    98 雷鳴に老犬の生夫に委ね
    99 名月や 天津丼に餡かけの雲
    100 廃屋の樋(とゆ)に絡みて灸花
    101 闇に溶け朧の影や月明り
    102 台風や街道筋をまた来たり
    103 コスモスをどすんと揺らす山稽古
    104 喜多方は酒蔵の町小鳥くる
    105 訃報受け座して夜長と向きあひぬ
    106 せせらぎに赤凛々と曼珠沙華
    107 安達太良のほんとの空や秋の色
    108 青空にさざ波立てて鰯雲
    109 鯛焼を分け合ふ湯屋の帰りかな
    110 明月の空をあふるるばかりなり
    111 松覆う門や庭師の天高し
    112 駄句並べ選句迷ひし獺祭忌
    113 静寂に溢れ溶けゆくコンサート
    114 いたはりのことばさへなし轡虫
    115 新涼や太平洋の水つかみ
    116 ありし日の母の夜なべの鼻眼鏡
    117 すがりつくサイドミラーの飛蝗かな
    118 スカーレット名画座帰路の彼岸花
    119 渦を巻き渦を解きて秋の潮
    120 司馬遼の街道をゆく夜長かな
    121 喉元に名前つかへし秋の暮
    122 喜寿過ぎて新しき恋たうがらし
    123 路曲がり確かなりけり秋の風
    124 神の鈴かんら鳴らせば銀杏散る
    125 芒原風の形に大うねり
    126 秋夕焼群れし雀の鳴き止まず
    127 長月や仰ぐ夏雲うらめしい
    128 丹精の心和らぐ稲穂かな
    129 老眼に 手元狂いてはちあぶ取れず
    130 またも名を訊いてゐるなり草の花
    131 人波に切れる手と手や秋祭
    132 回廊を法衣すたすた秋涼し
    133 行く秋や胸で掌を組み死んだ真似
    134 始まりと恋の終はりに冬紅葉
    135 山上の国旗はためき空高し
    136 宿坊のほんのり甘き煮芋かな
    137 秋夕焼ジャングルジムから降りられぬ
    138 あれこれと明日の釣果をとろろ汁
    139 柚子坊のパクパクパクと空は青
    140 父逝し齢越えしや秋彼岸
    141 防波堤の上を歩くや鯊日和
    142 新涼や芭蕉の俳句書き写す
    143 灯火親し歳時記に落つ埃かな
    144 散り染めて踏むほかは無し葛の花
    145 蜘蛛の子の未来はいずこ風たちて
    146 出汁きかせ弱火ことこと里芋煮
    147 蜩や戸惑ふ厨妻の留守
    148 節電や蝉よりうるさい救急車
    149 霧雨や早朝出勤寺の鐘
    150 暗がりにすねて跳ねたりかまどうま
    151 子が踊り父も笑顔の盆踊り
    152 稲刈りや胸元ゆるめ乳をやる
    153 立ちずくめ案山子支える足太し
    154 ハイボールひと口残し夏惜しむ
    155 灼熱の火口あたかも石榴かな
    156 虫の音や母の生き来し家畳む
    157 つづれさせ京の町屋の通し土間
    158 一斉に稲刈る村や精気満つ
    159 秋草を野にあるごとく甕に生く
    160 反発もありし二人や新酒酌む
    161 古城址の石のベンチに座す残暑
    162 総ルビの明治の本や秋の昼
    163 断捨離を一つ済ますやとろろ汁
    164 出雲崎灯しび急ぐ秋の暮れ
    165 這い回る灯火の下の秋の蠅
    166 長き夜の夫待つ時間三島読む
    167 秋天や近づくために距離はある
    168 秋深しモデルとしたき卒寿かな
    169 閑かなる茶席に添水の音高し
    170 どう行くの 迷走台風 気が揉める
    171 初さんまわくわくプシュと缶ビール
    172 薬師堂秋も下れば成田山
    173 家族との会話少なしさんま焼く
    174 大筆で天に一捌け秋の雲
    175 三食に一品入る秋茄子
    176 スリーパットの如き軌跡の野分かな
    177 山頂に冷光満つる良夜かな
    178 秋の日の一人時間は軍記物
    179 岩魚焼く老婆の指の骨太し
    180 政治家は当選迄は右や左の旦那様
    181 やれ蜻蛉尻上げ天下に放屁かや
    182 土用丑ウナギの供養般若湯
    183 食卓に満る朝日や野分あと
    184 馬追やヘリコプターか飛行機か
    185 濃き翳の杉檜を四囲に曼珠沙華
    186 秋風や祭幟の威勢よさ
    187 ミネラルの水透明な今朝の秋
    188 咲き満ちてあち見こち見や鳳仙花
    189 蛸壷の積まれし路地やちちろ鳴く
    190 土瓶蒸しほんのひとかけ香たつ
    191 虫の音の闇に濃淡ありにけり
    192 秋茄子を捥ぐや媼の丸き背
    193 コスモスや思ひ出よりも小さき公園
    194 葛の花嚙みしだきてや川の風
    195 背伸びする小さき手の先柿すだれ
    196 秋高しセーフの声と歓声と
    197 天仰ぎ良夜撮らんと忙しけり
    198 借り居とて大樹の守り秋の風
    199 縄文の世にも引力木の実降る
    200 幾度目の厠通いか鹿の声
    201 葡萄パン少ししつとり今朝の秋
    202 悉く値上げの秋や虫の息
    203 かりがねや夕餉に子呼ぶ母の声
    204 天高し飛行機雲のただ一条
    205 さりげなき助言や霧の薄れゆく
    206 味噌つ歯のおかわり愉しとろ々飯
    207 吹かれたる落葉愛でゐる露仏かな
    208 日本の美和服姿に春日傘