3句選句してください。番号だけでOKです。毎月5日、夜12時が選句締切です。 姓名の「姓」は不要です。「名」だけを記入してください。
投句していなければ選句はできません。



    *選句は半角数字でお願いします。


    1 群れ来るや百舌鳥の背中の暮れ淡し
    2 母逝きて捲ること無く暦果つ
    3 水鳥のひかり砕きて遊びをり
    4 ビル風や樹のなき街に舞ふ枯葉
    5 老梅の幹のうねりや飛竜めく
    6 書初めや和の一文字に願い込め
    7 輪唱の声高らかに深雪晴
    8 着ぶくれてはまる言葉が取り出せず
    9 湯たんぽや母にもありし艶話
    10 駅前の街樹冬木に還りけり
    11 一病も多病も一つ寒に入る
    12 辻の枝折れて凍つくか朝ぼらけ
    13 手の平を閉ぢれば消ゆる雪の花
    14 立春大吉黄身もつこりと目玉焼き
    15 元朝や国旗に隣る濯ぎもの
    16 碧空や海へなだるる野水仙
    17 春迎ふ升一合と掛け蕎麦で
    18 寒晴れや庭に三つもダルマさん
    19 梅の花そっと近づく心配り
    20 湖暮れて雷雪とほく轟けり
    21 由緒書き付けて侘び助佇みぬ
    22 風花や下校の子らとかけ比べ
    23 目で物を言ふ女教師や寒昴
    24 古代から灘の一つ火梅月夜
    25 何回も断捨離をする大晦日
    26 美術館出てアメ横へ日脚伸ぶ
    27 天井を揺るがすくしゃみ仁王門
    28 水底に鯉を眠らせ春支度
    29 吾の中の熾火めくもの寒夕焼
    30 美しく舞ふ指揮者の手年新た
    31 大寒や夕日に染まる富士の山
    32 大寒や足音だけの僧の列
    33 燗熱し汝(な)と吾(わ)の語りなほ熱し
    34 山の尾根出でて開けし初景色
    35 たちまちに方言となる初電話
    36 ものにみな影のありけり日脚伸ぶ
    37 するめの香乗せストーブ列車滑り込む
    38 似顔絵の似すぎて脹る初弘法
    39 二階部屋そそぐ冬日の至福かな
    40 目頭の熱きさりげな寒見舞
    41 日脚伸ぶ会計事務所に花図鑑
    42 戦なき国に住む幸今朝の春
    43 寒餅や隙間だらけの冷蔵庫
    44 箒目の残る社や松の内
    45 秒針が逆回りする夜の雪
    46 老いあれど真一文字に初日の出
    47 山繋ぐ送電塔の雪の紐
    48 マスク越し正体見たり砂被り
    49 揺れうごく男と女どんどかな
    50 縛り置きし白菜を刈る風やみて
    51 干し物を出しつ入れつの時雨かな
    52 寒禽の声もなき空がらんどう
    53 初空や息止め跳ねる大縄跳び
    54 野仏に誰が生けしか黄水仙
    55 隣り家へ猫の抜け道花八手
    56 手に負へぬ寒波を連れて息子来る
    57 オリオンの三つ星探す二人かな
    58 大寒や医師は見立てを決めかねつ
    59 雪浄土ゆらゆら飲めばわれ菩薩
    60 浅春や薄墨色を解かぬ村
    61 春泥の足跡あまた師弟句碑
    62 唐揚げのまぐろぱちぱち春の雪
    63 枯芝やホース長々続き居り
    64 冬銀河秘境の宿の露天風呂
    65 裸木を鳥が細枝を啄みぬ
    66 朝日あぶときをり落ちる松の雪
    67 へそくりを探し探して大嚔
    68 冬ぬくし語りたいこと波雲へ
    69 唇に触れて消ゆるや春の雪
    70 凍て空の四方の山襞墨絵ごと
    71 飛ぶ鳥に今年の運を願かける
    72 お賽銭少し張り込む初詣
    73 藪柑子二歳は寿限無諳んずる
    74 坪庭の梅一輪に深呼吸
    75 年の瀬や大橋映ゆる瀬戸の宿
    76 寒菊の香りほのかに和菓子店
    77 由緒書付けて侘び助佇みぬ
    78 起伏する念仏の声寒波来る
    79 妻の名で届く寒中見舞かな
    80 海騒ぐ鴨の群れある入り江かな
    81 冬霧や仕舞ひし家に迷ひ来し
    82 賀状来る気品奏でる筆のあと
    83 泥混ぜる輩もゐたり雪合戦
    84 角かざし雪に威を張る牡鹿かな
    85 真夜にふと逆毛立つ猫雪女郎
    86 息白し「頼む」と託す白たすき
    87 退院の犬の息聴く寒灯下
    88 真夜中に寒鴉啼くビルの街
    89 悴む手転がる錠剤追ひかけり
    90 節分の後に七粒まめは口
    91 初寄席の木拍子ハッシと響きをり
    92 春遅遅と昼をともして宮居なる
    93 象の背のごとき斑に山眠る
    94 初春の紅茶ライブや昭和の香
    95 乾杯のグラスの音や外は雪
    96 咳すれば真似する背なのわが子かな
    97 帰り来て何はともあれ雪を搔く
    98 先生のあだ名はたぬき卒業す
    99 除雪車の太き唸りや夜の底
    100 終い湯の栓抜く渦や亀の鳴く
    101 きゆつきゆつと新雪踏んで登校す
    102 日本の里山灯る梅の花
    103 梅早し逆光も色鮮やかに
    104 冬の駅出でしこぼれる星月夜
    105 寒椿己がいのちを持て余し
    106 リハビリで歩く楽しみ蝋梅嗅ぐ
    107 家々に灯の点り染め雪静か
    108 紅差して少しふくらむ冬牡丹
    109 影遠くぐんと伸びをり冬日没る
    110 屋根の雪命狙うかどかどどん
    111 尊兄と永久の別れや寒の小夜
    112 冬ざれやビル解体のクレーン車
    113 ふるさとの山河ずっしり雪化粧
    114 戸口より小さき足音春きざす
    115 音もなく浜撫でゆくや春の潮
    116 大欅投網で捕へ冬の月
    117 快晴や果てのなきまで雪の村
    118 今日だけは賽銭入れる初詣
    119 旧友の賀状じまいに想い馳せ
    120 めでたさや目隠しマスクの福笑ひ
    121 稽古終え端座黙想寒に入る
    122 ものの芽や打ち捨てられし鉢植に
    123 雪折れの幹の突き立つ深雪晴
    124 尉鶲朝のしじまを裂きて来る
    125 バイオリンひとつを抱え冬籠
    126 夫婦連れ多きスーパー寒波来る
    127 火柱の闇を焦がしてさいと小屋
    128 合格の祈願の絵馬や春を待つ
    129 大岳の深き陰なる冬の夕
    130 鶴鳴くや亀はのんびり日向ぼこ
    131 診察日午前も午後も雪やまず
    132 寒椿紅いいのちは地に還り
    133 雪しまき空の色へとなりにけり
    134 陽を浴びて氷柱の点滴春を呼ぶ
    135 祖母の目の焦点合わず鳥雲に
    136 湯気たてし碗にまどかや寒卵
    137 鉛筆に合否を託し寒卵
    138 新成人寄り合うてまたばらばらに
    139 双六もネットで競う癸卯
    140 艶やかな緑の濃茶初稽古
    141 星の界を巡るが如き梅の花
    142 冬晴やテニス部員の声高く
    143 日脚伸ぶ大願書いた手帳かな
    144 幼子の夜泣きあやすや除夜の鐘
    145 煮凝りやスナックママの趣味は釣り
    146 快復を焦らず待つサギ見つめ
    147 息を吐く度に諾う寒さかな
    148 無器用に生きて八十路のちゃんちゃんこ
    149 黒々と鉄路伸びたり雪の原
    150 小豆炊く香に満たされて小正月
    151 女正月祖母在りし日の空の色
    152 二股の大根供へらる神事
    153 フャミレスで女三人小正月
    154 寝たきりの母の手温し水仙花
    155 一歩二歩一キロ二キロ落葉径
    156 眼を閉じて湯槽の中や去年今年
    157 一面の平和色せし菜の花よ
    158 骨董屋多き通りや去年今年
    159 俳句てふ玉手箱かな去年今年
    160 幼子の鶴の折り目や春隣
    161 手書きあり「雪しんしんと降ってます」
    162 連弾の街角ピアノ春きざす
    163 箸で食ふ昨夜のパスタ雪催
    164 一点の黄がさきがけり庭の春
    165 流氷や鉄路の果てに黙す町
    166 長老となるまで生きて枯芭蕉
    167 悴む手駅に転倒注意書
    168 春めくや少し派手目に試着室
    169 しみじみと吾が面見入る初鏡
    170 大寒や修道院にパン焼く香
    171 雷鳴の冬雲光り竜動く
    172 七種を背篭に歩く大原女
    173 風花のスクランブルは傘の華
    174 畔草は絡まり合ふて枯れゆける
    175 かんじきやからくれないの紐締めて
    176 新年の遅い挨拶デミタスカップ
    177 枝枝は空賑はせて枯木かな
    178 雪晴に登校の声高らかに
    179 冴え返る古刹の廊の黒光り
    180 外つ国の嫁の手慣れの雑煮かな
    181 鳥たちの声の零るる冬木立
    182 オキザリス冬日に蕾のいならびて
    183 升いつぱい鬼打豆や届けたし
    184 松飾り焚くや煙の龍となり
    185 指させば光のかけら冬の星
    186 献立を考へながら日向ぼこ
    187 冬座敷一筆書きの達磨居り
    188 新雪の踏みし足音雪悲鳴
    189 冬霧や置物めいて屋根の鳥
    190 青空や大根まばゆき朝の市
    191 抱きしめる子育て大事冬菫
    192 初筆や渾身の使ふ福一字