1
2 赤ちゃんの笑いえくぼや合歓の花 まさよ 2 健作_ノルン
3 夏燕平家滅びしこの海に 百合 4 たかし_むさし_かずえ_ハル
4 角振ってみてまた独りかたつむり トンシ 3 ひろ志_光雲_野夫
5 竹編みのおぼろ豆腐や梅雨の月 山女 3 かりん_岩魚_英華
6 踊り子のひつつめ髪へ囁けり 黄菜子 1 デラシネ
7 守宮出て相続会議見守りぬ 山水 5 百合_凡人_凡士_円由_美登里
8 道の端楚々と咲いてる小さき薔薇 茉莉花 1 ウサウサ
9 雨に立つただ茫々の植田原 しげ木し 2 和尚さん_ハセオ
10 まくなぎを払へば星に紛れ込む 秀昭 4 倫子_りぱりこ_燈穂_喜太郎
11 赤子添う新米ママの昼寝かな 豊司 0
12 母の通夜一人つきりの梅雨の星 仙游 5 敬和_和尚さん_光雲_名負人_ノルン
13 夕闇にまだ鳴き足らぬ油蝉 ヨシ 2 みづほ_あらた
14 舌を出し愛想笑ひの犬薄暑 凡人 0
15 薄荷糖舌に遊ばせ梅雨籠 柚子 2 無有_帆里
16 生家まで清水湧く道草分けて かずえ 0
17 部屋干しにミルクの匂ひ女梅雨 いつせ 6 ヨシ_冬菊_彩香_一葉 _幹子_山水
18 夏木立犬は主を見失う 保寿美 1 せつこ
19 夏服の生徒に重きリュクかな 喜太郎 3 りぱりこ_ゆた_豊司
20 田植歌空から聞える棚田かな 哲雄 3 あつこ_翔風_野夫
21 在りし日の面影探す紫陽花寺 バード 0
22 凛としてカラス休ます夏木立 ハル 0
23 父の日や使ひ古しの父の筆 卯月 1 茉莉花
24 その味に似合わぬ鱧の面構え おおごし 1 光雲
25 線路沿い海が見えずや海の家 幹子 1 倫子
26 紫陽花の色は寂しくならぬ青 せつこ 4 かりん_散歩王子_北天_空吟
27 ほととぎすもう鳴かなくていいんだよ りぱりこ 0
28 ひと雨をもらひて青田逞しく 喜太郎 5 ヨシ_音思_凡士_二石_苦茶
29 夕風やベンチに残る麦わら帽 野の花 2 秀昭_音思
30 夢殿に巣をはる蜘蛛の肝つ玉 凡士 0
31 クレヨンの緑買ひ足す若葉風 あつこ 2 りぱりこ_新月
32 夕風の潮沫の径マーガレット 空吟 0
33 心太格子戸越しに浜の風 気儘 4 燈穂_花埜_空吟_野の花
34 空梅雨や空き家となりし両隣 北天 0
35 婆をりぬけふも人待つ端居かな 帆里 1 凡人
36 絶やすまいサンゴとジュゴン沖縄忌 八郎 1 ゆた
37 背の孫の駄々の嬉しき夜店かな 荒一葉 2 八郎_かいこ
38 沙羅の花落ちる夕べを待ちゐけり 瞳人 0
39 山賊の祝杯重ぬ円座かな 二石 0
40 五月晴れベンチに一人句集読む ひろ志 0
41 ヨガマット届く垣根から朝顔 ハセオ 0
42 木葉木菟地獄に行くかゲゲゲのゲ 木村優芽 0
43 叱られて笹舟流す夏夕べ 倫子 0
44 夫婦でも薬味がちがふ冷奴 ノルン 6 健作_卯月_信信_なつ子_惠啓_鋭次
45 龍神の小さき祠花菖蒲 山水 3 敬和_おおごし_デラシネ
46 梅雨晴間音速読の滑らかや 円由 0
47 渓流の女神のごとし花わさび 山女 2 翔風_英華
48 ナイターを見下ろす座席ポップコーン 風子 1 岩魚
49 女房の茎結び居おるさくらんぼ 縁矢 0
50 賑やかに巣立ち飛びゆく鴉の子 倫子 0
51 葉桜に豆粒ほどのサクランボ 茉莉花 0
52 直角に曲がる楽隊花は葉に あらた 5 秀昭_まさよ_花埜_与志魚_野の花
53 陽炎を揺らし機関車走り来る 立野音思 3 たかし_むさし_黄菜子
54 山晴れて木陰の路へ夏薊 岩魚 0
55 化粧はがれパントマイムに西日濃し あつこ 1 ノルン
56 半月と虹を残せり街の雨 英華 0
57 走り梅雨交わす軒下京ことば 翔風 1 気儘
58 炎天の広々静か交差点 円由 0
59 三尺寝白き檜の床柱 豊司 2 かずえ_デラシネ
60 歩めども遠きツリーの薄暑かな 散歩王子 1 八郎
61 遠雷や砂場に赤き三輪車 百合 6 あつこ_朝竹_翔風_茉莉花_北天_いきか
62 くるくると胡瓜の蔓も迷い道 かりん 0
63 向日葵に聞くや今朝のメッセージ ハル 0
64 六月尽老松しみる酔ひ醒めて 瞳人 0
65 鮎釣りの波が波追ふ静寂かな とおる 1 英華
66 人伝てに知りし友の死半夏雨 デラシネ 1 鋭次
67 夕菅の風の行方に富士暮るる 松の 1 さっちん
68
69 老い猫とあくび重なる夏至の午後 バード 4 哲雄_八郎_土璃_二石
70 大蟻やどこで乗つたの睡蓮に 凡人 2 さっちん_トンシ
71 夕の日にきらめく水脈や鷭の声 岩魚 0
72 彩窓の聖母子像へ薄暑光 彩香 1 帆里
73 梅雨晴の三日月次はいつ会える 八郎 2 バード_瞳人
74 梅雨の窓ガラス製造のモザイク 無有 0
75 高架下まずはビールの昭和かな なつ子 4 松の_山女_音思_ゆた
76 麻衣膝の膨らみ手に伸して デラシネ 0
77 玉響のいのち耀ふ梅雨の蝶 光雲 3 和美_敬和_喜太郎
78 袖口のもぞもぞし蜘蛛這ひはじめ 三男 0
79 白日傘たち止まり読む寺由来 ヨシ 4 散歩王子_かいこ_豊司_野夫
80 術もなく魚追う子や雲の峰 野夫 2 かずえ_山水
81 終点のうら寂しさや昼寝人 杉山駄芭 1 名負人
82
83
84 初夏の風緑湧きたち良き余生 松の 0
85 東京の友に手土産大場摘む まさよ 1 岩魚
86 筑波嶺へ路はなだらか青時雨 ひろ志 1 仙游
87 子ら消えて狭き校庭夏休 小林土璃 2 茉莉花_新月
88 万緑を馳せるハイウェイひと筋に 彩香 0
89 おたまじゃくし早苗の田んぼ群れあそび 和尚さん 0
90 麦藁帽目深に寝入る太公望 惠啓 3 保寿美_風子_蓉子
91 薬師寺や祈るがごとく蓮の花 ひろし 1 いきか
92 紫陽花や雨の嬉しき鎌倉路 ひろし 1 仙游
93 独り酒音のみ聞こゆ遠花火 鈴木清 3 松の_春生 _瞳人
94 カンバスは描かれぬまま蜘蛛走る 新月 0
95 ほとほとと落ちてきりなし柿の花 英華 2 あけび_まさよ
96 薫風や柔らかに吹くハーモニカ 新月 3 秀昭_ひろ志_苦茶
97 化粧する朝冷房を解禁す 美登里 0
98 対峙する海保と海警卯波立つ 凡士 0
99 夏蝶や墓に刻んだ夢一字 みづほ 4 ハセオ_縁矢_いつせ_蓉子
100 夏雲やチンチン電車はこだま号 柚子 1 あらた
101 朝焼けや遠山包む夏の里 和尚さん 0
102 洛中へ軍馬渡河せり五月闇 二石 0
103 誰も彼もの願いきらきら七夕竹 さっちん 0
104 奥山に白布を織る滝布かな 無有 0
105 長梅雨や甲斐の山々動かざる 惠啓 1 さっちん
106 ジョギングイヤホン片耳外し南風 秀昭 0
107 でで虫の角の先です未来都市 苦茶 2 空吟_野の花
108 坪庭を住処ときめて蟇 帆里 1 ウサウサ
109 七星のてんとう虫に願い掛け かりん 0
110 入梅や籠から釣銭にゅっと出し 野夫 0
111 走り梅雨泥跳ね上げてゴール差す 幹子 0
112 驚きし泉の魚がまた憩ふ 与志魚 0
113 置き去りの仙人掌咲くやしなやかに ウサウサ 0
114 山背風味良く強い米を生み 森本哲雄 0
115 眉をひく目覚めし猫や半夏生 光雲 0
116 夏空を白く切り取る昼の月 矢野敬和 2 おおごし_花埜
117 友の訃を夜半に聞くや梅雨の冷え 鋭次 0
118 あえ風や動かぬままの漁夫の影 花埜 0
119 夏に酔う借りは仰山負うて居る 名負人 0
120 翔平は白球われは蝿を打つ 和美 4 哲雄_なつ子_とおる _瞳人
121 麻を身に纏ふ楽しさ夏に入る 冬菊 2 百合_松の
122 自ずから立ちあがる性蕨取る とおる 0
123 神の座の連なりを越え雲の峰 仙游 2 信信_駄芭
124 おねだりの苺乳歯に余り有る 三男 2 なつ子_喜太郎
125 夏薊窪地に水流無かりけり いきか 0
126 虹色のカタツムリに染め見舞状 朝竹 0
127 菜に紛れ水滴ほどのかたつむり 春生 3 三男_ハセオ_トンシ
128 朝涼や今日もはかどる庭仕事 鈴木清 0
129
130 古民家の井戸端会議青葉木菟 健作 0
131 夜濯の男みかける藪の家 里山ゆた 3 凡人_仙游_縁矢
132 星空の間近に見えて冷し酒 森本哲雄 3 無有_豊司_新月
133 夏兆す子らは水筒斜めがけ 美登里 0
134 争ひの声ゆく路地の宵薄暑 空吟 0
135 麦藁帽大きく振れば振り返す 矢野敬和 4 ヨシ_せつこ_冬菊_ひろ志
136 花菖蒲水をたたえた用水路 しげ木し 0
137 夕涼やタオル仰山干す床屋 風子 0
138 流れ来し魚籠に大物鮎数多 健作 1 しげ木し
139 筍飯届く頃合昼の雨 里山ゆた 0
140 母の日やパリパリ乾く割烹着 むさし 1 倫子
141 梅雨の月姉との電話切りがたく ウサウサ 1 かりん
142 さうめんを洗ふ水音楽しげに ノルン 2 みづほ_与志魚
143 飛び石を舞台に踊る夕立かな かいこ 7 山女_和尚さん_あらた_あけび_幹子_とおる _帆里
144 喧嘩してキャベツ切る音強くなり りぱりこ 4 信信_風子_しげ木し_ウサウサ
145 冷麦に水足して居り食べて居り いきか 0
146 母はいつも太陽でした茄子の花 荒一葉 0
147 中門を潜りて朝の菖蒲園 朝竹 0
148 スナックの隅で歌うか大晦日 木村優芽 0
149 梅雨雲や畑の隅のすずめばち 縁矢 0
150 夏至の日や天には白い月残し 花埜 0
151 古書店の昼も灯して梅雨曇り 鋭次 10 清_あつこ_朝竹_一葉 _まさよ_北天_惠啓_ハル_与志魚_蓉子
152
153 枇杷の皮むきつ懐かし里の庭 翔風 1 気儘
154 嘘もまた時の良薬冷やつこ たかし 5 和美_健作_卯月_鋭次_黄菜子
155 眼底に法灯点る滝行者 むさし 1 春生
156 資料館のえのき太古を茂るかな さっちん 0
157 地下鉄を出て花柄の日傘かな 燈穂 1 朝竹
158 山里の闇膨らませ牛蛙 たかし 12 卯月_せつこ_土璃_燈穂_春生 _山水_いつせ_駄芭_円由_柚子_美登里_黄菜子
159 夏至の昼逃げ場探して影宿り 散歩王子 0
160 デコトラや電飾点す改めだか 小林土璃 0
161 菜園で取れた野菜で盆支度 かずえ 0
162 山道を登り来るバス雲の峰 哲雄 2 三男_縁矢
163 灯台の青き灯揺るる大南風 杉山駄芭 1 柚子
164 南風やフェリー乗り込む郵便車 野の花 1 凡士
165 夏の夢に歳を重ねた君が居た 名負人 1 バード
166 五月雨に貨物列車の長き行く 北天 0
167 風抜きをぞろりぞろりと馬陸かな せつこ 0
168 AIの進化恐ろしごきかぶり 黄菜子 3 たかし_いつせ_柚子
169 行きどまりたる滝見小屋よろけをり 春生 0
170 夏雲をクレーンが吊るすビル現場 かいこ 5 三男_むさし_山女_しげ木し_美登里
171 明易や難解微分方程式 あらた 0
172 うな重やはしをつついて甘いたれ あけび 0
173 風鈴の舌は眠りし真昼かな 卯月 4 和美_清_土璃_かいこ
174 短冊に「多病息災」鰻食ぶ 蓉子 2 おおごし_惠啓
175 五月晴満艦飾の物干し場 苦茶 0
176 胸に挿すハンカチ目立つ遺影かな 信信 1 トンシ
177 夏草や墓誌に余白の多くあり あけび 2 優芽_いきか
178 梅雨寒の鏡の中の憂い顔 いつせ 0
179 かずら橋一歩一歩にほととぎす 気儘 3 保寿美_風子_駄芭
180 UFOは蛍の化身水の地球(ほし) おおごし 0
181 紫陽花やてんてんてんと鞠のごと 燈穂 0
182 めまとひのパズルのごとき網戸かな 冬菊 0
183 招かれて紹介されし月下美人 ハセオ 1 幹子
184 蟻殺しきて幼児をあやしをり トンシ 1 名負人
185 ハンモック互ひ違ひに子を寝かせ 和美 2 みづほ_一葉
186 大雨をものともせずに山開き なつ子 1 哲雄
187 あしびきの越後の尾根にやませ来る 信信 1 あけび
188 くるくると日傘回して長話し みづほ 6 百合_清_冬菊_とおる _二石_苦茶
189 介護さんちの小さき新じゃがほっくほく 蓉子 3 散歩王子_彩香_優芽
190 顔なぶる気配無き蚊の痒みかな 保寿美 0
191 婆二人日傘たたみぬ甘味処 立野音思 1 ハル
192 えごの花落ちてつぎ待つ白さかな 与志魚 1 気儘