1
2 小春日の猫がちやつかり我が椅子に 和美 0
3 冬木の芽静かに自転車ついて来る いきか 0
4 着膨れて優先席に縮こまる 惠啓 4 百合_ひろし_苦茶_なつ子
5 安達太良へ空に飛び立つ初鴉 岩魚 1 凡人
6 鳥籠の水を取り替へる小春かな たかし 0
7 富士山も見える心地や冬の晴 矢野敬和 2 瞳人_北天
8 新年は犬にもありぬ首輪更へ 風子 0
9 青い服をとクリスマスプレゼント さっちん 0
10 東京の青春語る炬燵かな 与志魚 4 ハセオ_名負人_卯月_つかさ
11 道端を何突くやら寒雀 あけび 0
12
13 真つ赤なセーター傘寿の反抗期 荒一葉 2 デラシネ_昱耶
14 侠気を法被につつみ年果つる かいこ 0
15
16 生きてゐる証のごとき賀状出す 草木 8 みづほ_山水_卯月_喜太郎_花埜_まさよ_鋭次_なつ子
17 八卦見のながき白ひげ十二月 岡田 絮 1 一葉
18 句の成りて喝采吹雪や銀杏落葉 凡人 0
19 剥製の雉子は瓦礫に冬ざるる 野の花 3 あけび_春生_まさよ
20 晦日蕎麦打ちてこの世を生き通す 春生 3 ひであき_ひろ志_柚子
21 鈴なりの柚子枝ごと貰ふ冬至かな 岩魚 0
22 餅花を愛でて順路は自刃の間 柚子 2 二石 _いきか
23 笑ふ日の来るまでしばし眠る山 岡田 絮 3 哲雄_ヨシ_ウサウサ
24 鴨潜る水面ひきずり込みながら 松の 3 気儘_郁文_ヨシ
25
26 雀らは平和共存冬田かな ひろし 0
27 病院のしづかな翳り冬木道 花埜 1 野の花
28 青空の中より冬の那智の滝 燈穂 1 ひであき
29
30 煤逃げの寝息そこここ映画館 風来 4 あつこ_帆里_山水_あらた
31 ふんはりと猫で膨らむ布団かな えいこ 4 たかし_音思_花埜_春生
32 渓流に落葉手玉に取られをり 八郎 0
33 夕刊の袋カサコソ寒の雨 あけび 1 昱耶
34 義理姉の忌や笑顔戻りて息白し 縁矢 0
35 表札は夫の名のまま年暮るる 惠啓 13 百合_風来_一葉_八郎_あつこ_岩魚_素夢_和尚さん_敬和_野夫_草木_北天_まさよ
36 アメ横の倍に膨らむ年の暮 郁文 0
37 月極の駐車場にも竹飾 ハセオ 1 敬和
38 目薬の一滴見えて去年今年 山水 3 燈穂_縁矢_草木
39 おーいお茶じじとばあばの日向ぼこ とおる 1 あけび
40 歳時記の汚れを拭ひ年用意 春生 1 ひろ志
41 千の川越へて酌みたや年の酒 野夫 0
42 何処でせう遠火事尋ねる知らぬ人 ヨシ 0
43 新藁の中でカサカサかくれんぼ 英華 0
44 枯蓮池やいのち育む鯉ありき 和尚さん 1 英華
45 あれを捨て身軽になりし年はじめ 素夢 0
46 初雪や夜更けの街をひとりゆく 立野音思 0
47 ストールの三重巻きよやや小顔 美登里 1
48 切干はからから縮み雲走る 風子 5 一葉_与志魚_さっちん_つかさ_柚子
49 暁光の射すや斜めに軒氷柱 ひろ志 1 美登里
50
51 数へ日や足りる足らぬと持病薬 凡人 5 松の_しんい_トンシ_花埜_ウサウサ
52 寒晴に赤一点や熱気球 みづほ 1
53 特養ホームの窓にゆるキャラ日脚伸ぶ 風来 0
54 迎へ待つ小さな影や着膨れて 野の花 4 しんい_トンシ_喜太郎_春生
55 逝く年を夫と語りてぶり大根 まさよ 2 松の_惠啓
56 塾の子が大きな氷柱持ち帰る 和美 0
57 牡蠣鍋や豆腐の陰に二つ三つ 美登里 0
58 大晦日われ滅びたら誰と住む 名負人 0
59 ボロ市や大観値切り五千円 ヨシ 1
60 お年玉渡せる事の幸せよ ハセオ 0
61 冬の浜砂が集まる捨て小舟 与志魚 0
62 道場の艶拭を終え寒稽古 新月 1 しげ木し
63 富士燃ゆるマグマの如き冬夕焼 あらた 2 郁文_ウサウサ
64 饒舌なエレベーターや三十三才 小林土璃 2 岩魚_境界子
65 冬晴れや芝生は土地の色となり 李萌 0
66 冬休みゲームは転ぶだるまさん 境界子 0
67
68 久闊や顔しげしげとおでん酒 なつ子 1 縁矢
69 耳すましそつと落ち葉を踏む子かな ウサウサ 2 絮_英華
70 里山の初冠雪を夕陽染む 和尚さん 1 かずえ
71 敷き詰めて道に咲きたる落葉かな 矢野敬和 1 駄芭
72 肩の湯が弾けて嬉しゆず湯かな かずえ 0
73 鮮やかに光も音も冬花火 八郎 0
74 短日や小さき茶房に灯のともる 北天 3 あつこ_敬和_美登里
75 兎も角も生きて卒寿の除夜の鐘 鋭次 2 かずえ_瞳人
76 元旦や三世貫く棒もなく 野夫 0
77 雪催い夫淡々と転院す 英華 0
78
79 数え日のレジに一円足りませぬ デラシネ 2 凡人_いきか
80
81 まつさらな畳の香る寒さかな 百合 7 いつせ_野の花_しんい_ひであき_かいこ_あらた_えいこ
82 顔だけになりし蔵王の雪地蔵 とおる 3 あけび_トンシ_草木
83 雪こんこ白い祭りが降りてくる 苦茶 1 和尚さん
84 席題の辰に挑戦初句会 卯月 1 帆里
85 天狼や我が生れて還る場所 森本哲雄 0
86
87 旅に出て雁木の里の干し大根 かずえ 1 松の
88 ひろびろと旧家の跡や冬の暮 燈穂 0
89 おお枯れ木気ままな雀遊ばせて 柚子 2 さっちん_音思
90 双六のまたも戻れる振出しに しんい 1 ひろし
91 百円にあれもこれもと初詣 気儘 1 卯月
92 初大師とんとこ飴の音軽し 杉山駄芭 1 苦茶
93 煤払うはたきの先に釘隠し デラシネ 0
94 夜勤終え明けの明星山眠る しげ木し 1 和尚さん
95 数え日や午前も午後もなく暮るる トンシ 1 名負人
96 爪切れば爪美しや大晦日 いきか 1 燈穂
97 富士山を見下ろしてゐる冬の月 えいこ 3 たかし_新月_駄芭
98 泣いた子がもうにつこりと七五三 みづほ 0
99 さりげなく今年限りの年賀状 なつ子 3 素夢_あらた_二石
100 三寒のココア四温のレモンティー 荒一葉 2 和美_いつせ
101 枯芝にかすかな起伏夕日影 あらた 1 与志魚
102 冬晴や成層圏の冥きまで 喜太郎 3 さっちん_しげ木し_駄芭
103 あか児抱いてもの思うなり霜夜なり 名負人 0
104 かなたよりAI新譜冬の虹 境界子 0
105 着せ替への人形の目に冬の色 花埜 1 野の花
106 小春日や紙飛行機の飛ぶ軌跡 帆里 1
107 憎まれて長生きをして年の逝く いつせ 2 たかし_境界子
108 焼藷の軽トラ流す「歓喜の歌」 小林土璃 3 百合_風来_哲雄
109 聞こへくるきよしこの夜終電車 立野音思 0
110 人老いて羽ばたく思いも寝正月 素夢 0
111 老犬は重ね着しけりよちよちと 李萌 0
112 爺と婆パントマイムの年用意 苦茶 3 縁矢_ヨシ_惠啓
113 大雪や歩幅の合わぬ靴の跡 つかさ 3 帆里_野夫_風子
114 讃美歌や小春日和に猫あくび 気儘 1 かいこ
115 迷いて買ふ五年日記の革表紙 あつこ 2 山水_英華
116 朱の絨毯踏みて二人の船出かな あつこ 0
117 年の瀬や妻は家計簿われ手酌 郁文 3 八郎_かいこ_惠啓
118
119 戦災を肌身にブギウギ去年今年 瞳人 0
120 断食の明くるる朝に寒卵 山水 0
121 踏まぬやう靴先そつと枯蟷螂 ひろし 0
122 天に声地に声街に社会鍋 トンシ 0
123 命綱しかと結んで煤払い 新月 1 えいこ
124 豪雪や電話の母の逞しく 喜太郎 3 とおる _風子_苦茶
125 鬼平が軍鶏鍋つつく霜夜かな たかし 1 和美
126 遠見なる谷川岳や底冷えす しんい 0
127 臥す友のメール既読を待つ炬燵 かいこ 3 瞳人_野夫_二石
128 あらいぐま罠にかからず実千両 まさよ 1 ハセオ
129 鱈の眼に映る青空朝の市 つかさ 4 みづほ_気儘_新月_えいこ
130
131 市民課の受付水仙活けてあり 百合 0
132 じやんけんの母の後出し枇杷の花 ひであき 4 ハセオ_鋭次_柚子_いきか
133 大寒の寒波へ暮し立て直す 松の 0
134 ひそやかに心おどりてシクラメン さっちん 0
135 しし鍋も話も煮える囲炉裏端 鋭次 0
136 千両も万両も植ゑ貧暮らし 卯月 6 土璃_岩魚_素夢_郁文_なつ子_境界子
137 年の夜に女房切り火勇み出づ 瞳人 0
138 柿栗の夢を見てるか穴の熊 杉山駄芭 0
139 討入や初見の如く再放送 二石 0
140 初雪や溶けてまたもや土竜塚 縁矢 0
141 歳晩やドリンクどっとレジにおき 昱耶 0
142 しぐるるや磯の香のする駅に着く ウサウサ 2 とおる _与志魚
143 親からの小言の減つて冬に入る ひろ志 0
144 禿頭をすつぽり隠す冬帽子 草木 0
145 厚着してバス停までを駆ける羽目 二石 1 とおる
146 鉢植えのビオラが雪のパイ包み しげ木し 0
147 炬燵よりガレキの街を見てをりぬ いつせ 0
148 一挿しのポインセチアやフラスコに 昱耶 0
149 威勢よく地元訛の年の市 帆里 1 気儘
150 裸木やこの木もしつかり生きている 森本哲雄 1 凡人
151 魚河岸の水荒使ひ十二月 ひであき 1 デラシネ
152 木枯らしやかつて栄し街を過ぎ 北天 0