1 大熊手過ぎたる街のがらんどう 秀昭 1 まさよ
2 何となく雪の重たき奥越後 風子 0
3 少年の立ちこぎ行くや街小春 北天 1 ひろし
4 着ぶくれて袖触れ合ふも他生の縁 なつ子 0
5 冬うらら妻の老眼借りしまま 秀昭 1 たかし
6 寒晴やきゆつきゆつきゆつと窓拭いて みづほ 3 山水_まさよ_秀昭
7 うべなへる優柔不断おでん酒 しんい 1 みづほ
8 絵手紙を教えて硬き朴落葉 あけび 0
9 点滴の一粒に透けて冬茜 英華 4 百合_絮_気儘_境界子
10 断捨離の着物広がる小春かな 喜太郎 1
11 病室の四人四様冬の雷 帆里 3 あらた_二石_新月
12 軒下のドレドレドレミ吊し柿 由木夫 3 和美_ぼんくら_柚子
13 鰤大根酒を酌めとや煮凍りぬ 凡人 1 デラシネ
14 決断の手は丹田にちゃんちゃんこ 茂樹 0
15 渋柿も熟れて堆朱の色と艶 鋭次 0
16 切りそろえ重ねて綴じて古暦 美登里 0
17 芒原影絵を残し日の沈む ウサウサ 1 由木夫
18 人と会う認知予防よ菊の花 松の 0
19 冬日さす畝に鍬寝せ小昼時 柚子 2 あけび_惠啓
20 妻は留守二日続きのおでん鍋 卯月 4 たかし_八郎_健作_萌
21 銀杏散るガザの子どもの命散る まさよ 2 とおる_ウサウサ
22 脱穀の籾を確かむ素手の皺 素風 7 一葉_茂樹_音思_卯月_ヨシ_しげ木し_凡人
23 ああこれも冬構かと古都の路地 野夫 0
24 石蕗の色に誘われ柚子もまた 山田尚武 0
25 母若き頃の矢絣冬の菊 百合 2 境界子_新月
26 お百度にまがう徘徊足袋跣 火宅 0
27 強き色白広がりて冬来たる 仙郷 0
28 鉢に水注して浸み込む冬麗 あけび 1 春生
29 枯蓮への字くの字に折れ曲がり 燈穂 5 せつこ_茂樹_喜太郎_北天_ウサウサ
30 切れさうな記憶を紡ぐ日向ぼこ 岡田 絮 6 帆里_しんい_鋭次_尚武_ぼんくら_ひろ志
31 タクト振り落ち葉喜ぶつむじ風 境界子 0
32 画仙紙の墨のかすれや冬に入る ひろし 7 みづほ_あつこ_無有_気儘_由木夫_ひろ志_英華
33 神楽坂寄席の帰りの桜鍋 信信 1 あつこ
34 菊畑や見物人を彩れる 無有 0
35 ゴール差す光る馬体や息白し 幹子 1 健作
36 寸胴の目鼻煮崩る粥やらう 牛島火宅 0
37 すべからく失せる浮き世や冬紅葉 花埜 0
38 イブの夜のツリー起き立つ絵本かな あらた 1 野夫
39 バス停の列に並びて息白し 杉山駄芭 3 百合_あけび_無有
40 冬の鵙孤独の重さふと漏らす 光雲 0
41 お小遣い少なくされた秋思あり 李萌 0
42 どよめきが空まで届く冬競馬 幹子 5 秀昭_ひろし_喜太郎_花埜_まさよ
43 熊飢えて枯野を越へて人里に 凡人 0
44 口論の果ての凩聞いてをり トンシ 4 北天_卯月_なつ子_燈穂
45 天高しブラスバンドの大合奏 矢野敬和 0
46 爺と婆母校に出逢ふ小春かな 無有 1 トンシ
47 栗のパフェ 食べつつ眺む 海の果て 寺本雅子 0
48 人住まぬ家の温もり石蕗の花 とおる 2 鋭次_駄芭
49 浜風の流れるままに冬の蝶 気儘 2 土璃_英華
50 それはまあいろいろあるさ片時雨 岡田 絮 1 かずえ
51 熱燗や皆な語り部に泪する ぼんくら 0
52 青空に一点の朱(あか)木守柿 素風 2 光雲 _山水
53 待つといふ力を溜めて冬木の芽 荒一葉 7 松の_光雲 _あらた_苦茶_しげ木し_風子_いきか
54 その行方誰も知らざり雪ほたる 光雲 2 和美_帆里
55 投げ釣りの放物線や秋の水 矢野敬和 2 素風_ハセオ
56 向うにも知り合い増えて冬の星 ヨシ 4 航_尚武_音思_凡士
57 七五三の色が飛び出て写真館 和美 1 苦茶
58 下山後の掛流しの湯九月尽 八郎 0
59 あれこれと書類片付けホットレモン 花埜 0
60 神宮に三たび吾が旗空つ風 瞳人 0
61 冬ざれや猫うずくまる漁師町 北天 4 かずえ_ひろし_茂樹_トンシ
62 沈黙をゆっくり炙る浜焚火 山水 7 光雲 _さっちん_名負人_ハセオ_柚子_ひろ志_新月
63 釣果無き人受け入るる浜焚火 ヨシ 1 あつこ
64 冬の朝弁当五つ玉子焼 かずえ 0
65 病窓の映る母の手林檎剥く 新月 1 喜太郎
66 まぐはひの場をゆつくりと里神楽 いつせ 2 たかし_つかさ
67 ワンルームに湯切りのにおい冬に入る デラシネ 0
68 診療所奥にちんまり熊手かな 野夫 1 無有
69 冬紅葉淀川の空に鳶高く 仙郷 0
70 ささやかな幸せ得たり冬の薔薇 春生 0
71 恥じるよに雲間に縮む朝の月 名負人 0
72 山の湯に猿もつかるや初時雨 たかし 2 哲雄_健作
73 ラーメンに葱たっぷりとトッピング 風来 0
74 冬に入る思はぬ所に日の射して トンシ 0
75 炬燵からガザの惨劇見てる吾 まさよ 0
76 魚市場地方紙でくるむずわい蟹 信信 1 ヨシ
77 木枯の音にさらばと赤のれん 郁文 1 八郎
78 ロゴTシャツ日向の匂ふ秋惜しむ 境界子 0
79 音たてて銀杏もみぢの降りにけり ひろ志 0
80 青きまで光る新米炊き上がり 燈穂 1 春生
81 除湿機の音をしづかに保健室 みづほ 0
82 染まりきる前に落ちるや紅葉焼く 杉山駄芭 1 あけび
83 大観音置き去りにして山眠る 喜太郎 2 苦茶_風子
84 障害の妻と歩きし冬の道 山田尚武 1 花埜
85 冬の日や犬猫病院けふも混み 風子 0
86 行く秋やパントマイムの異邦人 新月 0
87 小春日や車窓に駅弁買うた旅 凡士 0
88 音もなく苔に雨降り冬の寺 百合 0
89 落葉踏む音のかそけき城の跡 茂樹 1 とおる
90 観音の扉を閉めて雁渡る 小林土璃 0
91 皆の手がくるりと巻いて正月飾り さっちん 0
92 優勝パレードに集う笑顔の街小春 ハセオ 0
93 勲章は吾子の手作り文化の日 あらた 2 哲雄_瞳人
94 炬燵基地スマホパソコンタブレット 惠啓 3 由木夫_萌_いきか
95 冬銀河祈り捧げし神の島 ひろし 0
96 枕辺に本積み上げて冬籠 たかし 1 敬和
97 人生は100年時代帰り花 健作 0
98 子守柿今年も何とか終はりそう 岩魚 0
99 対岸に風の抜け殻冬浅し 松の 0
100 半袖の介護職員冬に入る 森本哲雄 0
101 雲の上ゆく雲迅し鰤起し 立野音思 1 しんい
102 川底に白き陶片冬に入る 与志魚 2 秀昭_二石
103 草の葉の露の一粒重さあり 帆里 1 幹子
104 外したる眼鏡捜すや着ぶくれて しんい 0
105 炬燵よりガレキの街を見てをりぬ いつせ 3 風来_凡士_ぼんくら
106 田のわきにタモの裸木並ぶ道 しげ木し 0
107 月天心駐輪場の影ひとつ 立野音思 1 野の花
108 気あらしの奥よりぬつと漁舟 凡士 2 デラシネ_松の
109 冬凪や文鎮のごと島ひとつ あつこ 13 燈穂_絮_さっちん_敬和_しんい_素風_野夫_北天_卯月_つかさ_駄芭_風子_凡人
110 一日果て遠富士をおく冬茜 ひろ志 0
111 新米を炊いて留守居を恃みけり 柚子 1 デラシネ
112 枝ごとの柿を落とせば高き空 岩魚 2 幹子_尚武
113 秋晴れや 空と海とが 繋がりて 寺本雅子 1 花埜
114 菰巻かれ踊りたげなり松並木 二石 2 絮_境界子
115 日向ぼこどうぞの椅子の置き土産 英華 1 音思
116 雪起し雨戸のうちで丸くなる しげ木し 0
117 農を継ぐ決心をして冬支度 健作 2 春生_野の花
118 入院の肌着に書く名雪催ひ 荒一葉 3 瞳人_二石_いきか
119 恋終えてころころ今は秋のひと 名負人 0
120 泣いている子の背に落葉積もりゆく 山水 0
121 陽光は研ぎ刃に撥ねて今朝の冬 つかさ 1 英華
122 咳き込んで咳の底なる静けさよ 与志魚 4 みづほ_幹子_美登里_凡人
123 うるめいわし三本炙り独り言 ぼんくら 2 かずえ_トンシ
124 味噌椀は具だくさんなり冬隣 かずえ 2 つかさ_駄芭
125 ドローンにて尋ぬる秘境紅葉狩 郁文 1 鋭次
126 病む夜の三平汁や郷里 (くに) 遥か つかさ 3 帆里_名負人_なつ子
127 木枯しに背中晒して屋台酒 鋭次 11 百合_一葉_八郎_風来_せつこ_敬和_山水_瞳人_野夫_なつ子_惠啓
128 鶏頭の全身赤し火陽を浴びて 能登航 0
129 おでん屋のいびつなちろり夜汽車の灯 小林土璃 0
130 杣道に古し看板「鹿肉あり〼」 デラシネ 0
131 にんげんの染み孤独死の畳替 牛島火宅 1 哲雄
132 遠富士に白きもの増え冬俄 あつこ 0
133 はとバスのガイドの訛り冬うらら 森本哲雄 5 風来_素風_野の花_ハセオ_しげ木し
134 雑炊や戦なき世をながらへて 和美 2 一葉_とおる
135 外套に家族の重み父遺影 風来 1 さっちん
136 老人に街は異界やハローウィン 能登航 0
137 朔風や地蔵のおりん水溢れ せつこ 0
138 枯草の折れ過ぎて白き内を見せ いきか 0
139 若き日の己を恥じる日向ぼこ 卯月 0
140 冬めくや人を待つのも日向にて かいこ 1 松の
141 秋の野の抱かれる子供抱く子供 とおる 0
142 軽々に猫通りけり朴落葉 李萌 0
143 ブギウギに浮かれ俄に冬来る 瞳人 1 美登里
144 林檎割る恋の始まりかもしれぬ ウサウサ 0
145 降る雪や貧しきものが先ず隠れ 苦茶 1 名負人
146 凩の顔は薄い紫色 ハセオ 0
147 差し色の深きくれなひ毛糸編む 野の花 2 凡士_柚子
148 山茶花の今落ちんとす露天風呂 気儘 2 土璃_ウサウサ
149 掌に椀の温もり今朝の冬 惠啓 2 気儘_あらた
150 炭に名の有るを教える茶の師匠 美登里 1
151 室の花時々外へ出て見たく 春生 2 せつこ_惠啓
152 お茶の花猫の軟体ぶりを見る いきか 0
153 短日や障子に映る網戸の目 由木夫 0
154 留守にても掃き清めたり神の庭 なつ子 2 土璃_航
155 山粧ふ四重奏者の視線かな 八郎 0
156 ハクビシン天井騒ぐ冬月夜 野の花 1 美登里
157 重たげなスーツケースや紅葉茶屋 二石 0
158 歳月を共に味わう薬喰 せつこ 1 和美
159 薔薇のほのり冬の色の染まりけり さっちん 0
160 照紅葉川面に揺れて留まりぬ かいこ 0
161 東京や冷たき雨の降るところ 苦茶 2 燈穂_ヨシ
162 魔羅ほてり火事を間近の愉快犯 火宅 0