1 板さんの生姜目を引き薬味皿 よも 0
2 古刹かな秋夕映の掃き清め 三男 1 とえ
3 秋空へ届け母校の応援歌 由紀子 3 和彦_かずえ_瞳人
4 夜仕事や警報すでに避難指示 ひろ志 1 名負人
5 朝寒やパン粉無限と思ひけり いきか 0
6 ゆく末の決断譲りあう夜寒 ほのる 0
7 けふもまた畑で過ごしし秋日和 せつこ 1 和美
8 草木にも諍いありや鰯雲 野夫 2 信信_なつ子
9 レントゲン写真の影は秋思なり 山水 2 岩魚_美帆
10 白菊や左右に伸びる父の眉 無有 1 新月
11 生垣から飛び出してゐる薄かな リツコ 0
12 土竜追ふ風車コトコト地に潜る 磐空 0
13 金婚を寿ぐ野点菊薫る 惠啓 3 あらた_健作_気儘
14 いわし雲港の猫の子だくさん ほのる 5 ひろ志_瞳人_トンシ_伸泰_はるじ
15 赤い羽根ゆったり寝そべる盲導犬 えいりょ 1 野夫
16 辞書で引く「漫ろ」てふ字を小鳥来る 岡田 絮 0
17 行く秋や押し葉の栞抜け落ちて いつせ 2 三男_山水
18 爽籟やジブリの森の美術館 光雲 3 敬和_剥落_一喜
19 空き寺やわがもの顔に萩の花 換竿 2 なつ子_北天
20 冬囲ひ松を吊る縄締める縄 喜太郎 6 しんい_光雲_豊依子_えいこ_卯月_いきか
21 稲田を揺らしすすきを揺らし石北線 こゆき 1 さっちん
22 雄を食む雌蟷螂の生きる術 健作 1 苦茶
23 難病の婿の着替えや秋深し 望天 0
24 春の山一人登校伸び背丈 舞矢愛 0
25 銀漢のみちのくの空果てもなく 成田帆里 2 剥落_八郎
26 九月場所力士の髷に赤トンボ 凡人雲 0
27 月を置く宇宙の下でしのび抱く 名負人 0
28 橋桁の斑の錆や秋の水 岩魚 0
29 大小の比企家の墓や水引草 小石日和 0
30 木漏れ日は網の目となり青どんぐり さっちん 0
31 天蓋の紅葉にひかり差しにけり 斉藤徹 1 喜太郎
32 棄らてれぬ干支の絵手紙冬支度 信信 1 望天
33 手紙焼く煙まつすぐ冬夕焼 ヨシ 5 よしよし_燈穂_けん桜_三拍_えいこ
34 胡麻塩の絡む手ぐしに冬来る 三男 2 信信_凡士
35 初霜や鶏の声裏がへる 和美 7 徹_よしよし_不徳_ハセオ_二石_横歩_柚子
36 碁敵の遺石磨くや星月夜 岡田 絮 4 凡人雲_敬和_かいこ_柚子
37 秋蝶の閉じ込められし観光バス 二石 1 駄芭
38 包装に妙味な名売り今年酒 よも 2 松の_岩魚
39 干柿の乾くを待てず齧る孫 望天 1 よも
40 思い出の多きに震う曼珠沙華 峰横歩 0
41 じぶじぶと七輪に焼く初さんま ひろ志 1 無有
42 幾社とも面接重ね虚栗 ハセオ 0
43 外湯には我ひとりなる星月夜 えいこ 3 北天_百合_貴樹
44 この冬は淋しからん師の館 福田光博 0
45 電球の光を分かつ夜なべかな 百合 2 ひろ志_由紀子
46 名月や湖畔のデッキ赤ワイン 健作 0
47 静寂にボサノバ流れ秋の宵 信信 0
48 説法の老師ほがらか小鳥来る まさよ 10 せつこ_哲雄_よも_かずえ_あらた_山水_新月_一喜_光枝_美登里
49 枯れきって空にふれんと朴高き 松の 0
50 誰も来ぬ1日がすぎ秋刀魚焼く かずえ 7 リツコ_ウサウサ_孫悟空_瞳人_英華_換竿_与志魚
51 子の絵本棚にもどして小望月 秀昭 3 無有_ハセオ_風子
52 秋澄めり白磁の猪口に酒を注ぐ 除門一喜 0
53 秋たけて人の温もり恋しき夜 鋭次 1 八郎
54 原つぱの三角ベース秋夕焼 あらた 2 秀昭_いつせ
55 恵み分け水は澄みけり八ヶ岳(やつ)高し 剥落 2 仙郷_英華
56 「黙食」と壁に貼り紙蕎麦啜る 換竿 3 帆里_ヨシ_まさよ
57 鴨来たる入り江やさしくなりにけり 気儘 1 トンシ
58 秋深し桔梗手向けて無念言上 瞳人 0
59 貨車百両大陸を行く空高し 小石日和 3 秀昭_三男_風子
60 豊の秋少年の日の初ごころ 気儘 0
61 空近しかすかに聞こゆ秋の声 せつこ 0
62 大ぶりの柿を選びて手土産に 風来 2 せつこ_かずえ
63 クレーンより身を乗り出せる松手入れ しんい 4 風太郎_まさよ_いきか_貴樹
64 何をして来ての余生や秋の声 トンシ 3 風来_名負人_百合
65 粋が打ち粋がすするや走り蕎麦 貴樹 0
66 叫べども還らぬものに木の実降る トンシ 0
67 記憶の渚消しゆく鶺鴒の尾 光雲 0
68 秋の雲縄文遺跡の上流る 仙郷 0
69 見つけたと指さす先にオリオン座 由紀子 1 伸泰
70 杖置きて開く句帳や小鳥来る けん桜 6 敬和_ほのる_花埜_トンシ_与志魚_光枝
71 この国は戦場なりし麦を蒔く 杉山駄芭 0
72 夜学生資格を取った夢の中 森本哲雄 0
73 焼藷や落語に昭和偲びつつ いつせ 0
74 ぐるぐるとカップの淵を秋の蠅 リツコ 0
75 秋天へ高跳びのバー揺れ残る ひろし 14 凡人雲_しんい_喜太郎_絮_さっちん_豊依子_野夫_ひろ志_風太郎_帆里_ほのる_鋭次 _まさよ_伸泰
76 太刀魚の銀箔如き刺身喰ぶ えいりょ 0
77 晩秋や少し欠けたる鬼瓦 風子 2 光博_由紀子
78 特急の窓に流るる晩稲の黄 しんい 0
79 急坂の峠を越えん走り蕎麦 新月 0
80 ちぎれ雲ひねもす黙の蜘蛛の網 岩魚 1 八郎
81 木の実踏む君の足跡たどりつつ 光枝 0
82 独り居の夜長に点る子の便り ウサウサ 1 一喜
83 秋晴や鳥の歌声ラララララ 矢野敬和 0
84 冬支度出羽の里人寡黙なる 与志魚 2 北天_光枝
85 うどん屋のかき揚げ甘しさつまいも 美登里 1 いつせ
86 茶道部の晴れ着誇らし文化祭 美登里 3 ひろし_三男_二石
87 不揃ひにのびたる爪や秋暑し 不徳 0
88 枯れながらたそがれてをりいぼむしり 美帆 2 せつこ_和美
89 十六夜の月登り切り腹決まる 伸泰 1 駄芭
90 おなもみに弄ばれてまみむめも デラシネ 0
91 彼の人は再従姉妹なりけり秋彼岸 八郎 0
92 反抗の子のガム噛んでゐる秋思 風太郎 0
93 後ろ手に閉める障子にある秋思 原 洋一 2 不徳_ヨシ
94 ハミングや秋の七草手に揃ひ かいこ 0
95 秋の雲スイミーみたいと孫が言い 英華 0
96 空き缶の一つひしゃげて秋の風 峰横歩 0
97 秋高しシルバーパスの使い初め なつ子 0
98 名月と思案重ねる烏鷺の舞 凡人雲 0
99 落ち葉踏み子ら散りぢりに鬼遊び 三拍 3 うつろひ_惠啓_健作
100 歩こうかバスにしようか柿日和 宮内和彦 3 徹_二石_美登里
101 空青く生まれたままの小鳥来る 斉藤徹 0
102 言いたきを言い切れぬまま十三夜 伸泰 2 岩魚_美帆
103 赤とんぼ里に降り立ち群れて飛ぶ 磐空 0
104 チエンバロの調べたゆたふ秋の庭 三拍 0
105 孫ひ孫やしや孫集ひ栗ごはん 和美 1 苦茶
106 鳥渡る超高層の窓の空 凡士 0
107 啄木鳥や川床掘って露天風呂 新月 1 貴樹
108 有りったけの色継ぎはぎて里の秋 つかさ 2 絮_凡士
109 鞄ひとつ紅葉求めて箱根路へ ひろし 0
110 前後ろ入れ替えのみの冬支度 なつ子 0
111 大仏の伏目をなでる秋の風 松の 2 風来_さっちん
112 虹立ちてまた君想ふ車窓かな 福田光博 0
113 バス旅は走れども走れども秋 かずえ 0
114 秋日和便りをくれし友はいま 燈穂 0
115 鬼平を繙き直す夜長かな 惠啓 0
116 草の絮私も誘ってくださいな デラシネ 0
117 門灯に映ゆる山茶花ぬし帰宅 はるじ 1 松の
118 流星や自己肯定の夜は更けて 剥落 0
119 大いなる冬木となりて丘に立つ 苦茶 3 燈穂_デラシネ_和美
120 吾子の手に縋る山路や野菊晴 光枝 0
121 牧牛は三々五々に天高し 卯月 2 秀昭_ひろし
122 今あまた弾け紫式部の実 花埜 0
123 木犀の香りも吸ふてハーモニカ 山水 12 リツコ_絮_哲雄_よも_豊依子_苦茶_無有_ハセオ_鋭次 _横歩_卯月_美登里
124 石狩鍋豆腐最後にちぎり入れ こゆき 0
125 玄関のドアに提げあり柿五つ えいこ 1 美帆
126 銘柄はふるさとの山新酒酌む 風来 4 風太郎_ほのる_鋭次 _卯月
127 名にし負ふ気風で秋舞へ信天翁 瞳人 0
128 秋高し我が影我より深きかな 孫悟空 0
129 宿坊の柱にもたれ十三夜 美帆 2 帆里_光博
130 秋の蝉城址に残る深き井戸 与志魚 1 つかさ
131 コスモス一輪音量そっと上げている さっちん 0
132 犬吠えて魔女の児泣くやハロウイン 凡士 1 凡人雲
133 終電のあかりの帯や秋惜しむ とえ 0
134 竜胆の入りし一対抱きをり 八郎 0
135 鄙びなり雪放り込む野天の湯 うつろひ 0
136 笛の音に足とらわるる月の路地 つかさ 1 不徳
137 手袋を履くといふ地やにしん漬け 喜太郎 3 うつろひ_哲雄_つかさ
138 眠る子の重さ忘れて流れ星 森本哲雄 4 光雲_うつろひ_野夫_郁文
139 引く潮の踵引き込む秋の浜 あらた 2 けん桜_気儘
140 身に入むや写真の上手い「探し猫」 二石 0
141 退職の日数かぞへて障子貼る 成田帆里 2 孫悟空_花埜
142 天高しスカイツリーは楊枝ほど 除門一喜 4 ウサウサ_三拍_郁文_健作
143 冬隣捨て犬横に置手紙 郁文 0
144 逝きし友白鳥となり帰り来ぬ 風子 0
145 ものさしを振り回す子ら鰯雲 よしよし 0
146 鵯鳴きて好きな高枝実は熟し とえ 0
147 口に出せず秋の見舞いはさらさらと 名負人 0
148 咲き終へて花びら重き杜鵑草 野夫 1 和彦
149 腸に先ずは箸付け初秋刀魚 卯月 2 惠啓_いきか
150 虫の闇バスの尾燈が遠ざかる 貴樹 3 かいこ_望天_はるじ
151 椎の実のかさりと落ちて元の闇 燈穂 2 喜太郎_花埜
152 スワイプして選句結果や秋深し 豊依子 0
153 秋うらら園児ひたすら砂遊び 風太郎 0
154 晩秋や食パンにピザの朝餉かな いきか 0
155 枯木道遠くが見えている不安 苦茶 3 デラシネ_小石日和_与志魚
156 満月の位置決まるまで待つカメラ かいこ 0
157 若女将折り目正しき秋の宿 北天 0
158 ゼロひとつ見落とす値札小六月 柚子 2 ひろし_百合
159 山裾の果てなき紅葉夕日落つ 仙郷 0
160 折れ伏すも鶏頭色を失わず 鋭次 3 なつ子_換竿_柚子
161 振り向けば夕日華やぐ草紅葉 宮内和彦 0
162 継がぬとも継ぐとも告げず稲を刈る 原 洋一 22 風来_よしよし_しんい_燈穂_和彦_ウサウサ_名負人_いつせ_風子_あらた_凡士_けん桜_光博_山水_仙郷_ヨシ_剥落_えいこ_横歩_小石日和_郁文_望天
163 秋めいてビルより長きビルの影 不徳 1 由紀子
164 一風に小波となる紅葉山 矢野敬和 1 松の
165 鰯雲半壊ビルの無惨なる まさよ 1 とえ
166 踏みゆけば雲行く心地草紅葉 秀昭 0
167 こいのぼり我子大泣きで乳歯見え 舞矢愛 0
168 無線機の応答漏れ来そぞろ寒 柚子 1 かいこ
169 北風のごときミサイル打ちにけり 杉山駄芭 1 孫悟空
170 高速道のり面ずっと花野かな 孫悟空 0
171 落し蓋寡夫も五年に鰯煮る 郁文 3 リツコ_洋一_換竿
172 また一人バスを降り行く夜寒かな 百合 5 信信_三拍_新月_英華_小石日和
173 ゆく秋やメタセコイアの黄金(こがね)道 英華 2 光雲_仙郷
174 カツプルのゑがほ明るし秋日和 無有 0
175 鬼灯や少年の夢の青くあり 花埜 0
176 勤行の朝の尼僧の足袋白し 北天 1 惠啓
177 包丁研ぐ老婆の仕草の菊人形 豊依子 0
178 見ず聞かず波風たてず頬かぶり うつろひ 4 徹_洋一_デラシネ_駄芭
179 寂れゆく修羅の巷を鳥渡る ウサウサ 0
180 露天風呂あごまで沈め冬の月 ヨシ 0
181 寂しき朝ひときわ鮮やかに柿 よしよし 0
182 夕日の路地十一月の猫よぎる はるじ 0
183 露の玉転がし出勤ボンネット ハセオ 0
184 碑の語る湖底の村や秋の声 けん桜 5 洋一_とえ_つかさ_はるじ_気儘