1 駅裏の旨きうどん屋赤とんぼ ひろ志 1 信信
2 法師鳴く 立秋近し 森の中 俊伯 0
3 母送る静かに燃ゆる大文字 由紀子 1 名負人
4 炎天の芝へ転々逆転打 卯月 2 喜太郎_ひろし
5 君とゐた頃と変はらぬ秋の海 しゅう 1 光枝
6 老僧は幼馴染みや盆の月 信信 3 山水_横歩_いくよ
7 秋燕や雲のほとりに天守閣 百合 0
8 阿波踊り腰の団扇も踊らせて うつろひ 13 不徳_風来_岩魚_絮_喜太郎_かずえ_つかさ_豊依子_信信_ふみ_ひろ志_柚子_苦茶
9 夕焼の果てたる闇のネオン街 岩魚 0
10 香の抜けたフルーツのごと遠花火 かいこ 0
11 秋出水恨みつらみの渦を巻く 帆里 1 ウサウサ
12 盆休み 孫は任せて 母休業 あんぱん 0
13 天平のまなざし涼し阿修羅像 北天 7 風太郎_燈穂_くらっ太_はるじ_仙郷_美登里_花埜
14 汗たらり寝技苦手なウルトラマン 二石 1 帆里
15 午後二時の陸橋にある残暑かな 凡士 0
16 夕立に 庭が悦ぶ 石の声 俊伯 0
17 洗はれて石段白し萩の花 与志魚 5 秀昭_燈穂_気儘_デラシネ_春生
18 中仙道蔦の絡まる阿弥陀堂 鋭次 2 光雲_縁矢
19 秋時雨狐が嫁に行きよると 岡田絮 1 惠啓
20 秋立つや明日香は古き石の謎 けん桜 6 燈穂_鋭次_はるじ_仙郷_洋一_美登里
21 夕焼けにペンギン歩む我のごと 望天 1 松の
22 花火跳ね人に流され妻が呼ぶ かいこ 1 ヨシ
23 尾瀬の水束ねて男滝女滝かな あらた 2 卯月_駄芭
24 ふわふわと春を誘いしボタン雪 知孝爺 0
25 原爆忌秒針の音際立てり よしよし 4 不徳_ある日_とえ_苦茶
26 旧道は痩せゆくばかり昼の虫 苦茶 7 三男_風太郎_ハセオ_洋一_久夫_縁矢_凡士
27 揚げパンの餡こ懐かし夜学校 岡田絮 2 哲雄_気儘
28 畦道に生家指すパパ盆休み 北山久 0
29 はたと止みはたと始まる蝉しぐれ 風来 1 百合
30 桔梗や言葉少なく諭されぬ いつせ 6 不徳_絮_あらた_デラシネ_しゅう_しんい
31 朝顔の色水しぼり染める空 よしよし 0
32 百姓をのらりくらりと今年米 せつこ 2 くらっ太_苦茶
33 風死すや日射は花樹の葉虫まで 三男 0
34 蝉しぐれ孫はロッジでタブレット 仙郷 1 岩魚
35 生身魂家事まかされて修羅場かな 孫悟空 0
36 鉛筆の芯尖らせて夏終わる 小石日和 8 リツコ_郁文_えいこ_信信_与志魚_久夫_ひろ志_いきか
37 藍染めの凪ぎのひと文字夏暖簾 松の 0
38 万華鏡萩やしとどの雨上り はるじ 0
39 気兼ねなくウクレレ鳴らす蝉しぐれ 杉山駄芭 1 蛙星
40 稲刈の匂ひの風の日暮かな 和美 3 ほのる_ふみ_たかし
41 魯山人少し歪みて秋の夜 山水 1
42 細々と線香花火の溶ける闇 くらっ太 2 せつこ_海風
43 ため息にあらぬダリア重ねる緋の色は さっちん 0
44 西京の池を廻りて萩と月 気儘 0
45 うたた寝の夫を起こせや威し銃 みづほ 2 えいりょ_和美
46 白河の関越ゆ夏の甲子園 健作 1 豊依子
47 去ぬ燕東尋坊のからび岩 光雲 0
48 とりあへず流星消えぬ間の願ひ なつ子 0
49 細長き道の先には雲の峰 豊依子 0
50 朝顔の花咲く朝のしじまかな 松の 2 由紀子 _百合
51 花野ゆく差し傘くるりくるくるり しんい 0
52 新緑をまだらに化粧名残雪 知孝爺 0
53 秋暑し決めかねている志望校 デラシネ 5 帆里_八郎_我楽句多_卯月_北天
54 初秋の湯につかりたる白き肌 ひろし 0
55 緊張の解れし夜食道の駅 よも 0
56 風出でていよよ花野と思ふかな いくよ 1 二石
57 このところ雨また雨や戻り梅雨 我楽句多 0
58 取り込めぬ鬱の一文字秋暑し 卯月 0
59 夏草や売りは夜空の過疎の村 あらた 2 風子_うつろひ
60 散骨を終えて揺られし秋の波 たかひろ 0
61 北向きの小さな家の小さき薔薇 花埜 1 かずえ
62 遠花火ひびき幽かにとどろけり 三拍 0
63 新米の甘い香りの夕餉かな とえ 1 しゅう
64 立秋や遠く愛宕は雲の中 ある日 0
65 ふるさとの遥かな記憶天の川 宮内和彦 2 しゅう_由紀子
66 試乗する車椅子にも秋茜 望天 5 よしよし_ウサウサ_北天_よも_健作
67 夕暮れや窓のむこうは秋初め 由紀子 0
68 七夕や幼き文字の願ひ事 くらっ太 0
69 野仏に声かけてより草を刈る 茂樹 10 小石日和_哲雄_せつこ_郁文_卯月_ほのる_ひろし_惠啓_みづほ_柚子
70 今朝からの記憶に霧や夕端居 縁矢 0
71 鳴き続け何が云いたや羽抜鳥 かずえ 0
72 白萩や風の便りに恩師の死 まさよ 1 花埜
73 名月や竹藪隅に括らるる 峰横歩 1 三男
74 入道雲むくちはだかの日本なり 名負人 0
75 小塚なる裾に出で来し蛍草 いくよ 0
76 風に乗り風に乗り換え鬼やんま 原洋一 9 せつこ_瞳人_山水_我楽句多_はるじ_たかし_ひろ志_縁矢_いきか
77 釣竿のしなる穂先や雲の峰 新月 2 洋一_しんい
78 かまつかの影の重なる真昼時 しんい 0
79 サングラス探す頭にサングラス えいこ 1 和美
80 雲の峰背負いて下りる歩荷かな 海風 7 つかさ_三拍_まさよ_新月_駄芭_百合_かいこ
81 さんま漁ねじり鉢巻声や跳ぶ ふみ 1 とえ
82 会へずとも同じ月見る宴かな 風子 4 なつ子_いつせ_三拍_二石
83 三日月や「お疲れさま」の声軽く 美登里 0
84 切り抜きの紙面に窓や秋涼し 柚子 1 岩魚
85 見へねども髪揺らしたる風は秋 しゅう 1 知孝爺
86 兄弟の同じ丸刈り西瓜食ふ 蛙星 2 えいこ_かいこ
87 青年の白球秋の空を射る 燈穂 2 由紀子 _花埜
88 一粒があれよあれよと夕立かな 新月 3 あらた_まさよ_ふみ
89 花カンナ印度映画はみな踊る ほのる 3 小石日和_孫悟空_望天
90 潮風にラムネの瓶の透き通る 矢野敬和 1 豊依子
91 乙女らの笑いはじけて鳳仙花 ヨシ 2 三拍_健作
92 吾もまた仰ぐ銀河の内にあり 大谷如水 3 ある日_知孝爺_けん桜
93 大阿蘇の戻るやまびこ秋の色 宮内和彦 1 鋭次
94 鎌倉に踏み切り多し晩夏光 伸泰 6 小石日和_秀昭_如水_春生_与志魚_柚子
95 缶チューハイ最後に供ふ墓参り 蛙星 0
96 国葬は誰が為にあり蝉の声 杉山駄芭 0
97 油照呻く患者に女神来る 謙舟 0
98 伝言のあるかの如き鬼やんま 光雲 2 瞳人_みづほ
99 さわやかに強面が売るメロンパン ほのる 0
100 玉音のラジオノイズや日輪草 八郎 0
101 給食の静かな時間鰯雲 春生 3 秀昭_かずえ_光枝
102 信濃川濁りて海へ鰯雲 風子 0
103 縁先にちちろ沙汰なすいさ酌まむ 瞳人 0
104 四阿で語るひととき花芙蓉 風太郎 0
105 影二つ二駅歩く月明り ヨシ 1 ある日
106 余生まずラジオ体操より始む リツコ 5 風来_ハセオ_蛙星_たかし_凡士
107 ほんのりと風に軽さや秋日傘 秀昭 1 和彦
108 午後からは線引き直し運動会 百合 5 風太郎_ヨシ_光枝_ほのる_えいりょ
109 浜木綿や廃校となる島の校 風太郎 2 八郎_北天
110 店内は大幅改造白き桃 いきか 0
111 十八で婿となりけり今年米 和美 4 喜太郎_つかさ_あらた_風子
112 秋桜や暑さ寒さは人のこと 喜太郎 0
113 手術器具置く音響く夜長かな 森本哲雄 2 よも_海風
114 二百十日二時間目より登校す 春生 0
115 白々と夜明けの雨の涼しさや 花埜 1 如水
116 小菊咲く高齢者叙勲の米寿かな はるじ 0
117 もりもりと房して朝市の葡萄 ハセオ 1 横歩
118 雪渓や時を刻みし三百年 信信 1 知孝爺
119 禅寺の深き庇に小鳥くる たかし 0
120 秋暑し処分に躊躇広辞林 凡士 2 如水_惠啓
121 よし原の帰るツバメやねぐら入り 髙松久夫 0
122 灯を点す竿燈のごとミニトマト 八郎 2 松の_望天
123 孫達の手花火闇に笑顔舞う 仙郷 0
124 キーボード打つ音響く今朝の秋 ひろし 0
125 たらちねの芭蕉の句碑や銀杏散る 岩魚 0
126 並べ笑む 日焼けした腕 休暇明け あんぱん 0
127 色褪せし老舗ののれんに残暑かな 北天 1 いきか
128 廃線の里を旅愁の盆見舞 よも 2 たかひろ_仙郷
129 週5冊読破せんとの夜長なり 豊依子 0
130 初秋刀魚皿にはみ出し匂ひのせ とえ 0
131 此の道やいつ仆れても蟻の列 伸泰 0
132 啓発書のページ飛ばして扇風機 さっちん 0
133 横顔の美しき女揚花火 矢野敬和 1 孫悟空
134 秋草を戸板に干して杣の家 みづほ 1 新月
135 黒南風や1時間後の初手術 謙舟 0
136 寄す波に裏返りけり水海月 海風 0
137 酔芙蓉洋館煉瓦の門の脇 健作 0
138 足裏に石の凹凸秋初め 風来 0
139 気に入りの氷菓一本今日の幸 まさよ 0
140 綺羅のごと銀鱗揺れて水の秋 秀昭 1 くらっ太
141 霧襖声掛け合ひて奥の院 光枝 2 えいりょ_駄芭
142 秋の蝉 炎天球児の 泣き笑い 冬花 0
143 赤蜻蛉竿一本を占拠して 喜太郎 1 うつろひ
144 病む貨車のながき影ゆく晩夏かな 不徳 0
145 父母逝きて小さくなりし踊の輪 大谷如水 0
146 秋草のコンクリートで止められる いきか 0
147 遺されし波越しの松星月夜 けん桜 1 さっちん
148 燃えきれぬ恋の日記や八月尽 縁矢 1 和彦
149 雲白く心うつらふ秋の暮 ある日 1 春生
150 木槿忌や拾骨不要と云はるれど ひろ志 0
151 ささやかな願いの糸を結ぶ吾子 ウサウサ 1 海風
152 葬儀無用戒名不用草の花 山水 3 よも_新月_和美
153 九月の蚊叩かれ血噴く一期かな 瞳人 1 横歩
154 節水の児童公園夏の蝶 茂樹 1 さっちん
155 夕鐘が山の端に月呼びだしぬ うつろひ 2 よしよし_美登里
156 スプレーを取る役ごきぶり見張る役 二石 3 いつせ_ヨシ_我楽句多
157 土壇場のキャンセルふたつ日雷 デラシネ 1 二石
158 神宿る石てふ丸(まろ)し草雲雀 柚子 1 リツコ
159 母庭にゐさうな忌日鳳仙花 我楽句多 3 松の_さっちん_与志魚
160 朝顔のつる竿を越え大空へ たかひろ 0
161 朝練のテニスの音や秋海棠 与志魚 0
162 明日までの絵日記書いてソーダ水 リツコ 4 瞳人_なつ子_デラシネ_望天
163 法師蝉起承転結付けて鳴く 燈穂 3 たかひろ_よしよし_郁文
164 リンリンと夜をころがす秋の虫 髙松久夫 2 えいこ_和彦
165 球場の土を袋に夏終る えいこ 0
166 秋遍路咲かぬ花には終わりなく 孫悟空 1 名負人
167 悠然とタラップ降りるサングラス ウサウサ 0
168 原爆忌被爆二世が孫を抱き 森本哲雄 4 風来_敬和_八郎_まさよ
169 ひと言にひと言あとは虫の闇 原洋一 4 山水_けん桜_いくよ_凡士
170 赤子這ふ這ふ銀河まで這ひ行くか いつせ 0
171 神棚にスマホ置く癖生身魂 惠啓 2 なつ子_いくよ
172 2階建てバス乗る京の炎天下 えいりょ 0
173 独り居になれし晩酌草ひばり 郁文 3 三男_とえ_かいこ
174 紙垂折りや指に触れたる風の秋 つかさ 0
175 妻除籍銀杏はらはら落ちる中 苦茶 2 ウサウサ_名負人
176 墓洗い おしろい花に 母の影 冬花 0
177 夏マスクはずして逢えばすでに恋 名負人 2 蛙星_けん桜
178 鳥居形徐々に消えゆき闇戻る えいりょ 0
179 桃の皮剥いている間の母性かな ハセオ 1 敬和
180 テレワーク机の上の冷やし酒 郁文 3 哲雄_帆里_しんい
181 桃の実の食べごろ尋ぬ今日もまた なつ子 0
182 風と行く森の小径や草の花 光枝 2 光雲_たかひろ
183 朝顔の青や希望の朝ぼらけ 小石日和 0
184 君と星弔いしかや銀河船 峰横歩 0
185 鮎落つるころの響きを魚野川 たかし 0
186 しんがりは魂かもしれぬ秋遍路 不徳 5 光雲_ハセオ_リツコ_鋭次_みづほ
187 新涼や幾度も見入る我が手すじ 三拍 0
188 秋蝉や独り梢に消ゆる声 三男 0
189 赤蜻蛉何か思案のホバリング 鋭次 1 うつろひ
190 はぐれ雲野分一過の街を翔ぶ つかさ 1 健作
191 地蔵盆ジュースも菓子もチケット制 美登里 0
192 秋彼岸普賢岳の青天井 気儘 0
193 一休みよく膨らんだ秋の雲 かずえ 1 久夫
194 一徹の気儘をくじく日暮急 北山久 0
195 本日は主婦業休み秋の蝉 せつこ 0
196 鬼灯を鳴らし園児に崇めらる 惠啓 1 いつせ
197 牛追ひのドローンが翔る大夏野 帆里 5 敬和_孫悟空_風子_気儘_ひろし
198 夕日へといろ照りかへす百日紅 ふみ 0