1 瑠璃透けてペーパーウェイト涼しけれ 三拍 1 しゅう
2 ミサイルの如き轟音雷一つ 健作 0
3 汗のシャツ身体くねらせ脱ぐ子かな ウサウサ 4 如水_蓉子_光枝_茂樹
4 ビル街に太鼓のこだま宵祭り 岩魚 5 由紀子_せいち_ひろ志_百合_さつき
5 包丁に銘あり京の鱧料理 大谷如水 2 せいち_ひろし
6 路地抜けてぱつと明るき柿若葉 かいこ 1 信信
7 赤毛のアンに背中押される今朝の秋 春子 0
8 朝焼けの渚に拾ふ詩の欠片 光雲 5 郁文_えいこ_ふみ_無有_たかし
9 玄関にお内儀の素足盗み見る 北山久 0
10 ひととおり見てはいつものバニラアイス 蓉子 0
11 米寿過ぎ我より若い母の夢 知爺 1 なつ子
12 青草や歩幅で計る分譲地 あつこ 2 よも_誠
13 ふるさとの母待つ駅に貝風鈴 宮内和彦 0
14 大谷の特大ホーマー雲の峰 与志魚 0
15 風鈴の留守をしっかり守りをり 松の 0
16 風鈴の舌垂れてゐる午後六時 凡士 1 うつろひ
17 喧騒を遠くに聞いて蓮の花 柚子 2 風子_駄芭
18 夏晴るゝ退院の日の無精髭 謙舟 1 つかさ
19 海女小屋の板戸軋ませ大南風 ひろ志 6 如水_しゅう_風太郎_ほのる_和彦_与志魚
20 手製の烏賊干し天井メリーふと しんい 0
21 農に生き今偕老の青田風 岡田 絮 6 くらっ太_健作_ふみ_はるじ_とえ_春子
22 葉の蜘蛛の巣作りハンバーグの夕餉 いきか 0
23 夏空のバンジージャンプ悲鳴吐く 帆里 0
24 東雲や張り子うごめく産卵床 岩魚 0
25 コロナ禍や一日ステテコ無精髭 惠啓 1 如水
26 食べ残すマクドナルドや終戦日 ヨシ 0
27 蜘蛛の囲を揺らす獲物の断末魔 ひろし 1 我楽句多
28 カムパネルラ物語る子の夏銀河 つかさ 1 光雲
29 夏潮のふくらむ安房や真帆片帆 しんい 4 海風_凡士_柚子_縁矢
30 夢つなぐための瞼や明易し 秀昭 0
31 母の傘借りて帰れば蝉時雨 信信 0
32 病葉の落ちて飴色万華鏡 さつき 0
33 蝉の穴宇宙の端が見えますか いつせ 4 岩魚_風来_ウサウサ_ひろし
34 寝転べば縁側浄土青田風 百合 5 洋一_松の_凡士_柚子_かいこ
35 妖艶に胸ざわつかす百日紅 縁矢 1 八郎
36 灯を消して螢へ闇を戻しけり 原 洋一 8 ある日_光雲_山水_けん桜_苦茶_春生_ひろ志_茂樹
37 けんちやんと名前があつて夏帽子 百合 6 風来_絮_風太郎_燈穂_二石_花埜
38 風と来て光となるや夏燕 原 洋一 5 秀昭_あつこ_ほのる_縁矢 _春子
39 薫風や白杖の子の深呼吸 岡田 絮 8 デラシネ_三男_けん桜_謙舟_つかさ_ひろ志_かいこ_さつき
40 ソーダ水鼻ぬけ巡る強羅の湯 はるじ 0
41 風鈴や来し方凡も大過なく 石井誠 0
42 柔らかく生きて今宵の冷奴 苦茶 5 岩魚_くらっ太_かずえ_郁文_なつ子
43 七夕や吾に秘め事三つ四つ 伸泰 4 ただお_由紀子_惠啓_かずえ
44 軽装はリフト乗り場や登山口 二石 0
45 この悲憤一句詮無し夏の闇 瞳人 1 名負人
46 青トマト切ればまさをのエーゲ海 貞周 0
47 涼風や玄関先の胡蝶蘭 謙舟 1 新月
48 入道雲ぴくりともせず南南東 ハセオ 0
49 跳びまわる藍の浴衣のつんつるてん デラシネ 1
50 乳牛の乳房豊かに夏アザミ 鋭次 2 ただお_こゆき
51 大男神妙に立つ山開 森本哲雄 2 誠_たかひろ
52 朝風を遮るごとき蝉の声 ふみ 1 望天
53 急増の感染者の図雲の峰 八郎 0
54 溜池の多き讃岐路青田風 風太郎 1 喜太郎
55 キスをして泡立つ鼓動ソーダ水 よしよし 0
56 紫陽花や濡れて漏れ来るノクターン 野夫 0
57 あの星が母なるべしや笹飾り たかひろ 0
58 風鈴にひとこと告げて旅に出る 茂樹 8 しゅう_あつこ_名負人_ハセオ_伸泰_いくよ_みづほ_こゆき
59 坂上る軽トラックの荷は極暑 ほのる 1 せつこ
60 いにしへの風に押されて鉾まつり 山水 1 いきか
61 カップルの息子と出会ふ蛍の夜 えいこ 3 哲雄_みづほ_和美
62 耳鳴りを忘れさせたる蝉しぐれ 鋭次 3 無有_駄芭_茂樹
63 酸性のからだ寝返る熱帯夜 ほのる 0
64 風呂上がり何はさておき扇風機 杉山駄芭 0
65 小刻みの呼吸に凌ぐ酷暑かな 孫悟空 0
66 暑き日や痴話も過ぐれば煩はし よも 0
67 アルバムに残るちちはは走馬灯 宮内和彦 0
68 お絵描きもドリルも途中昼寝かな 光枝 5 よも_瞳人_さっちん_和彦_卯月
69 ハムサンドアメリカ詩読む蝉が鳴く いきか 0
70 平和願ふ媼の汚文字七夕竹 蓉子 0
71 滴りを音と受けたる掌 秀昭 2 せつこ_春子
72 父の日や遺影に捧ぐハイライト 矢野敬和 0
73 個人葬をあれこれ描く夜の秋 いつせ 0
74 崩されてまた列をなす蟻の道 ウサウサ 4 郁文_謙舟_三拍_惠啓
75 終電を逃して歩く夏の月 けん桜 3 風太郎_八郎_縁矢
76 ひまわり畑さっきまでいた子らどこへ さっちん 0
77 ぱりぱりの糊を剥がして藍浴衣 美登里 1 蓉子
78 万緑にじゃれあい飛び込む川の中 かずえ 0
79 曙光早やうだる暑さの濁りかな 北山久 0
80 寝間飾る山百合の白死の気配 かずえ 0
81 片陰やはみ出しそうな車椅子 とえ 2 しんい_無有
82 向日葵や夕日の高嶺に向かい立ち 仙郷 1 松の
83 古本を寄付して涼し書律かな 茂樹 0
84 犬走る半玉走る大夕立 貞周 1 よしよし
85 炎熱や二日続きの救急車 望天 0
86 悠然と一騎の飛翔鬼やんま 苦茶 1 仙郷
87 空蝉の爪の食い込む被曝の樹 春生 7 山水_光枝_苦茶_鋭次_たかひろ_伸泰_つかさ
88 鬼の目に涙あふれて敗戦忌 森本哲雄 0
89 好きでないソーダ水飲む好きな子と かいこ 3 岩魚_哲雄_健作
90 ゴム草履夕焼け熱きアスファルト 由紀子 0
91 にわたずみ飛び越えて行き夏休み 新月 1 和美
92 会葬の黒夏服の肘のしわ 帆里 0
93 白南風や碧き蝶二羽天翔ける 望天 0
94 真っ青な竹林抜けて夏祓 新月 2 蓉子_百合
95 ジーンズも浴衣も並ぶ足湯かな あつこ 8 孫悟空_なつ子_まさよ_たかひろ_伸泰_ヨシ_八郎_美登里
96 知らぬ間に代替りして端居かな 二石 2 海風_リツコ
97 一茶には成れぬ吾をり蠅を打つ 矢野敬和 2 ある日_絮
98 白地着て白に淋しき八十路かな いくよ 1 燈穂
99 稲光去りて闇夜の深くなり 風子 5 帆里_健作_まさよ_駄芭_信信
100 束の間に花壇占領夏の草 とえ 0
101 ラベンダー蒸留の香富田圃場 こゆき 0
102 雷鳴や姉が弟庇ひ行く 風子 0
103 朝涼みできたふたりの木陰なり 名負人 0
104 車椅子押す人乗る人炎天下 まさよ 0
105 香水の余香に悔いある別れかな 伸泰 1 鋭次
106 冷房の効かぬ場末のヌードショー 我楽句多 2 デラシネ_絮
107 蜩の声は入江を渡りゆく たかし 1 みづほ
108 カンナ咲く新しき道ナビに無し ただお 1 いきか
109 木下闇人間見ている森のひと 光枝 0
110 息上がり汗の噴きだすスクワット 卯月 0
111 群像の如き向日葵男子校 与志魚 4 しんい_二石_いくよ_小石日和
112 廃駅を貫く線路草茂る 海風 1 春生
113 陽のぬくもりのまま手渡すズッキーニ さっちん 0
114 口角のさがる朝や蜘蛛の糸 デラシネ 0
115 盟友と銘酒の回顧冷奴 惠啓 0
116 炎天や水噴き上げてホースの穴 和美 0
117 空蝉のしがみつきたる地蔵かな せつこ 5 孫悟空_敬和_謙舟_えいこ_ヨシ
118 緑陰の風を馳走に握り飯 海風 7 我楽句多_三男_かずえ_ウサウサ_松の_とえ_かずえ
119 水溜まり大空写し梅雨晴れ間 気儘 0
120 引く波に四股で踏ん張る小蟹かな うつろひ 8 野夫_まさよ_敬和_仙郷_ヨシ_はるじ_風子_とえ
121 オホーツク鉄路の果てに群れる夏 つかさ 0
122 暑気払い大涌谷の茶屋たまご はるじ 1 帆里
123 夫になき歳重ねつつ遠花火 いくよ 9 我楽句多_洋一_瞳人_しんい_野夫_和彦_よしよし_三拍_小石日和
124 誰か来てふりむくごとし扇風機 みづほ 0
125 閉校の庭の夏草丈高し なつ子 1 瞳人
126 初茄子や捥ぐ頃合ひを諍へる 凡士 3 三男_うつろひ_卯月
127 スパゲティ卦を立つるごと夜の秋 くらっ太 0
128 夏の日や壁にマティスの絵を飾る 美登里 0
129 顔のなきマネキンの着る水着かな しゅう 2 いくよ_こゆき
130 今日はもう云わないつもり暑いねと えいこ 1 たかし
131 夏の蝶鍬に留まりて休みゆき 仙郷 0
132 Gパンのポケットにあり夏帽子 たかし 0
133 雨あがり買うてこようか釣り忍 三拍 0
134 紫陽花が好きと笑ひしひとのなく ある日 0
135 サングラスはるかな海をうつしけり しゅう 5 海風_秀昭_せつこ_ひろし_和美
136 息ひそめ村は日盛りやりすごす 小石日和 2 卯月_風子
137 潮騒や歌碑に額づく白日傘 光雲 4 光枝_新月_リツコ_春生
138 恋を知り涼やかに聞く蝉の声 よしよし 0
139 甲子園打つも守るも汗しとど 風来 0
140 しゅるしゅると鼠花火やがき大将 まさよ 0
141 光たる玻璃の箸置き夏料理 風来 0
142 再検査二科掛け持ちの戻り梅雨 さつき 2 喜太郎_小石日和
143 抱擁や雷一閃の鍾乳洞 野夫 1 望天
144 友と語る難しきことソーダ水 春子 1 さっちん
145 草茂る朱の花今いま発火点 柚子 0
146 夏帽子片手に持って船の旅 信信 1 与志魚
147 朝顔やほどけて星の一滴 小石日和 1 よしよし
148 救急のサイレン聞こゆ昼寝覚 杉山駄芭 0
149 捩り花ときに記憶のもつれけり 燈穂 2 はるじ_さつき
150 一筋の水みなもとに夏の川 ひろし 1 燈穂
151 お前誰初回の挨拶クラス会 知爺 0
152 幼子の願い清しki笹飾り たかひろ 0
153 御婆の白髪梳く如し岩の滝 無有 0
154 星祭アニメの中に棲まふ子ら リツコ 0
155 星の名を語る瞳の輝けり 春生 4 仙郷_ふみ_三拍_かいこ
156 万緑にじゃれ合い飛び込み中学生 かずえ 0
157 パッチワーク富良野の山は夏に入る こゆき 0
158 糠床の釘も累代茄子漬ける 卯月 6 よも_うつろひ_ほのる_凡士_えいこ_惠啓
159 皆揃う妻の自慢の豆御飯 なつ子 0
160 落雷や逆らへはせぬ天地人 三男 1 哲雄
161 姉妹とも見まごう親子藍浴衣 燈穂 1 新月
162 滝垢離や印結ぶ手の震えをり うつろひ 0
163 政治屋のいくさ終わって鳩ほうほう 名負人 1 デラシネ
164 夏萩の咲いてしばらく立ち話 ひろ志 2 ハセオ_美登里
165 三箱の古本ぼろぼろ土用干 無有 0
166 貶め言わが身に返る夏柳 瞳人 0
167 園児らの茅の輪くぐりて神妙に 喜太郎 0
168 空蝉や恐れ入りたる脱ぎっぷり 郁文 0
169 後生に告ぐ遺訓かな終戦忌 よも 0
170 ミラーボールに照らされ稼ぐ裸かな 我楽句多 1 せいち
171 古日記紙魚に喰われし若き夢 くらっ太 3 洋一_山水_ウサウサ
172 家代々学問嫌ひ秋刀魚焼く 和美 2 秀昭_百合
173 気懸りの草ひく朝や心満つ ふみ 0
174 表札はまだ夫のまま苧殻焚く ただお 2 リツコ_苦茶
175 蝉の声途切れこの世の割れ目かな 孫悟空 1 野夫
176 寂しん坊七夕に逝き給ひけり リツコ 2 名負人_さっちん
177 青簾れ行く風来る風浜の宿 気儘 3 かずえ_花埜_かずえ
178 手話でする平和演説雲の峰 山水 3 風来_二石_望天
179 船頭の笠におはぐろとんぼかな みづほ 2 敬和_たかし
180 炎昼や町中にある変電所 風太郎 0
181 軒下の隅にかけたる麦藁帽 郁文 1 帆里
182 夏祭り王朝絵巻牛車行く 由紀子 1 信信
183 住職は九十一の盂蘭盆会 健作 0
184 炎天のベランダ光る鳥のフン ハセオ 1 いきか
185 ファインダーの峰を動かず夏の雲 石井誠 0
186 微笑みの花弁を撒くやヤマホロシ 縁矢 0
187 釣人の引きに合はする日向水 三男 0
188 父が来る「よう」と手をあげ茄子の馬 ヨシ 2 ある日_柚子
189 短夜や独り寝の床広かりき 大谷如水 1 けん桜
190 夏海や二階窓へと風立ちぬ 花埜 0
191 秀頼の愛した庭の桔梗かな ある日 0
192 山躑躅散りばめ下る猊鼻渓 松の 0
193 住む人のなき故郷や立葵 喜太郎 1 光雲
194 鳥海の山脈添ふて雲の峰 花埜 0
195 「特別のご配慮」いまだ沖縄忌 八郎 0
196 黙読の中也の詩集秋近し せつこ 3 ただお_花埜_美登里
197 管楽器響く校舎や雲の峰 けん桜 6 くらっ太_あつこ_由紀子_ハセオ_喜太郎_与志魚
198 好きだよと言えずトマトの湯剥きする かずえ 2 孫悟空_鋭次