1 短夜やコンビニ通い中高生 なつ子 0
2 野の百合の白さ束ねる香かな 帆里 5 あつこ_ウサウサ_春子_駄芭_望天
3 藻の花にしばし濁世の些事忘る 一喜 3 我楽句多_与志魚 _如水
4 早苗饗や男ばかりが酒を飲み 燈穂 1 ひろ志
5 水底を滑りゆく影みずすまし くらっ太 3 海風_燈穂 _惠啓
6 父の日や差しつ差されつもう一度 八郎 0
7 枡酒のこぼれむばかり初鰹 ひろ志 13 ただお_喜太郎_三男_秀昭_あつこ_ふみ_三拍_ひろし_しゅう_二石_仙郷_新月_茂樹
8 たどり来て滝ひと筋に憩ひ居り たかひろ 1 無有
9 玉葱の甘さが匂ふ日暮れかな リツコ 2 美登里_百合
10 もう礫届かぬボール夏の川 二石 0
11 白鳥城めざす蹄の音涼し あつこ 0
12 遠雷や遠くの山を浮き彫りに 岩魚 3 秀昭_郁文_まさよ
13 手ごろな木占領したる凌霄花 健作 2 松の _いきか
14 父の日や苦労話が酒のあて まさよ 2 うらら_いつせ
15 夏川に浮き輪が浮かぶ雲浮かぶ 信信 0
16 透明なせせらぎの音蛍待つ 秀昭 3 かずえ _春子_しゅう
17 青柿の葉隠れなるもでかきかな はるじ 0
18 柳蔭寄席の余韻や床涼み 美登里 0
19 乱鶯の早く早くと鳴く夜明 信信 0
20 教会を捨ておき街の色日傘 名負人 0
21 ガスホルダー洗ひ上げたる大夕立 茂樹 2 我楽句多_燈穂
22 朝虹や玉子を割れば黄身二つ 蓉子 2 無有_みづほ
23 可不可無く迎ふる米寿蟻の道 はるじ 5 三男_凡士_山水_鋭次_一葉
24 本名を知らぬ女と冷し酒 ヨシ 4 しんい_風太郎_光枝_茂樹
25 はびこる根成長できぬ夏の草 いきか 0
26 蜜豆や黙にて妻のふくみ笑み 瞳人 0
27 夜景の灯ぽつかり暗き夏の海 与志魚 2 ふみ_花埜
28 紫陽花やブーケの如く咲ゐてをり 矢野敬和 1 なつ子
29 高跳びの棒のしなりや雲の峰 荒一葉 17 デラシネ_くらっ太_絮_かずえ _三拍_燈穂 _ひろ志_野夫_岩魚_縁矢_蓉子_八郎_とえ_駄芭_つかさ_はるじ_かいこ
30 ベルト巻き忘れし輩更衣 二石 0
31 いつしかに文学老女藍浴衣 和美 2 与志魚 _たかし
32 遠泳終ふ太平洋の水零し 秀昭 2 えいこ_山水
33 瀬の音やシュラフに繭となりゆけり デラシネ 1 縁矢
34 結果出るまでの日常ひややっこ ほのる 4 デラシネ_ヨシ_凡士_けん桜
35 紫陽花の片袖濡らす明月院 光枝 0
36 麦飯やこれは何かと若き人 杉山駄芭 1 孫悟空
37 桜桃や較ぶることのなき暮し 山歩 0
38 峯雲やまだ遠くいる散水車 喜太郎 0
39 祭鱧かほに似ぬあぢあのお人 瞳人 0
40 夏の星掬ふ光の観覧車 あつこ 4 海風_けん桜_鋭次_はるじ
41 推敲亭に一句詠まんや燕子花 デラシネ 0
42 夏山やケーブルカーを滑らせて 風子 2 帆里_岩魚
43 周回する星よランダムな蛍よ 蓉子 0
44 黒南風やきいきいと鳴る風見鶏 燈穂 0
45 地に響くコントラバスや牛蛙 ひろし 7 健作_敬和_こゆき_とえ_美登里_如水_茂樹
46 羅や耳にピアスの穴二つ 風来 4 敬和_喜太郎_うつろひ_光枝
47 水面には睡蓮の花かめに浮き あけび庵 0
48 夕焼に小焼を加へ散歩道 苦茶 0
49 ででむしの半歩半歩の思案かな 伸泰 5 せつこ_風来_えいこ_ひろし_いきか
50 お中元ライン行き交う御礼状 由紀子 1 卯月
51 梅雨寒や袋に余る処方薬 くらっ太 4 松の _デラシネ_風太郎_つかさ
52 博多帯きりりと締めて夏祭り ただお 0
53 着任の転居通知や夏至過ぎて 望天 0
54 1人居間 垂れた普段着 梅雨寒し 冬花 0
55 手のひらの器にともる蛍かな 百合 5 あつこ_帆里_蓉子_由紀子_和美
56 父の日や娘(こ)からの歳時記めくり過ぐ 仙郷 0
57 桑の実や食めばなつかし舌の色 とえ 1 ふみ
58 田水張る豊かな実り願ひつつ ひろし 0
59 舵取りは妻に任せて桜鯛 新月 3 瞳人_帆里_まさよ
60 好きですと言つてもみたしさくらんぼ みづほ 5 伸泰_ある日_一喜_縁矢_百合
61 潮溜まりくるぶしまでの涼気かな うつろひ 2 孫悟空_気儘
62 金魚田や草間彌生の世界見る 郁文 1 松の
63 縄文の杉より梅雨の生まれけり 海風 5 くらっ太_ハセオ_ある日_山水_リツコ
64 庭先に老の目算草むしり 北山久 0
65 臍隠す必要の無き梅雨の明け 健作 1 まさよ
66 おが屑にまみれて汗の木綿シャツ たかし 2 ほのる_みづほ
67 父の日や「森伊蔵」手に娘婿 我楽句多 0
68 物増へて余生重たき衣更 宮内和彦 0
69 デパートに並び華やか水中花 森本哲雄 0
70 夏草や不法投棄の旗の列 喜太郎 0
71 青竹の器に蜜の心太 うらら 0
72 公園を忘れて仕舞ふ灼ける道 いきか 0
73 あれこれと独りごち居る更衣 北山久 1 ほのる
74 アロハ着て吾が青春のサングラス 卯月 2 孫悟空_由紀子
75 青芒音無き雨を滴らす ほのる 1 こゆき
76  夕暮れのひと働きや冷奴 ふみ 1 風子
77 夕立や雫の跳ねる散歩道 無有 0
78 初蝉や社の森に子らの声 つかさ 0
79 滝を見る草書の手紙読むごとく 山水 3 敬和_春子_名負人
80 サンダルに令和を伸びる足の丈 苦茶 1 さっちん
81 紫陽花を手まりに雨は遊びけり 柚子 2 仙郷_望天
82 ワクチンの接種キャンセル蝉時雨 岩魚 0
83 釣り糸の宙に一閃晩夏光 岡田絮 6 哲雄_しんい_せつこ_とえ_柚子 _かいこ
84 夏だねと声たからかに女学生 かずえ 1 ヨシ
85 晩年は花に囲まれ蝸牛 こゆき 2 惠啓_和彦
86 空蝉を胸に来賓おままごと 三矢惠啓 0
87 燃えさしの余生へ啜る冷し麦 しんい 0
88 アカシヤの万の花房風に揺れ 卯月 0
89 しゃっきりと伸ばす背筋や夏立てり さつき 0
90 夏蜜柑ひとつ子規の埋髪塔 風太郎 0
91 大夕立街の落書を叩きをり 三拍 2 ヨシ_小石日和
92 杉の山西日の龍の天頂に 野夫 0
93 片陰や行き交う人の朝の声 春子 0
94 西日差す老舗駄菓子屋子等の基地 三矢惠啓 3 哲雄_うらら_苦茶
95 梅雨寒の老々介護ひとりごと とえ 3 ただお_よも_花埜
96 長男の誕生日なり沖縄忌 百合 1 ハセオ
97 あざやかに虹を織りなす瀑布かな たかし 1 たかひろ
98 病葉やカタカナ多き処方箋 鋭次 4 ただお_瞳人_卯月_一葉
99 かき氷ゆっり微笑む妻の顔 武次 0
100 教科書にコーヒーのしみ半夏生 望天 4 さっちん_いつせ_伸泰_たかし
101 守宮鳴く明日は発つ夜の西表 岡田絮 0
102 降り出して煙る慈照寺苔の花 けん桜 1 ひろ志
103 手の平の憂うつ揺らす団扇かな せつこ 0
104 物干しや蟻は廊下にさ迷ひぬ 仲村三男 0
105 花えごの震へ焦土のウクライナ ひろ志 0
106 一っ籠わっと盛り上げさくらんぼ 縁矢 0
107 一斉に休憩タイムあるプール いつせ 0
108 サングラスかけて無口でゐたりけり ハセオ 3 しんい_ひろし_和美
109 能面のまなこ涼しく恐ろしく みづほ 3 徹_うつろひ_なつ子
110 玉葱の半分はサラダに昼の月 花埜 1 無有
111 水底を走りし綺羅や鮎の影 けん桜 1 たかひろ
112 お覚悟の時をあたえて蜘蛛が寄る 名負人 2 苦茶_けん桜
113 真顔して孫と競ひし草矢かな 茂樹 1 よも
114 白昼の夢は安らか合歓の花 花埜 4 惠啓_和彦_二石_和美
115 どくだみに 実弟訃報 懺悔花 冬花 0
116 大粒の雨にも負けぬ日傘かな なつ子 0
117 ふるさとの風はひらがな合歓の花 宮内和彦 7 喜太郎_うらら_与志魚 _気儘 _鋭次_風子_一葉
118 梅雨入りや中島みゆき独り聴く 矢野敬和 1 望天
119 野良地蔵手に置く梅の青さかな つかさ 1 仙郷
120 忽然と陰葉くぐる夏の蝶 よも 0
121 緑蔭や遊び疲れし河馬の嬰 風太郎 0
122 梅雨晴れやまるで園児ら女児ばかり ウサウサ 0
123 飛び交へる蛍の中に入りけり しゅう 1 えいこ
124 前をゆく白きうなじに蛍の火 一喜 3 健作_野夫_如水
125 無花果熟す鳥追ひ用の缶吊るし いつせ 0
126 地にはえて夏草は陽にジリジリと あけび庵 0
127 寝れぬ夜や足に絡まる夏蒲団 ヨシ 2 蓉子_柚子
128 爽やかに素足をまとう藺草の香 由紀子 0
129 ブルトレは昭和のころを明け急ぐ 和美 0
130 先斗町白きうなじや夕薄暑 大谷如水 0
131 夏至の日に素麺すすり音長し 無有 0
132 ホトトギスたどり着きたる風の峰 たかひろ 0
133 夏帽をくしゃと丸めて参拝す うつろひ 6 ハセオ_信信_郁文_一喜_二石_百合
134 玉葱の日保ち転がす旨味かな 仲村三男 0
135 何事もなきが如くに汗垂る 伸泰 0
136 梅雨晴や庭は見事な草の国 風子 0
137 南吹く千里ケ浜の白帆かな 気儘 1 秀昭
138 箱根古道腰を屈めば草茂る よも 0
139 桜実となる君はまうゐない しゅう 0
140 山迫るサービスエリア夏つばめ 与志魚 1 たかひろ
141 五百羅漢の俯き加減半夏生 ハセオ 1 風来
142 その奥に古寺ぽつねんと青楓 リツコ 1 いつせ
143 木漏れ日は神のささやき蜆蝶 柚子 6 徹_ある日_和彦_リツコ_風子_駄芭
144 学生は未来を思ふ青田道 森本哲雄 0
145 夏の山二十年車の追いかける さっちん 0
146 一人だけ和装で参加濃紫陽花 小石日和 1 山歩
147 明易やニ度寝を誘ふ鳥の声 海風 2 徹_信信
148 荒梅雨や描き損じ画布塗りつぶす 小石日和 0
149 名札立つあやめと並ぶ杜若 郁文 1 かずえ
150 梅雨曇散髪椅子の一眠り 山歩 1 うつろひ
151 母衣を背に出陣待つや熊谷草 かいこ 0
152 白南風や金曜日にはカレー食ぶ 風来 0
153 夏虫や居どころなしで草を噛む 武次 0
154 秋澄みて読経の響く初参り ある日 0
155 しづかなる一局終えて心太 山水 3 三拍_しゅう_新月
156 塗り立てのペンキの匂ふ蜥蜴かな 大谷如水 2 一喜_いきか
157 軽鴨の子に餌をやる僧や心字池 光枝 0
158 神域の紙垂ひらひらり薄暑光 新月 0
159 マンモスの絶滅の謎風青し うらら 3 風来_ほのる_柚子
160 雨蛙憂きことおもふ吾もひとり ふみ 1 名負人
161 梅雨入りやレインシューズの青を買う かずえ 1 伸泰
162 紫陽花や葉の雫ひとつ落つる朝 ある日 0
163 青山椒噛めば風吹く口の中 凡士 6 くらっ太_信信_海風_郁文_ウサウサ_美登里
164 作り手の名も旨そうな夏大根 野夫 0
165 短夜のグーグルマップ眩しすぎ 孫悟空 0
166 里山の夕焼け色の水田かな 気儘 1 凡士
167 花栗の絡まり合ふやうす曇り せつこ 0
168 本棚に手の届く距離涼しかり 斉藤徹 1 小石日和
169 明日装ふ浴衣に風を通しけり ウサウサ 1 風太郎
170 告白は恥じらい勝ちに滝の前 えいこ 2 山歩_たかし
171 すれ違ふ男と女余花の街 帆里 2 八郎_名負人
172 朝顔の行灯仕立て古バケツ ただお 2 よも_みづほ
173 四ひらの名ダンスパーティで楽しけり 春子 1 健作
174 口ずさむ曲はイマジンサングラス 荒一葉 0
175 コーヒーの香の窓にゆれ藤の花 松の 0
176 あの人にもこの人にもとさくらんぼ 縁矢 1 さっちん
177 梅雨寒や風呂の温度を一度上げ 八郎 0
178 白扇のわづかに開き走り滝 こゆき 0
179 万緑や大吊橋のど真ん中 えいこ 11 絮_哲雄_小石日和_光枝_野夫_岩魚_八郎_気儘 _新月_つかさ_由紀子
180 どの部屋も主人の顔して扇風機 孫悟空 3 瞳人_我楽句多_リツコ
181 先生は丁寧紫陽花の道を指す さっちん 0
182 小次郎に秘剣授けし岩つばめ 我楽句多 0
183 倒木の根つこの湿り蛇の衣 しんい 0
184 車窓よりキッと睨めるグラジオラス さつき 0
185 ポストまで片陰たどる二分半 美登里 0
186 暑き日は辛口カレー熱々を 鋭次 0
187 紫陽花や垂れて地蔵の顔濡らし 仙郷 0
188 人影もまばらな酷暑選挙カー まさよ 1 かいこ
189 青草や踏み踏みしてもへこたれず 杉山駄芭 0
190 明易や散歩をせがむ犬の声 かいこ 2 山歩_三男
191 百日紅ゆきかう風に色こぼす 松の 0
192 教科書にいたづら描きや苺喰む 三拍 0
193 どの雲も笑ひだしそな夏野かな 斉藤徹 5 絮_せつこ_なつ子_こゆき_花埜
194 孵化しはや威嚇のポーズ子かまきり 凡士 4 苦茶_ウサウサ_卯月_はるじ