1 柿落葉もろとも耕す庭の畑 秋ひろ 1 うらら
2 キャンパスの闘ひ遠く源義忌 春生 1 鋭次
3 地野菜のランチの旨し秋うらら まさよ 0
4 霧の海あまねく法螺のこだまして しんい 1 眞理子
5 温め酒老いたる犬の寝息かな 美登里 5 こゆき_かずえ_デラシネ_よしよし_とえ
6 鯉のさと川の流れや錦なる かずえ 0
7 もう出でよ雲を押しのけ十五夜よ 八郎 0
8 夜学の師眠る生徒を咎めずに 森本哲雄 6 風来_卯月 _我楽句多_苦茶_春生_百合
9 身に入むや朝一番の山の風 斉藤 徹 1 しゅう
10 本堂の時代絵巻や冬隣 せつこ 1 眞理子
11 晩秋の夜にぽつりとつぶやけり 帆里 0
12 朝一に立つ茶柱や爽気なり 岡田 絮 0
13 呼び鈴に罷り出でたるばつたかな しんい 3 ハセオ_二石 _望天
14 単線の小箱の駅や秋しぐれ 茂樹 2 あけび庵_三拍
15 「あれ」「それ」こと足る会話山笑う 奈呂 1 凡士
16 曼珠沙華剪るや命のほとばしる デラシネ 0
17 折鶴蘭ランナー下がる秋の風 たけじ 0
18 木の葉集ひストリートダンス始まれり はるじ 0
19 粕汁や海大荒れの出雲崎 百合 3 かずえ_松の_風太郎
20 ガラ系のままの携帯鳥渡る 風来 1 哲雄
21 水澄めりピント合はせし猫の髭 風子 1 さっちん
22 爽やかや七十段の丘の上 八郎 1 せつこ
23 あの子から秋いっぱいの宅配便 由紀子 3 哲雄_藤田_火星
24 落日やてっぺんの柿朱に染まり とえ 0
25 旅の地の新酒重たき鞄かな リツコ 1 如水
26 強力が運びし仏天高し 笑子 2 山水_いくよ
27 枯れ蓮やくの字への字に書きなぐる 奈呂 1 信信
28 コンビニは光りの標クリスマス 秀昭 0
29 一斉に擬宝珠の葉の末枯がるる こゆき 0
30 小鳥来る今朝の寝覚のときの声 杉山駄芭 0
31 店先に故郷の名入林檎箱 かずえ 4 郁文_ヨシ_藤田_いちり
32 花梨の実くわえられたる仔猫かな のりさん 0
33 月さやか土橋は猫の通ふ道 柚子 3 こゆき_えいこ_秋ひろ
34 在りし日の芳名帳に秋深む ひろむ 1
35 秋風や夜更けに人の話し声 ハセオ 0
36 籬まで風に乗り来る波の花 鋭次 1 与志魚
37 雲底や片手でつかむ秋の空 燈穂 4 敬和_火星_ふみ_望天
38 吾亦紅乱舞信州無言館 伸泰 1 鋭次
39 二病(ふたやまひ)と共に暮らすか秋日和 ふさこ 0
40 金銀の木犀の庭風そよぐ なつ子 0
41 手招きで呼ばるる窓辺小鳥来る 中村光枝 3 のび太_せつこ_ひろし
42 木枯しや外れ馬券を吹き上ぐる ヨシ 1 由紀子
43 友禅を山に流すか蔦もみじ 笑子 3 敬和_なつ子_駄芭
44 蒸かし芋皮むく妻とむかぬ俺 かいこ 1 如水
45 小春日を浴びて迷うかとぼけ咲き うらら 0
46 気をつけの少女の号令秋の空 のび太 1 気儘
47 踏み入りてぽきと音立つ枯野かな いくよ 2 冬菊 _まさよ
48 あそこにも そこにも ここにも 曼珠沙華 たかひろ 1 のび太
49 手に重き日の温もりの熟柿吸ふ 凡士 2 デラシネ_喜遊
50 胸ぬちに沁みる北風七七忌 浩英 0
51 すすき原風きて風の旅了る 与志魚 1 伸泰
52 猫の背に薄日集めて冬籠 リツコ 2 かずえ_由紀子
53 鮨つまむその指先に今年米 縁矢 1 郁文
54 引籠り聞き耳立てて障子貼る 帆里 0
55 園庭の泣く子笑ふ子秋高し 孝裕 1 燈穂
56 小春日やペンを試してあいうえお 与志魚 2 よも_新月
57 新米の便りは五升ひとめぼれ あけび庵 0
58 鰻釣れず文王も来ず夜沈沈 換竿 0
59 秋晴や鳶が輪を描く石舞台 大谷如水 6 絮_えいこ_風太郎_ふみ_ひろし_まさよ
60 みちのくの少し無口な初時雨 信信 2 素夢_えいこ
61 母舐める飴に歯の音秋の暮 いきか 2 ハセオ_野夫
62 細き枝揺らして落とす赤紅葉 由紀子 0
63 相生の根方囲むや曼殊沙華 なつ子 0
64 鰯雲気儘の旅の途中下車 信信 6 秀昭 _秀昭_ひろむ_笑子_ひろし_新月
65 言の葉を静かに映す秋の水 山水 2 素夢_風子
66 長き夜のゆつくり外す栞紐 秀昭 3 眞理子_冬菊 _山水
67 泣くだけで歌にならない秋の虫 あけび庵 0
68 赤とんぼコントラバスに止まりけり 百合 4 敬和_さっちん_孫悟空_いきか
69 てっぺんの熟柿にさわぐ尾長かな 岩魚 0
70 朝毎に祖母の数へる花木槿 岡田 絮 0
71 鰯雲語り尽くせぬことばかり 伸泰 1 春生
72 一日の始まり落葉掃きにけり えいこ 2 みづほ_百合
73 蓑虫や泣いて園バス降りぬらし たかし 0
74 前略とひとまず書いて長き夜 えいこ 13 風来_よも_喜遊 _苦茶_孫悟空_あけび庵_かしゅう_いくよ_まさよ_二石 _由紀子_タカシ_いきか
75 光琳の如く黄金に曼珠沙華 たかひろ 1 縁矢
76 めいめいに帰る家路や秋灯し ひろし 0
77 尺八の届くやうなる秋の月 かしゅう 0
78 百日紅花や手練れの紙細工 野夫 0
79 穫る人も盗る人もなく柿熟す 換竿 9 喜遊 _我楽句多_凡士_なつ子_野夫_春生_惠啓_如水_三拍
80 白壁のひややか目玉焼きくずす さっちん 2 たかし_三拍
81 人の世のあわただしさや早やおせち 松の 0
82 急坂の右も左も柿すだれ 燈穂 2 たかひろ_和美
83 乾鮭や化石如く並べられ 鋭次 1 しんい
84 神木を穿つ山げら神の留守 惠啓 4 ひろむ_はるじ_笑子_鋭次
85 平凡てふ雑誌懐かしいわし雲 みづほ 0
86 小春日やねんねする子の片靨 ふみ 1 よも
87 秋祭り包丁人の返り咲き 望天 0
88 生くる気の穭みどりの穂を結ぶ 火星 0
89 新藁や半分にすると言ふ努力 いきか 0
90 大南瓜やっかい事も連れ届く 野夫 0
91 新走ズウムの先に笑顔かな 三拍 0
92 黒き実やうらしまつつじ紅葉して こゆき 0
93 亡き友の星のまばたく星月夜 健作 0
94 洛北の鐘の余韻に秋寒し 気儘 0
95 坪畑や秋晴るる日に時足らず 素夢 1 気儘
96 野良猫の寝そべってゐる秋暑し 矢野敬和 2 いちり_燈穂
97 日時計の影の薄れる秋の原 浩英 0
98 月光や金粉散らし暈かぶる 弥壽江 0
99 秋の蚊を叩き損ねて空拍手 かしゅう 2 信信_よしよし
100 茶柱が立ちて小春の吉を呼ぶ うらら 2 駄芭_縁矢
101 分校の昭和を惜しむ秋時雨 とえ 1 松の
102 朝喧嘩焼き芋買ひて帰る夜 ヨシ 0
103 七五三今を八十路の五七五 いちり 3 瞳人_凡士_惠啓
104 水澄むや一筆箋に礼さらり 山水 4 哲雄_秀昭 _秀昭_はるじ
105 針穴に糸の通らぬ夜長かな タカシ 2 かしゅう_たかひろ
106 地芝居の刀は大根笑へりき 春生 0
107 句づくりについにスランプ秋の風 郁文 0
108 小三治の「マクラ」聞きおる暮の秋 風来 0
109 白雲へ五指の広がる紅葉かな 萩ノ無有 1 たかし
110 湯上がりの思い出ばなし星月夜 藤田 1 新月
111 身をいたはれ心いたはれ菊枕 みづほ 1 のりさん
112 寄せ鍋やおたがいがゐる姉妹 ふさこ 1 美登里
113 秋の夜やボジョレヌーボとシャンソンと 我楽句多 0
114 真夜中の救急車輌霜月へ 風子 0
115 紅玉を棺の吾れの胸に置け せいち 3 のび太_絮_あけび庵
116 クルーズ船よぎり飛翔の帰燕かな はるじ 0
117 秋桜を摘み仏壇を明るうす 藤田 1 よしよし
118 冬紅葉夢で自刃し蘇る 眞理子 0
119 小鳥来る空にさざなみあるごとく 和美 5 伸泰_秀昭 _郁文_二石 _風子
120 猪は泳ぎ着きしやこの海辺 望天 0
121 駐車場次々入る墓彼岸 弥壽江 0
122 川霧にすみだ大橋浮いてをり 松の 1 和美
123 新米を竈(かまど)で炊(かし)ぐ古女房 素夢 0
124 秋風に背中押されるウォークキング たけじ 0
125 野地蔵の裾あらふ雨捨子花 素秋 2 冬菊 _かしゅう
126 毒きのこアリスの身丈伸び縮み よしよし 1 ふさこ
127 庭紅葉白黒写真に母と吾と のび太 0
128 あそび田の風の饒舌秋ざくら 素秋 6 しんい_秀昭_たかし_苦茶_和彦_はるじ
129 秋の海はるかな富士も暮れてゆき しゅう 0
130 草の実を何処でお尻に嵯峨巡り 二石 0
131 神々の舞ひ降りりしかに山紅葉 せいち 1 しゅう
132 秋耕や島に畑はこの二反 凡士 4 風太郎_藤田_孫悟空_みづほ
133 吹かれきて吹かれて消へた秋の蝶 苦茶 1 さっちん
134 大往生畦を枕に捨案山子 郁文 8 和彦_なつ子_たかひろ_柚子_野夫_惠啓_とえ_望天
135 稲架になる学校田のフェンスかな 柚子 2 風来_秋ひろ
136 喧噪も街を瞠れば虫すだく よも 0
137 肌白の博多人形薄もみじ のりさん 0
138 裏山の秋らしからぬ秋の色 縁矢 0
139 秋風の抜ける山門大草鞋 風太郎 5 伸泰_卯月 _我楽句多_火星_タカシ
140 老骨のとろけ心地や小春光 瞳人 1 いちり
141 秋の暮ハモニカ吹いて過去未来 宮内和彦 1 ふさこ
142 胸ぬちに沁みる北風白木舟 岩魚 0
143 ひと色となり枯れゆきぬすすき原 いくよ 0
144 血圧の折線グラフ冬に入る 卯月 1 和彦
145 山鳩も猿も狙ひし落花生 せつこ 1 いきか
146 畳屋が畳抱へて萩の庭 タカシ 5 こゆき_デラシネ_ヨシ_山水_いくよ
147 ぽつぽつと落暉に映ゆる帰り花 ふみ 2 ひろむ_ふみ
148 寝室を隔つ夜長の窓明り よも 0
149 神島を巡りて迅し秋の潮 茂樹 0
150 吾が前になに示さむや吾亦紅 喜遊 0
151 廃家にも暮しの名残り栗落つる 孝裕 3 うらら_与志魚_美登里
152 中秋の名月を飲むお猪口かな 健作 2 ふさこ_駄芭
153 黄昏て灯を点すごと花梨の実 大谷如水 1 のりさん
154 赤とんぼ野垂死すとも美しき 孫悟空 0
155 ラッバ吹くブリキの兵隊冷まじき ひろむ 1 柚子
156 湯を沸かす音のみひびく夜寒かな しゅう 3 卯月 _与志魚_和美
157 世の中にゆとりが戻り菊日和 いちり 1 瞳人
158 青柿やすでに葉陰に二三あり よしよし 0
159 冬に入る今日も痛みし膝小僧 かいこ 0
160 啄木鳥や川床掘って露天風呂 新月 1 百合
161 秋晴やキャッチボールの音高し 矢野敬和 1 美登里
162 木守柿婿取る話の深まりぬ たかし 3 ヨシ_素夢_秋ひろ
163 やや寒や呼ばずとも来る勝手猫 我楽句多 0
164 外灯の夜霧に張り合ふ裏小路 北山久 0
165 急坂の峠を越えん今年そば 新月 0
166 真結びのするり解けたり今年酒 デラシネ 3 松の_のりさん_柚子
167 秋夕焼指輪を渡すタイミング 森本哲雄 1 しゅう
168 外は冬銀河 内は牡丹鍋 眞理子 0
169 秋風やひと風呂浴びて縁側に 和美 0
170 木の実降る森にドレミの調べかな 宮内和彦 3 ハセオ_健作_とえ
171 天高し鯨のような雲一つ まさよ 3 せつこ_笑子_健作
172 霜降や青菜を覆う里景色 萩ノ無有 0
173 歩けなくなるまで歩く草の花 斉藤 徹 0
174 秋蝶の何処とも泣く現れし 風太郎 0
175 蹴つまづき地べた顎打つ神の留守 瞳人 1 縁矢
176 枯葉かと動く子猫を拾いけり 孫悟空 0
177 小さき子や小鳥の墓に手を合わせ 三拍 0
178 また一年元気をもらふ今年米 中村光枝 2 健作_みづほ
179 怖がれば頃合いを見て木の実降る 二石 0
180 朝露に重く撓むや竹ぼうき 美登里 2 信信_気儘
181 亀虫や触りて神の祟り知り 杉山駄芭 0
182 長き夜や病棟の灯の消えざりき 喜遊 0
183 秋さむや遮断器またも下りてくる 秋ひろ 0
184 山峡の風より迅し秋燕 ひろし 1 燈穂
185 木の実踏む昨日の悔いを数へ踏む 苦茶 1 しんい
186 露天湯に静まり瞑る秋思かな 北山久 0
187 台風来列島少し後退り 良仙 2 風子 _タカシ
188 案山子の手も借りたし村の収穫期 卯月 1 うらら
189 コスモスや赤帽子の子の列のびて さっちん 0
190 飛鳥川木の葉一枚暮れの秋 気儘 0
191 プロ野球放送なき夜蚯蚓なく ハセオ 1 瞳人
192 脱衣所に空の籐籠虫の宿 良仙 0
193 巻末に物故者名簿そぞろ寒 火星 0
194 味噌汁の温みに和む朝の冷 惠啓 0