1 過去形の母は美し曼珠沙華 宮内和彦 2 珠雨_いきか
2 深々と闇の更けゆく夜長かな ひろし 0
3 名月や寝静まりたる町照らし 珠雨 1 由紀子
4 しばらく虫の宿なる登窯 茂樹 2 鋭次_百合
5 名月や寝落ちの振りの膝枕 縁矢 2 山水_よも
6 粛々と祝詞流るる秋祭り ふみ 1 気儘
7 句種尽き頭空つぽ冬隣 帆里 0
8 買い手なき宅地芒の生い茂る よしよし 2 あけび庵_惠啓
9 テーブルの林檎に吾子の歯形かな かしゅう 2 リツコ_風子
10 風の盆心を盗み男舞う 笑子 1 とえ
11 ごった煮の一膳そぐふ濁酒 北山久 0
12 一休み差し出す指へ蜻蛉寄る よも 0
13 こほろぎや餃子十個を待つ屋台 いくよ 2 松の_まさよ
14 風止んで案山子に星の生れけり 与志魚 3 秀昭_徹_みづほ
15 まだ少し旅の疲れよ法師蝉 風太郎 0
16 ぽつねんと苅田のすみの竣工碑 秋ひろ 2 望天_たかひろ
17 カーナビの道途絶へたり吾亦紅 デラシネ 4 孫悟空_ハセオ_三拍_望天
18 焼き鯊の出汁のとろろで三杯目 鋭次 0
19 イケメンの案山子もとより役立たず 火星 1 ひろし
20 熟れごろの無花果くちる雨雫 とえ 0
21 轟きの塩屋岬の天高し いちり 0
22 ジンギスカンもやし山盛りビール酌む こゆき 0
23 墓石に寂の一文字秋夕焼 ふさこ 3 眞理子_たかし_和美
24 「京式部」てふ新米の光かな せいち 1 珠雨
25 梨狩や子にせがまるる肩車 風来 1 哲雄
26 今時分掃除機鳴ってゐる夜長 二石 0
27 また増えし食後の薬糸瓜の忌 郁文 8 松の_しんい _瞳人_笑子_まさよ_鋭次_卯月_ふさこ
28 炎天の今を生き抜くパラ選手 杉山駄芭 1 かずえ
29 せがまれて箸にて月を挟みけり のび太 2 凡士 _駄芭
30 県境の川越え来たり雁の棹 我楽句多 0
31 甘藷めし湯気の匂ひのほの甘き のりさん 1 美登里
32 撓ふ竿鱸にあらで夕陽釣る 望天 1 与志魚
33 朝顔や庇の低き家ばかり 百合 3 よしよし_弥太郎_柚子
34 鬼やんま乗せて彼岸へ渡し舟 野夫 6 徹_リツコ_我楽句多_和彦_えいこ_こゆき
35 円覚寺声明の節秋の声 信信 1 のりさん
36 遠くへと飛べる風待つ草の絮 苦茶 2 うらら_春生
37 比類なき秋夕焼けに街染むる 気儘 1 由紀子
38 遊び女の墓域縁取る曼殊沙華 惠啓 1 哲雄
39 蟷螂のどす利かす目と睨めっこ 八郎 0
40 コスモスの向こうに鷺と耕運機 まさよ 3 舞夏_なつ子_美登里
41 秋の浜波引けば砂すこし追ふ 与志魚 3 藤田_燈穂_風来
42 茶の花やかくれんぼうの鼻の先 燈穂 0
43 駐車場がら空き川の水澄んで いきか 1 かしゅう
44 厨終へ母と眺むる今日の月 ふさこ 1 惠啓
45 蟲集く開拓村の集会所 春生 1 風来
46 揺れ止まず孤高に抜けし花芒 いくよ 0
47 警官も板前もゐて夜学の灯 凡士 11 孝裕_火星_郁文 _かずえ_のりさん_秋ひろ_ハセオ_苦茶 _卯月_ふさこ_百合
48 教会の白き十字架今朝の秋 風太郎 3 よしよし_秀昭_藤田
49 銀河濃し孤独ゆたかにでんでら野 しんい 0
50 木犀や家並みを巡る水の音 柚子 4 秀昭_徹_燈穂_新月
51 腹決めて秋水かぶる石頭 北山久 0
52 デズニーの土産の缶や敬老日 こゆき 1 山水
53 三世代和気あいあいと鯊を釣る 鋭次 1 二石
54 旅了へて親子の夜長それぞれに 秀昭 1 のび太
55 妻去って月曜の午後ハゼを釣る 換竿 1 孫悟空
56 朝目覚め何を着ようか肌寒し 松の 0
57 手のひらをくすぐり回る木の実かな 卯月 5 秋ひろ_あけび庵_弥太郎_駄芭_いきか
58 3密を避けてお出かけ天高し 越刎 0
59 夜更けまで村の集ひや濁り酒 森本哲雄 2 ふみ_たかし
60 かまきりや冷えたる気さへ食ひ尽くす 望天 0
61 鬼灯が陶器の皿にのつてゐる いきか 0
62 集印を開く残暑の所沢 舞夏 0
63 丹精の里の梨売る道の駅 惠啓 0
64 山葵田を巡りて下る秋の水 かいこ 2 孝裕_縁矢
65 野良猫のそっと逃げゆく秋の暮 矢野敬和 0
66 新涼と打つて残暑と打ちなほす 火星 1 ヨシ
67 満月の仲秋ナミナミ受ケテクレ 瞳人 1 与志魚
68 穴惑ひ近くて遠き田舎道 せいち 1 風太郎
69 耄けるを手懐け二尾の秋刀魚焼く 野夫 0
70 つづれさせ細りたるこゑあはれなり のりさん 0
71 流れ星天をかすかに傷つけり 三拍 3 郁文 _ハセオ_風子
72 荒れ庭のやれ秋光の草に立つ あけび庵 0
73 峰はるか秋分の日は晴れ渡り 弥太郎 0
74 虫の夜浮身となりて眠りけり 秀昭 1 三拍
75 空の旅風に身を置く秋茜 ユクオ 0
76 瓦屋根かたかた鴉柿熟し 風子 0
77 釣られても口をへの字に鯊威張り 換竿 2 野夫_瞳人
78 虫の音の止みて闇夜の広がりぬ 矢野敬和 4 眞理子_笑子_みづほ_柚子
79 山里に秋は来にけり風教ふ かいこ 0
80 アルバムの思ひ出薄れ秋思かな 小石日和 1 いちり
81 賑やかなリハビリ室や秋高し 森本哲雄 3 こゆき_孫悟空_こゆき
82 濡れしまま花瓶に挿して貴船菊 みづほ 1 二石
83 風が呼ぶあの世この世の芒原 斉藤 徹 3 珠雨_駄芭_いつせ
84 秋の川緑の溜り悩みかな 帆里 0
85 渋と甘実る柿の木へそ曲がり 瞳人 0
86 燕帰り炊煙ひとつ峡の空 凡士 2 野夫_のりさん
87 取り忘れの洗濯物や九月尽 ハセオ 0
88 姥捨ての棚田千枚いわし雲 良仙 3 しんい _和彦_よも
89 祝い膳並ぶ馳走に迷い箸 かずえ 0
90 見上げれば今にも落ちそう笑みし栗 卯月 1 瞳人
91 からからと空の鳥籠秋の声 新月 0
92 からすうりここぞわが居と紅一点 なつ子 0
93 草刈るや虫の住みかを残しつつ 浩英 1 三拍
94 秋高しいずこで吸おうこの空気 気儘 0
95 マドンナと言われて久し酔芙蓉 郁文 0
96 稗の穂や頑固な父の背な細し せつこ 1 ふみ
97 鬼灯の吊るされてゐる柱かな リツコ 2 春生_たかし
98 きのこ飯三日天日の芳しき ふみ 0
99 秋の野に影を定めてドローン飛ぶ 浩英 0
100 秋空へドローンひかり架線引く 道子 0
101 喧嘩などけろつと忘れ初秋刀魚 健作 5 ヨシ_うらら_信信_信信_新月
102 夕映や茱萸原の波寄せかへす 風子 0
103 日本酒がいよいようまき夜寒かな 百合 0
104 モザイクの木影さす径今日の月 しんい 2 松の_望天
105 風の中ひぐらしの中山家暮る 孝裕 0
106 秋の色ご長寿犬の散歩道 美登里 1 気儘
107 待合の夜長自販機の明滅 かしゅう 1 舞夏
108 冷まじや象が描きし抽象画 良仙 0
109 判官より弁慶美男菊人形 和美 1 風太郎
110 日の落ちて家を取り込む虫しぐれ 越刎 1 縁矢
111 新しき家よき匂ひ天高し 和美 3 うらら_弥太郎_いくよ
112 探しあて信濃のカフェや赤とんぼ 秋ひろ 0
113 十三夜ごろりと草の桟敷席 ヨシ 6 敬和 _かずえ_我楽句多_凡士 _とえ _デラシネ
114 地下足袋を脱ぎて八月大名ぞ せつこ 2 デラシネ_和美
115 搾蜜や手元を通る秋の風 縁矢 1 与志魚
116 かなかなや食器戸棚に処方箋 藤田 1 二石
117 ごみ袋結ぶ手元や月明かり 道子 0
118 アルバムの父母の笑顔や曼珠沙華 杉山駄芭 2 せつこ_健作
119 電線に身を寄せ合う朝の帰燕かな よも 0
120 秋の暮郵便三日来ぬポスト 孝裕 1 和彦
121 友ありて会えない日々や十三夜 松の 0
122 赤シャツを風のかたちに着る案山子 のび太 13 よしよし_日和_せつこ_火星_信信_苦茶 _帆里_まさよ_信信_風子_いくよ_ふさこ_柚子
123 良し悪しの 人生アート 今日も描く 冬歌 0
124 新米や先づは二つの塩むすび 大谷如水 4 のび太 _健作_あけび庵_デラシネ
125 青痣の理由語らぬ夜学生 山水 2 哲雄  _風来
126 曼珠沙華死んでも伸びる髪と爪 山水 2 火星_春生
127 慰霊碑の何かも知らず彼岸花 大谷如水 0
128 秋麗や笑顔そろいて地鎮祭 かずえ 1 のび太
129 秋涼の妻のカタコトピアノかな 斉藤 徹 2 いつせ_たかひろ
130 風の波抜き手を切って薄かな 孫悟空 0
131 かなかなや長々浸かるぬるめの湯 新月 2 かしゅう_いつせ
132 旅先の最後の夜のとろろ汁 珠雨 0
133 烏賊舟で太鼓が鳴るや秋祭 たかし 1 いくよ
134 新蕎麦を打つ学校の調理室 春生 0
135 色鳥や庭仕事にも日の漏るる 弥太郎 0
136 稲穂たれ手拍子一つ群れ飛びし ユクオ 0
137 胸を刺す標本箱の飛蝗かな ひろし 3 こゆき_凡士 _帆里
138 表札はローマ字蓑虫揺れてゐる たかし 0
139 秋遍路床屋の鏡通り過ぎ よしよし 4 野夫_ヨシ_気儘_美登里
140 水の輪の大きく小さく秋澄めり 藤田 1 えいこ
141 鳳仙花庫裡より子等の笑ひごゑ 柚子 2 日和_新月
142 夜業終へボジョレヌーボー待つ家へ えいこ 2 みづほ_和美
143 「金蔵」の父の名を継ぐ案山子かな 燈穂 0
144 月裏に隠れん坊の兎をり なつ子 1 帆里
145 秋天や高層窓の作業ロボ デラシネ 1 日和
146 殿様や飛蝗と蛙の面構え 孫悟空 0
147 コロナ禍や校門寂し運動会 八郎 0
148 鬼灯の灯火あまた灯りにけり 眞理子 0
149 寝転びてめくる書重しちちろ虫 三拍 2 笑子_えいこ
150 路地裏の躊躇う片足蓼の花 信信 0
151 花手水流るる日々の秋思かな 三箸 0
152 侘び寂びは心で見る美吾亦紅 うらら 0
153 選ばれて選びてここに菊の花 苦茶 1 せつこ
154 大空の端まで続く花野かな 三箸 4 リツコ_ひろし_よも_たかひろ
155 この膝に愛猫のなき月夜かな えいこ 3 眞理子_こゆき_こゆき
156 七丁目濃い目に香る金木犀 いちり 1 舞夏
157 秋晴れや五千を目指す万歩計 伊達 1 いちり
158 秋気澄む読書決めこむ代休日 美登里 0
159 惚けなどはどこ吹く風の茗荷汁 健作 0
160 夕景や土手に飛び火の曼殊沙華 とえ 4 健作_ひろし_ふみ_縁矢
161 次はどの峰を征さん夜の秋 二石 0
162 長病みの母をなだめて夜長かな 笑子 0
163 秋風に夕日優しき帰路に着く 伊達 1 いきか
164 風立ちぬ そろそろ 電話してみるか 結女 0
165 露の世に生まれ死にゆくこの身かな 我楽句多 0
166 行き先を 忘れしブーツと パスポート 結女 0
167 催事場汗し控えるペアルック 舞夏 0
168 晩年は色なきこころ秋の水 宮内和彦 2 藤田_卯月
169 新松子古りし母校の時計塔 小石日和 4 しんい _敬和 _かしゅう_なつ子
170 カーテンを替へて風呼ぶ今朝の秋 リツコ 8 孝裕_燈穂_信信_秋ひろ_苦茶 _風太郎_信信_由紀子
171 群れなして気焔上げるや曼殊沙華 風来 0
172 空砲を撃ちたきほどの稲雀 茂樹 3 我楽句多_なつ子_百合
173 秋燕帆船の帆を超えゆけり 眞理子 1 敬和
174 マカロンや干して真白の紙粘土 あけび庵 0
175 墨筆の草書のかすれ秋深む うらら 3 山水_いちり_鋭次
176 陽に抱かれ甘さ育てる吊し柿 ヨシ 2 郁文 _とえ
177 空家隅 誰偲ぶか 彼岸花 冬歌 0
178 鶏頭の花をにはとり飛び越える みづほ 0
179 脈々と掘割水路豊の秋 ハセオ 1 惠啓
180 鉈持ちて夫の出番や南瓜切る まさよ 0