1 いきいきと頬つやつやとさくらんぼ 斎藤徹 0
2 噴水の驕りは刹那吹き散りぬ いつせ 1 越刎越刎
3 夏富士や樹海は人を寄せつけず 森本哲雄 1 しゅう
4 ひぐらしや別れの涙とどまらず しゅう 0
5 フロントに墨の色濃し笹飾り さっちん 1 しゅう
6 初蝉の校庭内に健診車 松の 1 たかし
7 川音に被せるように蝉時雨 のりさん 2 かいこ_秋ひろ
8 湯上がりのどかと座れる扇風機 燈穂 2 デラシネ_三拍
9 花ざくろ二度建て替へし我が生家 はなまる 0
10 影二つ並べて帰る月の道 光枝 1 卯月
11 泉屋に髪ととのえし妣の影 ふみ 0
12 パラソルや日がな一日蜂を見る 縁矢 0
13 一発のパンチの為に汗をかく 苦茶 0
14 蝉時雨あびてしとどの散歩かな かずえ 2 松の_名負人
15 野良着干す峡の庭先日日草 風太郎 6 デラシネ_気儘_卯月_いつせ_のんき_ふさこ
16 盆休みしょせん余生は不如意なり 名負人 1 哲雄
17 天空に発色したる揚羽蝶 ひろし 0
18 落し文配達びとは野辺の風 のりさん 2 さっちん _柚子
19 熊蝉の飛び違ひたる朝かな 嘉門生造 0
20 夏氷ふわふわ匙の沈みゆく うらら 1 とえ
21 車椅子の子の膝に置く山の百合 春生 0
22 暮れきつて沖は明るし冷し酒 たかし 4 藤田_ハセオ_燈穂_駄芭
23 月涼し帯のとぐろの中に座す デラシネ 1 はなまる
24 逆上り背に父の手や夕焼雲 のび太 3 風来_孝裕_凡士
25 向日葵やバッキンガムの近衛兵 八郎 0
26 涼風や ちらり顔出す 黄色花 信宏 0
27 つつぱしるバイク突っ切り夏燕 ふさこ 1 百合
28 新たなる熊の警告登山口 郁文 0
29 大叔母のハモニカ涼し浦の夕 岡田 絮 0
30 我ひとり夜釣りの川に蛍舞う 一竿 3 哲雄_信信_いきか
31 千秋楽プロレス見せた名古屋場所 瞳人 0
32 初嵐缶モビールの錆びた音 のんき 0
33 白髪に少しカールを今朝の秋 いくよ 6 しゅう_風太郎_縁矢_風子_柚子_秋ひろ
34 水打てば墓石じゆつと吠えにけり 健作 0
35 黒髪に青葉時雨のつややかさ とえ 0
36 夫に子に百合の香満てる仏間かな 佐々木冬 1 いくよ
37 一冊が三冊になり鰻食べ いきか 0
38 浜風にいつしか寝落ちハンモック 我楽句多 0
39 長良川群れに逆らふ鵜に声援 気儘 0
40 老シエフやナポリタンにはパセリ添え 三拍 0
41 布袋草待ち時間の間のバス二台 いきか 0
42 銭湯や団扇片手に与太話i やすのり 1 越刎越刎
43 居並びし童の臍や海開き 卯月 3 敬和_我楽句多_駄芭
44 雨傘を忘れて湑む日傘かな りぱりこ 0
45 千秋楽ことに涼しく声ひびく 秀昭 0
46 二階の子風見てるてふ青田波 北山久 0
47 ひょいと出る冷えたおしぼり夏暖簾 信信 0
48 枕せる会社四季報大昼寝 火星 4 敬和_秀昭_ハセオ_たかし
49 梅雨明けや土竜の穴の二つ三つ せつこ 0
50 帯締めをいささか緩め夏料理 新月 1 惠啓
51 昨日まで青田でありし萌葱色 風子 0
52 自宅待機死のルーレットに炎暑かな 秋ひろ 0
53 新しき畳の匂ふ昼寝かな 百合 3 三拍 _はなまる_生造
54 黒雲を連れて驟雨の通学路 とえ 1 ふみ
55 平らかに媼捌きし新真綿 デラシネ 0
56 月見酒女同士の宇宙論 かずえ 5 敬和_絮_山水_いつせ_与志魚
57 新しき人立ち上がる昼寝覚 孫悟空 0
58 蜩や滅法熱き朝の粥 和美 1 新月
59 一品は竹の器の夏料理 奈呂 4 和彦_風太郎_生造_百合
60 快音のボールぽちゃんと蟇蛙 新月 0
61 お囃子や揃い浴衣の城下町 ふみ 1 冬子
62 草むしり切り上げ時の電話かな 小石日和 1 ヨシ
63 花南天売家の札のまた一年 孝裕 4 日和_まさよ_のんき_望天
64 水換えて目高の泳ぎ速くなり りぱりこ 1 和美
65 空蝉の爪に力の残りけり 大谷如水 14 せつこ_山水_燈穂_りぱりこ _笑子_弥太郎_三拍
はなまる_なつ子 _ヨシ_駄芭 _のんき_よしよし_健作
66 河童の忌夜風に流すダンディズム 翠柳 1 火星
67 警官も押し流される祭かな 森本哲雄 1 新月
68 名句など浮かばぬものよ雲の峰 矢野敬和 1 いちり
69 星三つ妻に上げてる胡瓜もみ いちり 1 松の
70 古民家に鶏飼ふ暮し鰯雲 佐々木冬 2 孝裕_ふみ
71 夏山の蕾幾千天を向く 帆里 0
72 寝覚め子の蚊遣の香を纏ひけり 三拍 1 のりさん
73 いよよ来る午後の接種の大暑かな やすのり 0
74 夕顔や洗ひ忘れの箸一膳 いつせ 2 りぱりこ _笑子
75 蛇の皮財布に仕舞ふ穴馬券 健作 1 瞳人
76 仰向けに死んだふりでさ御器かぶり 瞳人 0
77 くるくると上へ上へと朝顔よ 八郎 0
78 夕焼を見むと二階へ兄弟 藤田 0
79 晩夏光試合終へたる球児の背 凡士 2 なつ子 _美登里
80 夕立に嬉々と終へり野良仕事 リツコ 0
81 さよならは言はぬ夏帽握りしむ 山水 3 しんい _凡士_名負人
82 斑猫の纏わりつきし神の庭 せつこ 0
83 緑蔭や風の集まる木のベンチ 風太郎 6 秀昭_藤田_我楽句多_かいこ_卯月_いきか
84 ひび割れの心は固し水中花 笑子 0
85 満々と青田の村や旅ひとり 与志魚 0
86 貝風鈴妻は南国海育ち 宮内和彦 4 のび太_絮_風来_名負人
87 百合の香や家居の時間ただ長く 藤田 1 まさよ
88 逃げ水やけんさん走らざるこの道 渡辺容子 0
89 愛されし誇り衣桁の夏羽織 名負人 0
90 盂蘭盆会インターホンに僧の声 ヨシ 3 ハセオ_帆里_卯月
91 小間切れに映る小船に夏の風 秋ひろ 1 さっちん
92 五月闇いまだ熱持つオートバイ はなまる 0
93 引つ越しの人を囲みし冷し酒 しゅう 0
94 浮き沈む坂下の街稲光 風子 1 さっちん
95 秋桐や米寿の恩師究めたり 望天 0
96 太陽も汗も目に入る大飛球 二石 3 凡士_容子_みづほ
97 競ひ合ふ隣同士や夏花壇 二石 1 由紀子
98 自販機の完熟トマト陽に誇る のんき 0
99 打球追う実況中継赤とんぼ 柚子 1 由紀子
100 瑠璃茉莉咲くにまかせて夏の色 翠柳 1 日和
101 かきくもり雷雨急襲逃げ場無し 由紀子 0
102 すれちがう粋な浴衣や江戸小紋 うらら 2 越刎越刎_とえ
103 鉄骨の柱吊りあぐ大暑かな 弥太郎 4 秀昭_リツコ _やすのり_如水
104 海臨む外湯にひとり月涼し えいこ 2 美登里_みづほ
105 空蝉や宛名不明の付箋あり 笑子 3 新月_風子_よしよし
106 遠泳や太平洋のこの広さ 苦茶 0
107 借景に炎ゆらめく大文字 しんい 2 うらら_のりさん
108 キャンプの火消したる空や天の川 与志魚 1 のび太
109 母のものしばし広げて土曜干し こゆき 1 なつ子
110 腹見せたボート一艘晩夏光 良仙 1 ふさこ
111 蟻の道砂満載のダンプカー 良仙 0
112 富士山へ青年龍太草矢打つ たかし 1 苦茶
113 王手飛車喰らひて止まる団扇かな 大谷如水 6 リツコ _我楽句多_瞳人 _孫悟空_ヨシ_健作
114 初蝉やぶつかりながら逃げてゆく 矢野敬和 2 孫悟空_よしよし
115 炎天の街を鎮める雨となる 松の 1 和美
116 大声に読み上げ算や蝉しぐれ 凡士 2 ふみ_縁矢
117 白日傘木洩れ日色に染まりけり 小石日和 1 健作
118 のうぜん花海に裾野を鳥海山 こゆき 2 徹_哲雄
119 颯々と梲の家並こぼれ萩 しんい 2 松の_のりさん
120 螻蛄(けら)のこゑ土用を告ぐるけふ未明 渡辺容子 0
121 じやんけんで帰る階段夕焼雲 ひろし 7 藤田_風来_孝裕_りぱりこ _惠啓 _まさよ_ふさこ
122 かなかなや隣へ煮物のお裾分け 和美 2 如水_生造
123 雷鳴のへばりつきたる富士の肌 春生 2 容子_苦茶
124 新社員左手にスマホ右手に箸 かいこ 0
125 船虫の人影に散る忘れ潮 気儘 4 デラシネ_容子_鋭次_望天
126 人生は楽しむべきよ夏の宵 なつ子 0
127 ペディキュアは瑠璃色のラメ梅雨明けて 美登里 0
128 落日は入道雲の面火かな 浩英 0
129 砲台に大砲はなし南風 みづほ 7 徹_帆里_燈穂_冬子_いくよ_いきか_秋ひろ
130 草茂る空家に自撮り跡目かな 北山久 0
131 掛軸に円相一つ涼しけれ ヨシ 2 卯月_与志魚
132 檄飛ばすコーチ恐ろしサングラス 火星 2 孫悟空_二石
133 鮎解禁夫は勇みて竿折りて よしよし 0
134 夏空に憂ひの種を放りけり リツコ 0
135 好きは好嫌ひは嫌ひ冷奴 百合 3 火星_和彦_縁矢
136 梅五キロ色よく仕上がるしあわせよ 光枝 0
137 蚊の痕が茶髪男子の首筋に まさよ 0
138 威勢よくかぶりつけよと西瓜切る 柚子 1 惠啓
139 寝不足に気合いを入れん冷し瓜 美登里 0
140 夏シャツやアルバムの少年は父 のび太 3 絮_リツコ _うらら
141 風鈴の音がもてなしの学生寮 斎藤徹 0
142 白玉や写真の母はすまし顔 風来 1 せつこ
143 渓流の音の中なる岩魚釣 卯月 0
144 入道雲崩るを眺め旅の酒 一竿 0
145 一日を開いて閉じて海月かな 岡田 絮 7 のび太_山水_和彦_かいこ_気儘_風子_柚子
146 酢を醸す甕が三千夏の月 みづほ 5 しんい _如水_火星_いつせ_与志魚
147 冷え冷えの麦茶傍へのわが時間 いくよ 0
148 アイスクリーム掘る匙の上そり返し ハセオ 0
149 蝉の穴指で計りし深さかな 鋭次 0
150 小さけどツヤツヤイボのゴーヤころりん さっちん 0
151 夏草に埋もれて鉢の山野草 浩英 1 美登里
152 客のいぬ競技場なり蝉時雨 杉山駄芭 0
153 彼方より滝の音聞こゆ青葉闇 信信 1 望天
154 余生とはほぼ雑事なり雲の峰 山水 5 せつこ_浩英_鋭次_いちり_冬子
155 鏡台の減らぬ香水はや十年 帆里 4 しんい _日和_二石_たかし
156 焼さざえ開かぬや蓋に仲間の目 郁文 0
157 梅雨末期列島襲ふ山津波 越刎越刎 0
158 落つる音滾る音みな滝の中 孝裕 2 弥太郎_いくよ
159 空と海一枚にして梅雨入りかな 越刎越刎 1 苦茶
160 甘嚙みしじゃれる仔犬と梅雨籠り かいこ 0
161 熊蝉やいま鳴いておかなければと 燈穂 0
162 蛍火を追うて小川の夕涼み 由紀子 2 やすのり_信信
163 画面越し久闊を叙す帰省かな なつ子 0
164 糸とんぼあなたと呼ばれ針通す 縁矢 0
165 列をなす千円床屋梅雨明ける まさよ 0
166 どつかりと雲が座れる猛暑かな えいこ 3 卯月_百合_和美
167 寝静まる白夜の街にカンパネラ 三矢惠啓 0
168 天辺の不揃いのまま噴水す 風来 0
169 日盛りや 家を乗っ取る つるかずら 信宏 0
170 万緑や古墳に錆し鍵掛かる 鋭次 1 とえ
171 暑き日のテレビの中の五輪かな 杉山駄芭 1 浩英
172 クシャミして星の数ほど記憶飛び 奈呂 0
173 疎開して今や八十路の終戦日 いちり 3 うらら_帆里_笑子
174 夏草の背丈超えるや恐ろしき 孫悟空 0
175 蓮の葉を傘のかはりに通り雨 我楽句多 0
176 草を引くすこし大地の罅広げ 秀昭 0
177 空隠すほどの草木梅雨明ける ふさこ 1 みづほ
178 ガチャガチャと皿洗う夫猛暑なり よしよし 0
179 冷風機一時にして蒸し暑く 望天 0
180 置手紙鬼灯一つ添へてあり 宮内和彦 2 鋭次_弥太郎
181 土用鰻どこで買うかの話して ハセオ 0
182 睡蓮や大聖堂に朝の歌 弥太郎 4 やすのり_気儘_信信_風太郎
183 自転車のふらつきつつも初西瓜 嘉門生造 2 由紀子_二石
184 恙なく生きて今年も梅漬ける 三矢惠啓 4 徹_浩英_瞳人 _いちり