1 蟇蛙武士の居住まい崩さずに 野夫 5 しんい_よしよし_我楽句多_風来 _えいこ
2 子雀の窓にあたりてつむり掻き りぱりこ 2 信信_はるじ
3 雨上がる泰山木の花凛と 鋭次 0
4 暗闇をいろどるやうに蛍舞ふ しゅう 0
5 雲の峰一直線にシーツ干す まさよ 8 秀昭_喜遊_小石日和_藤_苦茶_新月_卯月 _のんき
6 夕日受け裏返して去る夏つばめ 松の 2 気儘_えいこ
7 親指の覗く靴下三尺寝 卯月 6 笑子_我楽句多_ひろし_とえ_柚子_和美
8 単線の長き停車やのうぜん花 山水 9 りぱりこ_喜遊_デラシネ_小石日和_孝裕_まさよ_縁矢_与志魚_風子
9 姉妹とも見える親子や花菖蒲 0
10 好ましき声に出逢ひぬ蛍の夜 風来 3 笑子_孝裕_いくよ
11 朝日受け今日の始まり燕の子 きこ 0
12 メモになき甘酒買うて妻癒す 三矢惠啓 3 如水 _鋭次_与志魚
13 けふことに人間嫌ひ雲の峰 たかし 0
14 一千万民の水瓶梅雨に入る 信信 1 松の
15 イタリアの旗を掲げしヨットかな みづほ 2 孫悟空_和美
16 近寄らば汝狂はん梅雨茸 火星 0
17 胸の谷覗かせ白靴さつそうと 瞳人 0
18 白壁の夏ゆく俥夫の黒き顔 蓮利利斗 1 美登里
19 煮こぼれて麦茶香るや今日新た ふさこ 1 松の
20 己が過去あとに戻れぬ蝸牛 大谷如水 7 春生_素夢_風来 _惠啓_ヨシ_健作 _いきか
21 あやめ田に昆虫写しをる子有り 渡辺容子 0
22 梅雨寒や磁気共鳴の刻む音 ふみ 0
23 サングラス漢は涙を見せぬもの ヨシ 0
24 坪庭のあじさい白く蕎麦啜る 縁矢 1 駄芭
25 白鷺の空に預ける翼かな せつこ 1 由紀子
26 山からの風に堪えゐる早苗かな リツコ 0
27 雲染まり暮るるを待たぬ夏至の月 ふみ 2 凡士_きこ
28 朝霧の 中へ消えゆく 記憶かな シーモア玲子 0
29 華やかに天に階段立葵 孫悟空 3 さっちん _苦茶_三拍
30 玉虫のそこに七色放ちけり 矢野敬和 0
31 父の日や母の日ほどに遇されず 我楽句多 0
32 屈折のすこしゆらめき泉澄む 茫々 0
33 虫干しや針目そろいし衣かな かずえ 3 りぱりこ_笑子_ひろし
34 大海にこれより一人蛙の子 孝裕 0
35 川蝉やひすいの色の水中へ こゆき 0
36 勝名乗り受けて得意げ初鰹 新月 0
37 ベル鳴らす荷台に揺らぐビールかな 二石 0
38 大手毬の丸き丸さを風なぞり はるじ 0
39 柿若葉主治医の笑顔に癒される かいこ 0
40 かきこきと骨をならして昼寝かな 百合 1 二石
41 めめんともりめめんともりと螢舞ふ 春生 1 和美
42 佇めば貴人の心地蓮の池 春生 0
43 浴衣着し女の齢を若く言ふ 火星 0
44 新築の売り出しの旗夏の空 1 ひろし
45 称名の大地に響く瀑布かな 茂樹 1 百合
46 旧友のトンカツ厚し夏座敷 かえこ 0
47 鍵盤をたたくやうなる白雨かな のりさん 1 三拍
48 短夜やあいづちのみの長電話 苦茶 4 デラシネ_燈穂_新月_由紀子
49 ひつじ雲テストの校舎取り囲む ようこ 1 容子
50 メダカの学校ひっそりと少子化 苦茶 0
51 湯治場のこの身に余る浴衣かな 小石日和 2 ハセオ _たかし
52 メモになき甘酒買うて妻癒す 三矢惠啓 0
53 親よりもねだり上手の鹿の子かな なつ子 0
54 サングラス探す頭にサングラス えいこ 2 信信_たかし
55 先考の天に意志あり梅雨の雷 ヨシ 0
56 一日を風ばかり見て青芒 孝裕 2 新月_風子
57 蝙蝠や逢魔時を統べ治む 望天 1 せいち
58 人待ちにいくつ影行く夏のれん 笑子 1 やすのり
59 妹もぴよんと抜け出て茅の輪かな 柚子 2 リツコ_美登里
60 貴婦人を気取りて歩く薔薇の園 しゅう 0
61 紫陽花を洗ひ上げたる男雨 越刎越刎 1 のりさん
62 茗荷の子葉陰にひとつ顔を出し とえ 1 ふみ
63 朝のバトル リス追っ払う バードフィーダー シーモア玲子 0
64 路地裏の島の民宿夏至る 秋ひろ 0
65 相方をなくした金魚吾と一匹 こゆき 1
66 割って飲む焼酎の香や梅雨に入る 素夢 0
67 朝涼や老人たちの太極拳 喜遊 2 やすのり_たかし
68 あたふたと郵便受けを守宮かな リツコ 1 望天
69 新緑の吹き抜ける尾根心地よき 八郎 1 帆里
70 青梅雨や駅弁食つて地図を見て 1 しゅう
71 真つ白な雲と遊ぶやあめんばう ふさこ 8 りぱりこ_秀昭_燈穂_敬和_かいこ_縁矢_与志魚_みづほ
72 玉の汗こげば故郷四号線 かずえ 0
73 夕立ちや三つ並んだ泥団子 まさよ 6 野夫_燈穂_藤_ふさこ_容子_風子
74 県境越へて昼飯蠅も来て 帆里 0
75 農婦らの昼餉かしまし梅雨晴間 4 哲雄_よしよし_徹_美登里
76 盛土に記憶がありて夏薊 ようこ 0
77 告白は当たつて砕けよ滝の前 えいこ 1 みづほ
78 分校の授業にぎやか若葉風 森本哲雄 2 帆里 _ふみ
79 体重増えた梅雨雲の重さ分 つづきののんき 0
80 行きずりに丸薬匂ふ梅雨こうもり 0
81 よちよちの無邪気が蟻を踏みつぶす デラシネ 0
82 讃岐路の溜池いくつ牛蛙 風太郎 2 せつこ_火星
83 図書館の本を読み出す溽暑かな いきか 0
84 衣魚跡の四つ身の着物解きをり せつこ 0
85 朝顔や生れる不思議死ぬ不思議 与志魚 2 リツコ_いきか
86 ツヤ塗り立て注意柿若葉 野夫 0
87 紫陽花やデュッセルの店ありし日々 ハセオ 0
88 言づては「見舞い及ばず」深き梅雨 峰岡名負人 1 柚子
89 河童の忌をのこ着流すダンディズム 翠柳 0
90 夏帽子古びるままや子は遠し 笑子 2 如水 _風来
91 軽やかな三声を残し時鳥 燈穂 0
92 小雨ふる池を灯すや蓮の花 ハセオ 2 駄芭_望天
93 夏草や忘れられたる開拓碑 ひろし 4 のび太_卯月 _名負人_気儘
94 巡り来て父の命日沙羅の花 きこ 0
95 浜ゆうや刈られし浜の残夕日 郁文 1 きこ
96 何もないよな駅前通り低き虹 さっちん 0
97 黴匂う風に重たさあることも 松の 4 せつこ_しんい_なつ子_みづほ
98 青梅の転がる方へ猫の耳 風子 6 野夫_二石_ふさこ_いくよ_柚子_ようこ
99 石切の山に在るらし驟雨かな いくよ 1 ようこ
100 夏道場りりしきポニーテール立つ よしよし七二八 0
101 ペチュニアの赤へ長針花時計 柚子 1 凡士
102 蜘蛛の巣を髭につけ猫戻りけり 我楽句多 5 いちり_きこ_のんき_百合_健作
103 夕暮るる鹿の子百合咲く佐渡の島 気儘 0
104 紫陽花路陰一輪を隠しとり つづきののんき 0
105 紫陽花の小路が繋ぐ隣村 宮内和彦 0
106 異邦来て夢を掴まん二重虹 新月 0
107 現世に影を持たざる梅雨菌 いつせ 0
108 遠滝の白き一筋青峠 与志魚 3 松の_信信_とえ
109 雄蛍恋に破れて掌に 健作 0
110 柔和なる仏の顔の昼寝かな 矢野敬和 1
111 隠し事いつも見てゐる金魚かな やすのり 6 哲雄_火星_孫悟空_しゅう_ヨシ_百合
112 梅雨曇り終にほどほど借りの家 峰岡名負人 0
113 助手席は通院の母額の花 0
114 さりながら聖火誇らし梅雨晴れ間 光枝 2 さっちん _のんき
115 珈琲を持つ手大きし風薫る かえこ 0
116 そそり立つ山は新緑風わたる 伊達由紀子 0
117 エーゲ海のブルーさながらソーダ水 しんい 1 しゅう
118 ヤッホーと咲ける仙人掌塀の上 はるじ 0
119 青蛙グレーの服に着替え中 りぱりこ 0
120 少年の眸に会へり夏木立 秀昭 0
121 葉の裏にかげ透かしたりあをがへる 三拍 0
122 生き返る工事現場の麦茶かな 森本哲雄 2 帆里 _卯月
123 夏帯を真白にきりり一句詠め 瞳人 0
124 青葉潮追ふていつせい漁船発つ 凡士 0 ふみ_素夢
125 風青しハンガー付きの飛来物 二石 0
126 雨だれがきらりと光り燕の子 和美 0
127 分蜂を入れて周囲に花の鉢 縁矢 0
128 浜ゆうやジューンブライド白映えて 郁文 0
129 夕焼けおち水墨画となる内海かな 秋ひろ 0
130 ヨガ終へてビーガンカフェの釣忍 美登里 0
131 梅雨寒や指名手配の顔写真 帆里 0
132 留守宅の夫に白夜の旅だより 三矢惠啓 0
133 本堂の書道教室蝉時雨 のび太 6 絮_秀昭_風太郎_せいち_いちり_まさよ
134 一院の長き行列小さき蟻 蓮利利斗 0
135 回復の兆しも少し柿若葉 風太郎 1 やすのり
136 たこ焼きの丸み頬張る薄暑かな ゆぴー 0
137 葦切や木曾三川の水太し 鋭次 3 山水_せいち_縁矢
138 貝塚や縄文人も好く鮑 凡士 2 哲雄_ようこ
139 昼寝覚夕餉ひと品減らしける 美登里 0
140 ありまきや父の散髪足場にて いきか 0
141 翡翠の嘴の一瞬ズームイン しんい 0
142 親友の検査入院梅雨入かな 燈穂 0
143 やはらかな草に落ちてや鹿の角 たかし 0
144 山笑ふ気球に火焔の吹きこまれ 茂樹 0
145 遠い集落上司の見つめ入梅す さっちん 0
146 万緑を潜りて遠野物語 2 絮_火星
147 鹿児島人中元探すや道産子展 よしよし七二八 1 野夫
148 水中花ひとり暮らしとなりにけり 和美 8 瞳人_せつこ_のび太_春生_孫悟空_秋ひろ_容子_健作
149 旧道は標いつぽん月見草 秀昭 2 しんい_敬和
150 一夜干し鮎の肴に酒進む 健作 0
151 紫陽花や傘もささずに見送りて 風子 0
152 野原ゆく蛇口の乾き雲の峰 やすのり 0
153 老いの身に肴は安き冷奴 いちり 0
154 短夜や夢の続きはまた明日 伊達由紀子 1 なつ子
155 引く波の光残せり夏の海 ひろし 5 喜遊_ハセオ _ふさこ_駄芭_望天
156 草苺麦わら帽子の親子食む 信信 0
157 苞落ちて寺に凛々しき山法師 いくよ 0
158 梅干や家賃払うて五十年 百合 5 瞳人_よしよし_小石日和_ハセオ _名負人
159 ワクチンの接種確定ビール飲む 八郎 0
160 70も今は壮年夏帽子 宮内和彦 0
161 万緑といえども落葉あリにけり 素夢 0
162 すべきこと多き日の朝髪洗ふ なつ子 2 絮_まさよ
163 聖五月ふりむけば皆かぜの中 茫々 0
164 道尋ね道連れとなる夏帽子 越刎越刎 16 リツコ_のび太_デラシネ_如水 _二石_秋ひろ_鋭次_山水
苦茶_風太郎_孝裕_凡士_惠啓_のりさん_気儘_由紀子
165 父の日や病を伏せて電話切る 大谷如水 2 かいこ_ヨシ
166 目薬の滲みもあるかや梅雨晴間 喜遊 0
167 分かれ道梅雨の晴れ間に昼の月 一竿 0
168 犬の子の尻尾くるくる梅雨明ける 風来 0
169 梅雨空に名もなき花や空にもゆ とえ 0
170 晩鶯や苔の地蔵と聞澄ます 0
171 留守宅の夫に白夜の旅だより 三矢惠啓 0
172 蟻の道アスフアルトより土求め 三拍 0
173 番小屋の電球替へり額の花 山水 0
174 頼られず頼る人無し月見草 いちり 3 秋ひろ_名負人_えいこ
175 父の日や父と息子のコップ酒 のるん 0
176 密ですね口ぱくぱくと金魚たち いつせ 1 山水
177 年寄れば耳が鳴る鳴る虻の声 孫悟空 0
178 夏の風邪髪の先まで病みにけり ゆぴー 0
179 黒南風に止まり揺れてる観覧車 かいこ 2 さっちん _風太郎
180 疾かと憂ひし宵に梅雨晴れぬ 望天 0
181 いくばくの自虐もありて梅雨の釣り 一竿 0
182 待合の皆だんまりと渋団扇 デラシネ 4 敬和_藤_惠啓_三拍
183 盛夏の卓ふいうち愉し双生卵 渡辺容子 1 かいこ
184 ところ天垣根を越えて浜の風 気儘 3 素夢_いちり_いきか
185 電話かけ取れぬ予約や新茶汲む 杉山駄芭 0
186 ルリマツリ咲くにまかせて空の碧 翠柳 0
187 孕む帆に青春のあり雲の峰 卯月 3 鋭次_我楽句多_はるじ
188 炊きたてに玉子二つや夏の朝 のび太 0
189 父の日に父の日記を見つけたり のるん 1 瞳人
190 蜜豆や不揃ひの良きハーモニー のりさん 0
191 逢ひたいとそれだけの文沙羅の花 みづほ 4 春生_なつ子_のりさん_とえ
192 髪型の決まらぬ朝や半夏生 小石日和 0
193 辛党の母の命日麦酒飲む 杉山駄芭 0
194 子の涙青葉映して溢れけり 光枝 2 いくよ_はるじ