1 土砂降りの代田に残る農夫かな リツコ 1 百合
2 薄暑光砂場に残る玩具かな 喜遊 2 茫々_三拍
3 親方の手を出すスコップ薄暑光 北山久 0
4 梅雨寒や薬1錠ふえた朝 かずえ 0
5 筍の歯切れの良さや誕生日 白霧 2 松の_晃子
6 五月雨に肌黒々と磨崖仏 鋭次 0
7 用水の水面ふくらむ田植どき 郁文 1 ヨシ
8 踏青の先に国境カモメ鳴く 小石日和 1 凡士
9 水中花窮屈さうに開きたる 春生 4 しんい_秀昭_みづほ_健作
10 腰伸ばし成果見渡す草むしり 美登里 2 絮_きこ
11 香水や昇るシースルーエレベーター いくよ 1 こゆき
12 届かない手紙卯の花腐しかな しゅう 6 風来_火星 _春生_燈穂_鋭次 _徹
13 もぎたての産毛光るや箱の桃 孫悟空 3 敬和_我楽句多 _健
14 万緑の叫びの中を彷徨す 越刎 0
15 しまひ湯の耳をすませばコノハズク 渡辺容子 2 たかし_徹
16 真黒な雲もくもくと朴の花 たかし 0
17 窓潤み緑雨ミモザ色のショパン つづきののんき 0
18 紫陽花の色まだ薄し梅雨の入り 伊達由紀子 0
19 母の日や子に贈られしダンゴ虫 1 郁文
20 大好きな人に放てる草矢かな 和美 2 火星 _しゅう
21 増上寺初夏の祈りに足痒し 晃子 1 いきか
22 幼子の鳩蹴散らして夏は来ぬ 三拍 4 孝裕 _はるじ_与志魚_晃子
23 一粒に甘さぎゅっとさくらんぼ 矢野敬和 0
24 舗装路へとびだす薔薇の真紅かな 1 与志魚
25 緑さす木漏れ日の影揺らめけり 藤森典子 0
26 池の鯉青葉曇りの水を割り 苦茶 0
27 啓蟄や地下街からのヒトの列 素夢素夢 0
28 詰襟が鞄枕に春の暮 新月 1 哲雄
29 薫風や野菜の上にササミ乗り いきか 0
30 青嵐少年兵の眠る丘 春生 7 いつせ_風太郎 _せつこ_敬和_きこ_えいこ_ようこ
31 軽鴨の子の引く水尾親の水尾の内 ハセオ 0
32 父の日や昭和を残す親孝行 いちり 0
33 ダービーや人それぞれの夢を買ふ 健作 0
34 囀よもうひと降りがあるのだが 二石 1 ようこ
35 雨音を聞いて紫陽花色を変え のび太 1 孝則
36 ぎしぎしと吊橋の鳴る若葉かな みづほ 2 秋ひろ_ふみ
37 句に遊ぶ自粛の日々や余花の雨 しんい 2 笑子_とえ
38 山笑う雲取めざすスクワット 木根川八郎 0
39 雨上がる蜘蛛囲に銀の玉雫 凡士 2 由紀子_健作
40 新緑の風はささやき部屋をぬけ とえ 0
41 人情の機微も様々傘雨の忌 鋭次 3 デラシネ_哲雄_気儘
42 水嵩の増したる湖や梅雨の月 嘉門生造 1
43 七重八重山吹咲きて風さやか 信信 0
44 雨つぶのみづがね色に金糸梅 しんい 0
45 転ぶ子に母のまなざし風薫る 光枝 2 孝裕 _瞳人
46 ちゃぶ台の胃薬眺め桜桃忌 ヨシ 4 笑子_白霧_山水_ハセオ
47 隣して草取る仲間馬合はす はるじ 0
48 身の丈の縮むを知るや更衣 風来 5 如水 _リツコ_三拍_凡士_望天
49 アイロンを掛ける白シャツ若葉風 3 のび太_我楽句多 _しゅう
50 青春の魂をぶつける御来迎 丸岡正男 0
51 牛の尾が右に左に青田風 百合 5 敬和_ヨシ _孝則_生造_山水
52 この辺り落人の里蛍湧く 翠柳 3 風太郎 _光枝_ようこ
53 傘の色変へて歩かん春の雨 燈穂 0
54 母の日や絵文字ばかりの子のメール 火星 3 いつせ_瞳人_ひろし
55 密集の薔薇やフェンスの上に乗り いきか 0
56 枝豆やひよいとでてきた国訛 6 生造_ふさこ_ふみ_まさよ_なつ子_いくよ
57 車椅子の父は黙する花の中 ようこ 0
58 雨止んで雫キラキラ若葉かな 白霧 0
59 色褪せし昭和を畳む更衣 いちり 7 孫悟空_瞳人_苦茶_越刎_きこ_和美_駄芭
60 風止みて山影映す植田かな りぱりこ 0
61 ネクタイの位置を確かむ青葉風 銀雨 1
62 夏日背に己の影を彫る石屋 茂樹 2 燈穂_望天
63 引く波を追いかけてゆく素足かな たかし 6 ひろし_銀雨_我楽句多 _健_良仙_しゅう
64 保父はまた後ろ歩みや雲の峰 いくよ 1 三拍
65 自転車は春落ち葉踏みやって来る 小野浩恒 0
66 うす紙に君への土産さくら貝 翠柳 2 如水 _由紀子
67 語るたび蛇の全長伸びに伸び 秀昭 1 美登里
68 葉桜や教室を子ら走り出て 百合 0
69 贈りたきひとあまたあり赤き薔薇 燈穂 0
70 麦の秋巣作りいそぐつがいかな とえ 0
71 鯉のぼり風の吹くまま吹かぬまま 我楽句多 4 秋ひろ_孝則_なつ子_駄芭
72 明の六つ浦の松風夏きざす 気儘 0
73 雷雨いまデパ地下目指し走る走る やすのり 0
74 客一人理容師一人薔薇一輪 我楽句多 10 哲雄_郁文_笑子_新月_銀雨_良仙_和彦 _えいこ_風子_晃子
75 リラ冷えや杯に溢るるウヰスキー 茫々 2 鋭次 _つづきののんき
76 偉大なる四股名の定め花いばら 瞳人 0
77 悄然と黒き重機や大夕焼 与志魚 3 まさよ_つづきののんき_柚子
78 紫陽花や母が手を振る無人駅 宮内和彦 3 のび太_信信_生造
79 母の日は母恋ふ日なり米を研ぐ 柚子 11 デラシネ_風来_のび太_燈穂_のりさん_与志魚_縁矢_ふさこ_素夢_光枝_和彦
80 木に登り空を飛びたし青蛙 杉山駄芭 2 郁文_気儘
81 杖つくもおとめ心や薔薇の苑 なつ子 2 のりさん_二石
82 可愛さを奪ふ年月しゃぼん玉 0
83 早乙女や土偶豊かな腰の張り 森本哲雄 2 苦茶_新月
84 いつになく自粛疲れのみどりの日 のるん 0
85 香煙を患部にまぶす夏帽子 惠啓 1 二石
86 聖五月自給自足の生活かな 風太郎 0
87 吊り橋をゆらして抜ける若葉風 伊達由紀子 3 やすのり_喜遊_美登里
88 無観客さはさりながら五月場所 一竿 0
89 茄子漬を艷やかに盛る白磁かな えいこ 1 たかし
90 リラの花異国の街に黄昏るる 茫々 0
91 夕焼が旅の土産となる家路 えいこ 3 秋ひろ_銀雨_百合
92 ふるさとの山は若葉を抜きん出て 孝裕 0
93 良寛像足元ひとつてまり花 蓮利利斗 0
94 和菓子屋の土間の奥行き五月闇 美登里 4 孫悟空_デラシネ_のりさん_まさよ
95 梅雨深し声に寄り添う撥さばき 峰岡名負人 0
96 赤子背に白状の女風光る まさよ 0
97 釣れぬ釣り春宵一刻鯊二匹 一竿 0
98 窓際に麦酒とつまみ一人旅 良仙 2 帆里_凡士
99 端午の日丈ゆく竹の早さかな 郁文 0
100 玉葱や漢は泣かぬものなるを 風来 0
101 大木に精宿るらむ桐の花 風子 0
102 あぢさゐの七色花を見つけたよ 藤森典子 0
103 銭湯の湯の字踊らす青嵐 光枝 0
104 夏座布団干すベランダの柵に刺し いつせ 0
105 古里は未来形なり柏餅 せつこ 0
106 紫陽花やシチューの味の整わず ハセオ 1 いきか
107 電線の切り分けたるや雲の峰 三拍 3 せつこ_絮_いくよ
108 道をしへ時には夫の言ふことも デラシネ 1 越刎
109 コロナでも緑の週間始まりぬ のるん 0
110 大粒の汗の落ちたる植田かな 嘉門生造 2 孫悟空_みづほ
111 盲目の語り部の指白躑躅 ふさこ 0
112 夕焼けやうろこのごとく波光る 秋ひろ 1 和美
113 三度目のバンカーショット皐月空 ゆぴー 0
114 夏来るからから錫のタンブラー 二石 0
115 こがね虫汝れと二人で車両占む 望天 0
116 覚えある癖字の便り風光る かいこ 0
117 時経てば和らぐ傷や花種蒔く 良仙 0
118 人里の小流れに咲く水芭蕉 西林喜代四 0
119 七三にきちつと分けて夏立ちぬ 西林喜代四 1 リツコ
120 掬いたし金魚嫌だと知恵比べ 駄目男 0
121 風に乗り三線の音や夏に入る ひろし 1 駄芭
122 忘れたきことのあれこれ走馬灯 なつ子 2 小石日和 _ひろし
123 端午の日丈往く竹の早さかな 郁文 0
124 暁のたかんな薮に顔を出す 信信 0
125 近頃は谷渡り入りか茶をすする 古賀孝則 0
126 夏めくや緑地帯に入るショベルカー ようこ 0
127 となり家の置き残されし風車 気儘 0
128 夕暮がことのほか好き冷し酒 和美 4 しんい_リツコ_新月_縁矢
129 図書室の重き台車や五月闇 小石日和 4 りぱりこ_藤_つづきののんき_柚子
130 理髪師の刃物近づく昼寝かな 0
131 ぐいと飲む珈琲牛乳五月雨 山水 0
132 そっけない返事をされて冷奴 山水 2 ゆぴー  _健作
133 俳諧の地へと涼しき歩を進め 苦茶 1 春生
134 草笛やうまく吹く子に従いぬ 笑子 1 孝裕
135 比叡颪やむや蜜柑の花匂う 冬すみれ 0
136 春の川山より来たり野を巡る 駄目男 0
137 青空の深みに咲きて桐の花 松の 4 はるじ_いくよ   _いちり_風子
138 黴の香の本に少年胸焦がす 孫悟空 0
139 鄙の子は薄化粧なり姫女苑 風子 0
140 渓流に水のふくらみ苔の花 郁文 2 帆里_徹
141 靴を手に渡る回廊時鳥 いつせ 2 如水 _えいこ
142 小流れに浸すスコップ夏夕べ 秀昭 4 藤_信信_ふさこ_風子
143 色褪せし縄跳び残る初夏の夕 喜遊 1 白霧
144 変身の赤いドレスや梅雨晴れ間 きこ 0
145 梅雨晴間庭樹のきそふ気を貰ひ はるじ 1 苦茶
146 をみなごの膝小僧見る夏ベンチ やすのり 1 りぱりこ
147 新しき制服濡らす春の雨 風太郎 0
148 枇杷の木や育てよ育て実るまで 望天 0
149 梅雨晴間湾に漕ぎ出すゴムボート 縁矢 0
150 筍の土持上げる音かすか のび太 2 せつこ_ゆぴー
151 若葉風おにぎり二個のお昼時 帆里 1 たかし
152 柏餅一つ余りて子を想ふ 大谷如水 3 ヨシ _素夢_なつ子
153 帰省する列もないまま春終わる かずえ 0
154 さわさわと木洩れ日揺らす新樹風 蓮利利斗 1 由紀子
155 春の夜に都会の鴉啼きにけり 杉山駄芭 0
156 夏風邪や鳶の輪鬱と天上に 北山久 0
157 浮き玉の浮かぶ運河の薄暑かな こゆき 1 小石日和
158 紫陽花の夜半に聴きたし中西龍 瞳人 1 いちり
159 似合わぬと拗ねる子なだめ夏帽子 ヨシ 1 松の
160 目薬にまばたき五回余花の宿 ゆぴー 0
161 さざ波の植田に夕日筑波山 まさよ 0
162 手を合はせなみあみだぶつ金魚埋む 火星 0
163 夏めくや田んぼとなりし寺の跡 せつこ 0
164 薫風や阿蘇のみどりに牛の声 宮内和彦 2 やすのり_しんい
165 拭き込みし上がり框や火取虫 デラシネ 2 風太郎 _ふみ
166 空の巣のカーテン替へて風あをし 渡辺容子 0
167 身をゆだね割烹旅館藤の椅子 松の 0
168 いとはずに竹皮を脱ぐ新世界 帆里 0
169 大あくびしつつ機械の田植えかな リツコ 1 山水
170 見送りの母は小さし椎落ち葉 笑子 4 越刎_白霧_光枝_和彦
171 うららかや小島ちらばる志摩の海 秋ひろ 2 秀昭_柚子
172 南風背中にあした畑を打つ こゆき 1 りぱりこ
173 峡谷の緑へトロッコ列車行く 凡士 0
174 草の餅長き急登極めけり 木根川八郎 0
175 青梅をもぐや小雨のふりつづく みづほ 2 ハセオ_美登里
176 人知れず密かに自生姫女苑 惠啓 0
177 長老の講釈長し溝浚へ 孝裕 3 いつせ_縁矢_二石
178 ブルーベリー鉢植届き蛞蝓も 冬すみれ 0
179 雨だれや帰る気失せて爪を切る 峰岡名負人 0
180 皆既食影寄り添いし夏の霜 つづきののんき 0
181 群青の海切り裂きて卯波立つ 矢野敬和 1 気儘
182 五月雨の雫残してはなみずき 古賀孝則 0
183 生きて世に鯛飯炊くや癒えし妻 小野浩恒 2 こゆき_和美
184 検診後若葉が薫る帰り道 晃子 0
185 草笛を吹きて新任教師なり 茂樹 4 風来_秀昭_春生_鋭次
186 小綬鶏が忙しく呼ばる俺らが村 かいこ 0
187 帆船のロープに鴎夏来る ひろし 2 茫々_良仙
188 ペットめく夜毎の守宮視野にをり ふみ 1
189 まつすぐな君の瞳に夏きざす しゅう 0
190 窓全開部室に白きシャツの群れ ふさこ 0
191 手みやげは白星八つの白絣 0
192 柿の花姉は母似で捨て上手 柚子 2 こゆき_素夢
193 たかんなや足裏で聴く地の鼓動 丸岡正男 3 松の_とえ_いきか
194 七変化金婚式へ支へ合ひ 健作 0
195 江ノ電の先頭車両夏来る 銀雨 4 火星 _はるじ_茫々_百合
196 人は皆GWが好き今日は雨 縁矢 0
197 アマリリス王者のごとく咲きにけり きこ 1 ハセオ
198 ダービーの判定待ちの静けさよ 0
199 売れ残る宅地で揺れる小判草 素夢素夢 3 喜遊_みづほ_いちり
200 走り梅雨下の世話までする介護 越刎 0
201 その話終りと心太すする 与志魚 2 小石日和 _ゆぴー
202 書を閉じて若葉の中へスニーカー 森本哲雄 0
203 後進に道を譲って花祭 新月 0
204 武具担ぐ少女の髪に初夏の風 大谷如水 5 やすのり_信信_喜遊_帆里_望天
205 浅井戸のモーター音や苔青し ふみ 1 とえ
206 夏の雨引き出しの音高らかに りぱりこ 0