1 囀りの中へ介護の車椅子 惠啓 8 うらら_笑子_苦茶_和彦_茫々_なつ子_郁文_ようこ
2 葉桜や聖火の走る大通り 矢野敬和 2 ゆぴー_茫々
3 クローバーや岩のごとくに牛二頭 みづほ 2 きこ_与志魚
4 竹の子や靴底とんと叩きをり せつこ 0
5 壺焼の店頭に立つ海女二人 春生 0
6 子供の日オムライスにも小旗たて 三拍 1 苦茶
7 4Kのぼやけた画面昭和の日 孫悟空 0
8 まっさらの小さきシューズや青き踏む デラシネ 1 りぱりこ
9 夏立つや勢ふ騎虎の方案じつつ 瞳人 0
10 小さき手の見よう見まねで種を蒔く デラシネ 4 銀雨_凡士_のるん_卯月
11 トーストの香り満ちたる春の朝 喜遊 1 やすのり
12 春むんむん聞いてるだけの長電話 峰岡名負人 0
13 草枕春の愁ひを谷折りに 翠柳 2 名負人 _卯月
14 花守りの御役たまわり猫眠る 笑子 1 白霧
15 ひこばえの緑そよぐや寮の跡 望天 2 名負人 _喜遊
16 てふてふの命そよ風いきいきす 0
17 似合うよねやっぱりショート青き踏む ハセオ 0
18 薫風やつがひ鵜空を渡りゆく 与志魚 0
19 改札を抜けて故郷の若葉風 宮内和彦 14 火星_せつこ_秀昭_風太郎_燈穂 _えいこ_いちり
かいこ_はるじ_喜遊_気儘_駄芭_三拍_郁文
20 春愁や油の響くフライパン 和美 2 ゆぴー_三拍
21 風光る棟上式の吹流し 卯月 1 秀昭
22 しんがりは少し太りめ鳥帰る 郁文 1 風来
23 うつぷんを百に分かちて石鹼玉 惠啓 0
24 たらの芽を摘みつつ峠越えゆける 和美 1 リツコ
25 霾晦睫毛の長き駱駝かな 牛太郎 1 風子
26 山吹が咲いて小川の色さやか きこ 0
27 人間の裏地あざやか大石忌 苦茶 1 とえ
28 揺蕩ひて代田そこらの夕明り いくよ 1 なつ子
29 肩たたきの子の温もりや花の冷え きこ 0
30 上空の鳶春潮の船溜まり 牛太郎 2 ふさこ_気儘
31 消音のピアノ練習春惜しむ 春生 3 一斗_孫悟空_はるじ
32 アンチークポスター展に春惜しむ いつせ 0
33 落下物のごとくにツバメ風の中 ようこ 2 松の_のるん
34 春の雨山川情をふくらませ 苦茶 0
35 陽炎や断礎顕に出城跡 茫々 1 柚子
36 上流の瀬音の届きこぶし咲く こゆき 0
37 幼子が母と指さす初桜 りぱりご 1 史朗
38 風なくもどこぞゆれをり老桜 風子 1 ふみ
39 山笑ふ道の駅ごと買う土産 かいこ 0
40 テーブルのカップの横を南風 0
41 春光を浴びて弧を書く伝書鳩 かずえ 0
42 コンクリートとガラスの街の鯉幟 凡士 0
43 こしあぶらぽきと掻く度匂い嗅ぐ 縁矢 0
44 切断の葉は使はれず春の雨 いきか 0
45 教会の窓の虹色風光る こゆき 0
46 陽炎ひてミニスカートの八頭身 健作 0
47 座禅草午下の一服すすりをり 蓮利利斗 0
48 切り株につつじ一輪いのちあり とえ 1 史朗
49 ふと路地に消ゆるふたりや春の闇 燈穂 1 如水
50 白き富士見上げる湖畔芝桜 健作 0
51 不可もなく可もなき酒や春の月 永井和子 2 きこ_翠月
52 変身や初めは黒のサングラス なつ子 1 しんい
53 つつじ咲く聖火リレーの城下町 いちり 0
54 春の曲遠巻きに聴く駅ピアノ 一竿 4 風来_しんい_かいこ_ようこ
55 葉が置かれ春の野菜は肉じやがへ いきか 0
56 天辺はボスの座猿の山のどか 秀昭 2 三拍_百合
57 荒波が岩をも砕く能登の初夏 うらら 1 松の
58 トーストの飛び出す音や初出社 銀雨 6 りぱりこ_火星_孫悟空_我楽句多_藤 _光枝
59 共白髪夫婦茶碗の一番茶 郁文 3 えいこ_美登里 _いちり
60 蕾何処あちこち見上げて春探す 駄目男 1 いきか
61 風呂場から惜別の歌春の夜 まさよ 0
62 緑陰にひたいぬぐいて立木山 美登里 0
63 夫帰国七年ぶりの桜鯛 ハセオ 1 望天
64 これきりと別れる背(せな)や白日傘 なつ子 0
65 鶯や漁に出ぬ日は鍬打つて たかし 6 デラシネ_哲雄_風太郎_笑子_いくよ_柚子
66 二度見する躑躅明かりの君の顔 かいこ 0
67 寺町に僧を見かけず仏生会 山水 1 いくよ
68 はずむ川映る若葉をもみくちゃに 秋ひろ 0
69 新社員スーツを着るか着られるか のるん 0
70 つばくらめブーメランかと思いきや りぱりご 1 うらら
71 柿若葉流るる水の音さやか ふみ 2 秀昭_信信
72 水出しの緑茶の甘さ夏に入る ふさこ 6 やすのり_瞳人_二石_与志魚_駄芭_みづほ
73 春の灯や生命線の少し伸び せつこ 4 ゆぴー_銀雨_春生_縁矢
74 鶯の大路に鳴くもこの世かな はるじ 0
75 ブランコや新顔交じりジャンケンポン 美登里 2 郁文_健
76 遠足に殻付きままの茹で卵 やすのり 0
77 拗ねる子のぶらんこ少し揺れはじむ 柚子 3 苦茶_いくよ_風子
78 同じ行また読み返す目借時 大谷如水 12 帆里_リツコ _風来_しゅう_我楽句多_惠啓
蓉子_素夢_美登里 _喜遊_いきか_柚子
79 触りみてなほさら愛し猫柳 0
80 多国語の飛び交う浦安潮干狩り 一竿 1 哲雄
81 あんぱんの臍にごまあり夏近し 風来 2 帆里_茫々
82 柔らかく山肌濡らす春の雨 竜人 0
83 青葉映ゆ変わることなく老の道 秋ひろ 1 いちり
84 みどり児の蝶に見とるるカバ舎前 1 かいこ
85 口紅をトマトレッドに変へて夏 ヨシ 3 光枝 _こゆき_素夢
86 長雨や鯖缶あける無骨な手 かずえ 0
87 ブラウスが家紋に掛けられ春廻る フランク・オザ 0
88 おほどかに難波茨の花ひらく のりさん 0
89 湧き返る色数あまた春の里 八郎 0
90 ぼろぼろの歳時記春を惜しみけり 百合 4 史郎_孫悟空_とえ_史朗
91 花水木淡き乙女の風情あり 杉山駄芭 1 のりさん
92 ひたひたと春の潮打つ厳島 信信 1 ふみ
93 毛繕ふ猿の親子の日永かな リツコ 6 しんい_敬和_ふさこ_山水_凡士_たかし
94 花どきの讃美歌しづか日曜日 やすのり 1 風子
95 仁王門こゑしきりなる雀の子 気儘 3 敬和_利利斗_のりさん
96 タンポポやヨチヨチ歩きの子に踏まれ 白霧 3 翠月_こゆき_健
97 もくもくと木香薔薇や溢れ出づ のりさん 0
98 再会の胸の高鳴りしゃぼん玉 帆里 2 デラシネ_蓉子
99 節穴の透くる張り紙路地薄暑 佐々木冬子 3 ふさこ_藤 _まさよ
100 花は葉に終息見えぬコロナかな 越刎 1 健作
101 薔薇園の園丁太き指をして 風来 0
102 通し土間突き抜け京のつばくらめ 鋭次 5 絮_山水_卯月_小石日和_和美
103 しばらくは麦秋の中列車ゆく しゅう 2 まさよ _光枝
104 春の夜や銚子に残るひとしづく 茂樹 1 美登里
105 客待ちの俥夫の法被に落花かな 火星 2 帆里_秋ひろ
106 島に生き娘に孫と海女三代 凡士 1 哲雄
107 ネモフィラの丘ゆるやかに薄暑光 しんい 2 藤 _のりさん
108 花冷えや四番打者の併殺打 卯月 3 我楽句多_瞳人_鋭次
109 白波にかもめ舞ひ落つ春嵐 望天 1 春生
110 良き日かな今日は二人で青き踏む 蝉時雨 0
111 葉桜の下五六人太極拳 たかし 0
112 出社日や葉桜ごしにビル光る 喜遊 1 松の
113 葉桜やさくらは今もそこにある 蓉子 1 翠月
114 麗らかや日の出桟橋汽笛曳き 松の 2 百合_和美
115 緑陰のベンチに猫と缶コーヒー えいこ 1 みづほ
116 跳躍はふとした切っ掛け蝌蚪の群れ 良仙 0
117 春川の淵抜け出せぬボールかな 二石 1
118 露天湯にひとり占めする春の月 竜人 0
119 指に傷気付かずなほも蕨採り 八郎 1 望天
120 居酒屋のシェフの無口や春満月 ふさこ 0
121 背伸びして信号機押す揚雲雀 0
122 宿酔いや呆けすぎたるチューリップ 土手塚史郎 1 火星
123 夢叶え校門桜と撮る写真 伊達由紀子 0
124 風吹かば命宿りし鯉のぼり うらら 2 ヨシ_ふみ
125 冷酒酌む何はともあれ三姉妹 えいこ 2 名負人 _たかし
126 入学式百の瞳を受け止めて 永井和子 2 一斗_蓉子
127 鈴なりの若葉青葉の揺れにけり 嘉門生造 0
128 ぶらんこよ行つたり来たり空に触れ 三拍 2 信信_小石日和
129 息ひそめリス探す孫 手にどんぐり 翆月 0
130 囀りに口笛吹いて仲間入り いちり 5 和彦_ハセオ_なつ子_いきか_駄芭
131 平和のへ空に並べる鯉のぼり 孫悟空 0
132 元女将辛夷の郷に蟄居とか 北山久 0
133 お気に入り家紋で待って天に逝く フランク・オザ 0
134 夕映えのなかに終へにし田水張り いくよ 1 利利斗
135 母の日や遺品に吾のクレヨン画 ヨシ 3 秋ひろ   _山水_小石日和
136 朧夜の路地に消えゆく女下駄 二石 3 史郎_白霧_和美
137 こもり居し窓より見える春惜しむ 素夢 0
138 価値観の真逆になりてみどりの日 森本哲雄 0
139 冬眠のミミズ起こして種を蒔き 蝉時雨 2 史郎_えいこ
140 鐘おぼろ海軍墓地の男坂 気儘 0
141 下宿屋の多き裏路地春はやて 与志魚 1 しゅう
142 咲き乱る鬼火のごとき椿落つ 帆里 0
143 ヤッホーと木霊返して山笑ふ 宮内和彦 1 惠啓
144 少女とは五月の風のことである 土手塚史郎 3 しゅう_ヨシ_こゆき
145 雲雀の巣残して畝を鋤きにけり 大谷如水 5 やすのり_利利斗_きこ_瞳人_健作
146 供ふるは孫の歳だけ柏餅 ふみ 0
147 眩し目の子に見つめらる春の汗 北山久 0
148 懸命の愛想を道の杜鵑花かな はるじ 0
149 菜の花や果てに広ごる知多の海 茂樹 2 まさよ _たかし
150 ほうれん草茹でてペルシャの薫りせり 杉山駄芭 0
151 飛花を追う飛花また飛花のもつれあう 銀雨 1 はるじ
152 花びらの舞う風に蝶あそびをり 翆月 0
153 墓の友よ花の祖国はエセいくさ 峰岡名負人 0
154 うららかや介護する人される人 森本哲雄 3 燈穂 _縁矢_百合
155 風薫る外野の子供転び取る 越刎 0
156 ゴム長も若布も干せる浦の風 しんい 7 せつこ_デラシネ_ヨシ_凡士_二石_与志魚_気儘
157 夜間飛行点滅流し月朧 松の 0
158 大木の青空かくし春落葉 とえ 0
159 春謳ふ水琴窟のピチカート 翠柳 0
160 亀鳴くや男にもある更年期 みづほ 4 ハセオ_春生_二石_鋭次
161 万緑へとハンバーガーとZEROコーラ 佐々木冬子 0
162 花冷えや終息見えぬコロナ禍は 西林喜代四 0
163 次々と友の訃報や春嵐 素夢 1 望天
164 繰り言はやめて大の字春の草 燈穂 2 せつこ_如水
165 古巣はや天地漂ふ舟のごと 柚子 0
166 このビールちよつと冷え過ぎもんじや焼 百合 0
167 囀りは餌の催促十四五羽 縁矢 0
168 バイバイと手を振る二歳しやぼん玉 我楽句多 3 うらら_絮_惠啓
169 白妙の蝶のひとひら静かなり 蓮利利斗 0
170 花冷えや昨日の嘘を引き出しに 笑子 1 りぱりこ
171 遠州凧いさ切合ひへ柏餅 瞳人 0
172 春風とスカート遊べば目の保養 駄目男 0
173 安酒にひらひらはらり桜かな 白霧 0
174 煮魚の骨までしやぶる昭和の日 風子 5 和彦_ハセオ_素夢_鋭次_みづほ
175 春日傘マスクはずさぬ園児かな 0
176 下萌の宇陀の畷や轍跡 茫々 1 縁矢
177 ひと掃きの箒の軽し竹の秋 秀昭 5 絮_笑子_燈穂 _銀雨_白霧
178 春暁の野良猫(のら)に威厳の面構へ 光枝 2 信信_とえ
179 山の藤一樹枯らしてしまひけり 光枝 1 ようこ
180 解禁日しなる竿先風光る 信信 2 秋ひろ   _健作
181 新緑に誘われて解く家ごもり 伊達由紀子 1 如水
182 御迎へは花の四月がよかれかし 我楽句多 0
183 子雀を一茶の如く見つめけり 矢野敬和 0
184 神島は潮騒の島浜あざみ 鋭次 1 風太郎
185 薫風や朝のあいさつ園児バス 0
186 楠落葉さらさらさらと三百年 まさよ 1 リツコ
187 トンネルの外は緑の世界かな 蓉子 0
188 新社員慣れぬ化粧が微笑まし のるん 0
189 新緑の影ゆれている水面かな しゅう 0
190 黄昏の色濃くなりぬ麦の秋 嘉門生造 0
191 うたた寝を流れる読経若葉風 山水 0
192 のど自慢の鐘ひとつ鳴る春の昼 リツコ 1 一斗
193 動くとも見えぬ遅日の観覧車 火星 1 敬和
194 陽炎を誰もが追うて行きにけり いつせ 0
195 殺略のなき学び舎の山桜 0
196 オカリナの音桜終わりし公園に ようこ 0
197 猫の恋忠告なんぞ上の空 良仙 1 のるん
198 風光る外野の子供転び取る 西林喜代四 0
252