1 草餅をいつも笑顔の遺影へと しゅう 2 秋ひろ_のるん
2 ワンカップ大関手向け入り彼岸 健作 0
3 採石場残る緑に山桜 芙蓉 0
4 ジョギングや菜の花の黄に囲まれて 竜人 0
5 御屋敷の土蔵の格子冴返る リツコ 0
6 春の昼貝からあがる泡ひとつ たかし 6 笑子_山水_銀雨_良仙_気儘_湖舟
7 忘れない校舎のにほひ卒業式 伊達由紀子 0
8 遠足や餃子パリッと焼きあがり 森本哲雄 0
9 払暁の足影長く耕せり はるじ 1 孝裕
10 水切りにほど良き石や水温む 健作 3 リツコ_三拍_生造
11 かをらねど夜目にも白き沈丁花 望天 0
12 ランドセルかたこと走り春の風 秀昭 0
13 卒業や玉子焼き入りお弁当 蓉子 0
14 十センチ戸口開きて隣り梅 りぱりご 0
15 用務員室に一礼卒業す 山水 5 喜遊_冬子_えいこ_風太郎_いつせ
16 切株の疼く木目に春の雨 素夢 2 藤_望天
17 水温む百年前の庭の井戸 信信 0
18 春雷や被災地濡れる涙雨 郁文 0
19 夜さくらの通り過ぎては振り返り 秋ひろ 0
20 双蝶のもつれもつれて補陀落へ 蓮利利斗 0
21 誕生日煮物ごろごろ春夕焼け りぱりご 0
22 あたら夜の月のおぼろや篝爆ぜ しんい 1 我楽句多
23 日本へ子の帰る日よ朝桜 春生 1 苦茶
24 晩学の背中を押すや春の雷 小石日和 1 ハセオ
25 スミレ咲く訪ねてみたき董塚 鋭次 0
26 春昼や傾きて鳴る掛時計 みづほ 2 山水_柚子
27 吹く風のまだ早すぎて散る桜 松の 0
28 朝市の海苔の釣銭潮の香 惠啓 1 とえ
29 背番号貰へぬままに卒業す 風来 7 火星_喜遊_瞳人_しんい_鋭次_惠啓_青史
30 何事も他人事なのね雛の顔 白霧 3 二石_のるん_健
31 ふるさとはみんな過去形花明り 宮内和彦 4 デラシネ_せつこ_いちり_青史
32 三月やつめたき空気地を離れ 越刎 0
33 腺毛のかがやく朝や蓬摘む ふみ 1 松の
34 潮の香や梅見の坂の尽きてより 孝裕 6 絮_日和_ふみ _はるじ_なつ子 _気儘
35 畑打てば小鳥その後打ってくる 素夢 0
36 春泥を落としつゆっくりトラクター まさよ 3 信信_松太_良仙
37 人なきも枝の先まで花の品 秋ひろ 0
38 畑返す婆の姉さん被りかな 我楽句多 1 春生
39 下萌や浮力あるごと子ら遊ぶ 茂樹 3 せつこ_野夫_和彦
40 目刺し焼く嚊天下も孫二人 いちり 0
41 木の芽吹き我が家のメジロ遠のきぬ フランク・オザ 0
42 浮雲とおしやべりをして春の山 百合 4 敬和 _健作_凡士 _松太
43 水温む街に水掛地蔵尊 風太郎 1 いきか
44 校庭にバケツ転がり春休み ふさこ 4 せつこ_えいこ_与志魚_たかし
45 春泥を跳んで買ひたてスニーカー えいこ 3 芙蓉_和美_健
46 揺れやまぬ瞼の内の雪柳 ひろし 0
47 アネモネや所作ゆるやかになりし姉 いくよ 0
48 子を打ちし感触今も冴え返る みつえ 2 火星_素夢
49 合格に声も変わりて走りくる きこ 1 青史
50 海棠の雨に誘はれ酔ひ醒まし なつ子 0
51 我が母のこくりこくりと日永かな ふみ 0
52 吾子駆ける オペラハウスの 青写真 0
53 離陸するジャンボジェット機かぎろへる 和美 1 敬和
54 姦しき声を潜めて梅の園 柚子 0
55 こまやかな雨が混じるや花吹雪 百合 1 しゅう
56 牧開き十勝の空に駒放つ 凡士 4 風来_信信_はるじ_柚子
57 神の手に近き歯科医や風光る 0
58 羽たたみとんびのつがい春の田に 池田弥壽江 0
59 たっぷりと絵筆濡らして春の空 みつえ 8 デラシネ_絮_孝裕_喜遊_縁矢_みづほ_生造_素夢
60 アパートの窓それぞれの春燈し かいこ 4 与志魚_ふみ _縁矢_望天
61 引越の挨拶うれし花の雨 帆里 0
62 春の雷つるりと剥けしゆで玉子 3 笑子_野夫_健作
63 青空へ帽子投げ上げ卒業す たかし 1 蓉子
64 蒲公英の輝いている狭庭かな 矢野敬和 0
65 あえかなる菫を挿しぬ野の仏 茂樹 0
66 花冷えや波乱の人生通夜帰り 芙蓉 1 松の
67 抓みたる爪うつくしき桜餅 秀昭 2 燈穂_冬子
68 永き日や船が船引く隅田川 松太 18 哲雄_光枝_ふさこ_徹_卯月_燈穂_冬子_えいこ_与志魚
風太郎_銀雨_とおる_二石_新月 _いつせ _良仙_生造_柚子
69 昼酒や雨降りしぶく入彼岸 帆里 0
70 箸除(の)けてうぐひす餅を摘み食む かいこ 0
71 ゆで卵三月尽に塩掛ける いきか 1 和彦
72 靴脱げて手つなぎ園児の花見かな のりさん 1 信信
73 初孫が満面に泣く初節句 フランク・オザ 0
74 春光や遠方よりの後退音 いきか 0
75 うみすなのうずうずぬくし桜島 すがりとおる 0
76 屋根替の二十の背の春日かな 山水 2 風子_駄芭
77 古雛をこわいと泣く子やわらかし 笑子 1 百合
78 枯れ葉踏みすみれの群れに微笑みて 蝉時雨 0
79 受験子や小さな息を吐きをへる 鈴木衞 1 ふう
80 ヒマラヤの連山浮かべ菜花かな はるじ 0
81 春らららタヒチ土産の恥話し いつせ 0
82 コンクリの隙く間を終のすみれ草 瞳人 0
83 玄関を大きく開けて入学式 2 リツコ_新月
84 たちまちに遠くなる雛流し雛 のるん 0
85 カルガモの列のようなり通学児 0
86 永き日の錦帯橋を渡りゆく 和美 0
87 指二本立てて応える四月馬鹿 良仙 0
88 春の月浮かぶ出島の橋渡る 卯月 1 我楽句多
89 三月の光り川面を濡らしゆく ふう 0
90 鳥よたつ 波打ち際に 涼風と 0
91 新鮮を箱詰め出荷春キャベツ うらら 0
92 ありがたき訓示流るる目借時 喜遊 3 まさよ_惠啓_いきか
93 震災を一昔とは言えぬ春 杉山駄芭 1 いちり
94 教へられ母と摘みたる野蒜かな 風神 0
95 摘草や母は娘に草の名を 燈穂 1 卯月
96 あたたかやブランコ孫と二人乗り 八郎 0
97 草千里牛の背中に風光る 宮内和彦 3 春生_新月 _たかし
98 燕来る涙ながらの語り部に 佐々木冬子 0
99 春寒や土手頼りなきもんじや焼き ゆぴー 0
100 眼は点に翡翠捉ふファインダー 翠柳 0
101 摘み草やあと五センチの蕗の薹 柳かずえ 0
102 げんげ野や雲を枕に眠りたし 銀雨 0
103 エンジンの始動春田の武者ぶるひ 風子 3 秋ひろ_凡士 _こゆき
104 お日様を吸うて膨らむ木の芽かな せつこ 6 白霧_野夫_うらら_三拍_なつ子 _駄芭
105 春眠や二度目は枕裏返し えいこ 2 リツコ_みづほ
106 闇の世に火の粉浴びせしお水取 杉山駄芭 1 きこ
107 菜園の隅の一列葱坊主 燈穂 0
108 地引網大漁の中の桜鯛 きこ 0
109 春闌ける知らない人のどんと増え 瞳人 0
110 春灯に今日の余力の生まれけり ハセオ 1 白霧
111 花冷や背筋をピンとうどん喰う 縁矢 0
112 蘆の角土手に朽ちたる青テント 竜人 0
113 摘み立ての菜の花茹でる夕べかな 新月 0
114 青空の青ふかく咲く紫木蓮 とえ 0
115 合格と聞かずに分かる「お母さん」 大谷如水 4 哲雄_秋ひろ_鋭次_ヨシ
116 薄氷にナスカの地上絵あらはるる リツコ 1 蓉子
117 桜散って走る砂塵の渦に舞ふ 一竿 0
118 陽炎を掻き混ぜてくる一輪車 大谷如水 3 一斗_光枝_和美
119 地の彩に還りつつあり落椿 風太郎 0
120 宗匠のお目に留まらぬ土筆かな 野夫 0
121 背の子の初めて触るる雪こんこ デラシネ 1 芙蓉
122 コバノミツバツツジよ恋する山よ ハセオ 0
123 ボラの稚魚キラキラ光って春を待つ 蝉時雨 0
124 春灯や暗さのありぬ一処 こゆき 1 燈穂
125 ものの芽や園児募集の保育園 風来 0
126 春の蠅つかみどころのなき日和 林莞爾 2 とおる_縁矢
127 夜桜や七味の沈む蕎麦の汁 ゆぴー 1 しゅう
128 入念に白髪を染めて卒業式 森本哲雄 1 瞳人
129 家篭り解きで吹かれる春の風 伊達由紀子 0
130 温泉の噴き上ぐ頃の春の雷 一斗 0
131 名城の映れる堀に飛花落花 湖舟 2 健作_しゅう
132 境内の笑ふ羅漢に蝶遊ぶ 蓮利利斗 2 のりさん_きこ
133 引鶴に村人達も手を振りて 信信 0
134 かみなりの二言三言春の闇 蓉子 2 利利斗_我楽句多
135 剪定や槇のてっぺん落ちてくる せつこ 0
136 数競ふ子等の声する潮干狩 のるん 0
137 堰滑り波乗りうまき鴨の二羽 池田弥壽江 0
138 よちよちと歩く一才蕗の薹とと 0
139 ペペンペンぺんぺん草の胡麻和えぞ かくたまき 0
140 春驟雨いいわけ思う雨やどり なつ子 0
141 水切りの石五段跳び山笑ふ 小石日和 2 如水 _気儘
142 やうやくに鎮火の兆し春の雨 やすのり 0
143 鳥曇り机の端に赤ワイン 白霧 2 とえ_いきか
144 猫言葉わかる気のするおぼろ月 風子 6 笑子_いちり_二石_百合_いつせ _望天
145 暖かや家族となりし犬はメイ 風神 1 春生
146 うぐいすや造り酒屋は町の名に 気儘 0
147 捨てし句に少し未練や山笑う 鋭次 4 芙蓉_きこ_うらら_のるん
148 学の無き母の達筆春惜しむ 火星 1 ハセオ
149 ぶらんこに決まっているよ子の家出 柚子 2 哲雄_たかし
150 耕しの土の匂いの余生かな うらら 2 ふさこ_日和
151 山桜流人の墓石を擁したる 春生 1 卯月
152 空き缶に蝌蚪三匹の忘れ物 ヨシ 3 ハセオ_鋭次_こゆき
153 夜桜や日本酒一献傾けて しゅう 0
154 春霞四方の山襞隠しゆき とえ 1
155 母と摘む土手の芥菜青々と ひろし 0
156 宿題のなくてせいせい春休み 卯月 0
157 秘密基地残したままに卒業す いつせ 2 風来_敬和
158 まちまちの画集の形花菜雨 一斗 0
159 四月馬鹿身まかる際のⅤサイン 0
160 次の間のサラサーテ聞く官女雛 すがりとおる 0
161 餌を小突くめじろ木末(こぬ)れの左見右見 翠柳 0
162 花一輪送迎のバス徐行する 林莞爾 1 孝裕
163 うぐいすや岬を望む遍路道 気儘 3 ふさこ_帆里_利利斗
164 芽の麦の今しばらくは捨て育ち 柏井青史 0
165 ぽつこりと出て来たおなか山笑う 嘉門生造 1 みづほ
166 春寒し食器戸棚の処方箋 1 秀昭
167 信楽のたぬき叩けば音のどか 松太 3 一斗_帆里_銀雨
168 和布干す長老唄う浜甚句 いちり 0
169 花言葉ほどく今日の日スイトピー 龍声 1 帆里
170 入母屋の屋根つやつやと白木蓮 まさよ 0
171 花の雲バイリンガルの俥夫駆くる 凡士 5 風来_しんい_ふみ _やすのり_いくよ
172 蝶という我が名知らずに飛んでおり かくたまき 0
173 江戸川の 土手に曜変 犬ふぐり 一竿 0
174 ふらここや大人は泣いていないふり 嘉門生造 5 風子_のりさん_ヨシ_なつ子 _和彦
175 雪柳溢るる光の粒となり 三拍 1 とおる
176 春の灯やそつと言はれた「意気地なし」 1 瞳人
177 落椿とつぷりと日の暮れにけり のりさん 0
178 振り返り又ふりかへる流し雛 しんい 5 徹_ふう_三拍_和美_健
179 足もとに四つ葉の幸や青き踏む 三拍 1 苦茶
180 曲名を「花」とは知らず歌ひ來し 二石 0
181 春灯下クッキー摑む四つん這ひ 北山久 0
182 諸葛菜母祥月の色となす デラシネ 0
183 青空のすとんと池に草萌ゆる 松の 1
184 新社員らしき人いて華やげリ 湖舟 1 光枝
185 ひとひらにひとひらがより花筏 柳かずえ 3 山水_百合_蓉子
186 整列の出来ぬ子もいて葱坊主 ヨシ 7 一斗_デラシネ_やすのり_とえ_いくよ _素夢_湖舟
187 存外の畝の曲がりや麦青む 柏井青史 1 いくよ
188 囀りや山門固く閉じをりぬ 太田堯史 1 はるじ
189 袖口の刺青隠す渡り漁夫 新月 1 まさよ
190 敷石の目地に残れる落花かな 太田堯史 1 惠啓
191 春眠のごとくに義父は逝きたまふ 火星 2 徹_松太
192 花は葉に坂の途中の芙美子の居 野夫 1 火星
193 料峭の一眼かすむ空の青 北山久 0
194 コロナ禍やアルバム薄き卒業式 八郎 1 湖舟
195 彼岸会や青きうなじの経高し 笑子 1 駄芭
196 風花の嬰の掌に消えてしまいけり こゆき 0
197 げんげ編む娘の傍らにランドセル 龍声 0
198 雁帰る「て」と「く」を描き日本海 我楽句多 1 ヨシ
199 子を抱く北向地蔵鳥帰る 良仙 2 苦茶_風太郎
200 食卓を彩る春のサラダかな 矢野敬和 0
201 黒猫が前を横切る恋路かな 二石 1 やすのり
202 バスはもう来ぬ停留所春時雨 孝裕 2 如水 _まさよ
203 蒼穹に鳶の輪仰ぎ種を蒔く 惠啓 2 如水 _ふう
204 春の夜の折紙指にたづねつつ 与志魚 2 絮_日和
205 風光る飛行機雲と鳶の笛 郁文 0
206 涅槃西風やまぬ疫禍の朝かな 喜遊 1 のりさん
207 君来ずや淡雪溶くるこの宵に 望天 0
208 薫風や幹に凭れて鳶の空 佐々木冬子 0
209 はくれんの百花月夜を照らしたる 銀雨 2 秀昭_しんい
210 だらだらと暮らし戒め冴返る 越刎 0
211 口で釣る会話濃くなる小春の日 鈴木衞 0
212 犬たちの見目みな良くて花の下 いくよ 0
213 ワンカップ目刺の苦み丸かじり やすのり 1 こゆき
214 花ぐもり川にたゆたふ海の波 与志魚 1 風子
215 まつさをな空引き寄せて春告草 ふさこ 5 秀昭_松の_白霧_利利斗_うらら
216 花冷や南部鉄瓶湯気上げて みづほ 1 凡士
217 石油屋のごっつき手から梅の枝 縁矢 0
218 下萌えに子犬のワルツ口ずさむ ふう 0