1 広島忌少女の朗読せつせつと 中村 光枝 0
2 春の雪そろりとつかる湯ぶねかな 白霧 2 さっちん_山水
3 寒明けや住宅ローン完済す 喜遊 2 デラシネ_二石
4 千切りの音まで生き生き春キャベツ うらら 4 信信_のるん_かいこ_健
5 夕東風に乱るる柳数寄屋橋 小石日和 3 のりさん_うらら_ふさこ
6 くちびるにくちびる触れる朧かな たかし 0
7 犬ふぐり一つ二つと数ヘをり りぱりご 0
8 柚子の香に酔ひて長々家の風呂 小野尚美 1 望天
9 春菊の色を食せり白和えに のりさん 0
10 舞ひながら風花の花ふれあはず 柚子 4 秀昭_しゅう_ハセオ_さっちん
11 衝撃はいまも三月三十一日 はつ 0
12 小さき芽街の音まで変えていく さっちん 1 哲雄
13 菩提寺に参る吾の影日脚伸ぶ かいこ 0
14 春の夜や濁り湯の香に旅路めく 0
15 柴犬の抜け毛ふんわり春の風 蓉子 0
16 日溜りの土のしめりや春立ちぬ ふみ 2 秀昭_きこ
17 芹の香の指に残れるうすみどり 廣木道生 3 燈穂_風子_秋ひろ
18 ノンちやんの乗つてゐさうな春の雲 健作 3 しんい_苦茶_郁文
19 春空に白き展帆日本丸 風神 0
20 凍滝や阿修羅と龍を閉込めり 信信 0
21 竹林にそよ風招き奏でけり フランク オザ 0
22 ひとつ目を見つけそこより蕗のたう 孝裕 5 燈穂_小石日和 _苦茶_まさよ_百合
23 リハビリの玻璃越しの空二月尽 2 道生_秋ひろ
24 藪椿奥の院までまだ少し 風太郎 3 しゅう_はつ_デラシネ
25 飛行服着たる遺影や春障子 すがりとおる 5 松の _瞳人 _凡士_二石_みづほ
26 山の友遺影微笑む夜半の春 かいこ 0
27 春愁や干潟うごかぬ鳥の影 秀昭 2 柚子_いきか
28 立春や捨てられしもの鬼の面 のるん 1 たかし
29 死神を追い返す面ちゃんちゃんこ 越刎 1 松の
30 豆柴に認知症出て二月尽 ハセオ 0
31 音信も途絶えひょっこり蕗のとう いちり 1 ふみ
32 梅開く自宅勤務も夢の中 望天 0
33 白梅や翁奏でるハーモニカ ハセオ 0
34 少年の孤独あせびの花に酔ふ 吉村翠柳 1 白霧
35 田おこしの埃朦々トラクター 健作 0
36 ストレスは妻が聞き役浅蜊汁 森本哲雄 2 しんい_のるん
37 末黒野や大地の鼓動足裏に 風来 4 きこ_鋭次_ふさこ_蓉子
38 鋭(と)く閉まるチャックに春の声混じる いきか 0
39 凍解やモンテンルパの鐘を撞く れん りりと 0
40 低木にメジロ鳴きたる春の風 矢野敬和 0
41 梅日和足音重ねし女坂 はつ 0
42 人参を引くはるかまで干拓地 燈穂 3 リツコ_光枝_いくよ
43 やや深めジャガイモ植える春日和 藤川隆司 0
44 里桜風に誘われ開花中 きこ 0
45 春光や大石父子の翳みゐて 瞳人 0
46 臨終のイノシシの目に梅の花 嘉門生造 2 ハセオ_まさよ
47 コロナ禍といえど白梅咲き初める 気儘 0
48 虫偏はルーペが頼り地虫出づ 凡士 1 敬和
49 野の花を活けて床の間春座る 惠啓 12 信信_哲雄_和彦_由紀子_気儘_我楽句多
かいこ_龍声_郁文_白霧_はるじ_駄芭
50 海苔粗朶に満ちくる潮小さき舟 吉村翠柳 0
51 土に描くアンパンマンのあたたかし 山水 3 野夫_与志魚 _たかし
52 寒垢離を見守る人の手をさすり 越刎 1 卯月
53 畦焼の火のくすぶれる日暮かな 百合 1 松太
54 満開の梅白加賀の白さらに しんい 0
55 寅さんを見送るさくら春立つ日 我楽句多 0
56 如月やしこりをほぐす詫びことば 風子 2 藤_のりさん
57 赤ベコの首の動きも春めきて 鋭次 3 せつこ_瞳人 _いつせ
58 葱坊主一つはじけて風生まる 苦茶 12 きこ_藤_せつこ_燈穂_光枝_野夫_郁文
我楽句多_小石日和 _龍声_銀雨_まさよ
59 青き踏む地下に恐竜眠るべし 廣木道生 2 徹_リツコ
60 蝶々やおとがひ欠けし石仏 百合 1 風太郎
61 風光るイチ二イチ二と声走る 白霧 0
62 花咲くや詩が生まれるかも知れぬ 嘉門生造 1 しゅう
63 籠り居も季節はめぐり木の芽立つ 凡士 2 如水_我楽句多
64 匂ふごと降りだす京の春しぐれ しゅう 7 由紀子_やすのり_いつせ_銀雨_なつ子_とえ _和美
65 春愁や目高相手に嘘ふたつ 野夫 0
66 春寒や母のもとへとペダル漕ぐ 雪加 0
67 主翼より神戸の夜景春近し ゆぴー 2 孝裕_さっちん
68 就活の孫の電話や春近し 岡崎まさよ 0
69 きらきらと川波まぶし初燕 みづほ 2 青史_ふみ
70 陸奥の乙女の像に春の雨 小石日和 0
71 冴返る菩薩微笑む伽藍堂 惠啓 0
72 身の丈に足りぬ記念樹卒業す 良仙 6 春生_苦茶_鋭次_三拍_柚子_いきか
73 霜晴やきゆつきゆつきゆつと窓拭いて 和美 1 龍声
74 氷柱から春のしづくのきりもなく みづほ 0
75 浅き春黙奏の娘の頬赤し 龍声 0
76 貝拾ひ往きつ戻りつ春の浜 三拍 0
77 春炬燵中でまあるく猫の陣 うらら 0
78 花冷やタイムアウトの電子音 いくよ 1 卯月
79 カタコトと遠の電車や冴返る はるじ 0
80 足し算のあとの引き算納税期 一斗 3 青史_和彦_デラシネ
81 梅が香を纏ひて夫とひと日終ゆ 中島詠子 1 かいこ
82 補助板を蹴る逆上がり木の芽晴 銀雨 2 良仙 _新月
83 目が痒い腹が痒いと春うらら いきか 0
84 一滴に蠢くウィルス冬銀河 リツコ 1 敬和
85 休日の角煮とろとろ春の雪 柚子 0
86 山ひだに墨絵のごとし春の息 とえ 0
87 梅一輪一輪ほどの快癒かな 柳かずえ 2 三拍_惠啓
88 黒板の丸文字残るヒヤシンス 帆里 3 道生_風子_山水
89 畑打つや白波沖の佐渡を見て 和美 2 気儘_はるじ
90 空にむけ尖るこぶしの蕾かな 松の 1 瞳人
91 豆撒きの声小さいと諭す父 小野尚美 0
92 君の頬つたふ涙や冴返る しゅう 0
93 往年のマドンナに遇ふ春一番 春生 1 孝裕
94 狐火の数が足りない墓苑かな 森本哲雄 1 とおる
95 コロナ禍やアルバム薄き卒業生 八郎 0
96 サックスの音伸びかねて今朝の雪 デラシネ 2 藤_風子
97 花桃のおちよぼ口ほどふふみたる 春生 0
98 コロナ禍の棒線グラフ冴え返る 卯月 0
99 時鐘の襲うが如く冬の雷 信信 0
100 春昼や雲の行方を目に追ひて 銀雨 1 秀昭
101 菜の花がきれいですよと母の文 宮内和彦 2 春生_白霧
102 ぼたん雪窓に動画を写し去る 池田弥壽江 1 とえ
103 暗闇に匂ひをつけて沈丁花 たかし 2 望天_松太
104 ここよここ我を呼ぶ声蕗の薹 良仙 3 うらら_野夫_いちり
105 献血の問診票に春の雪 新月 0
106 きらきらと川は流れて浮寝鴨 池田弥壽江 0
107 「桜咲く」朗報届け子のもとに 伊達由紀子 0
108 坊還る夕餉は深川浅蜊めし 瞳人 0
109 春の風インコの雛を迎へけり こゆき 0
110 夫とのふたりマージャン寒の内 デラシネ 0
111 ルノアールの色の春風吹いて来し 松太 2 卯月_凡士
112 春浅し信濃の歌碑に「早春賦」 大谷如水 0
113 日溜まりの猫の背伸びよ寒明ける 風太郎 1 みづほ
114 たか空の衛星に似て鶴の引く はるじ 0
115 春一へ仁王のごとき前の山 八郎 0
116 空茫々と白鳥の引く気配 しんい 1 いくよ
117 のどかさよちびた足爪妻に似て 北山久 0
118 白梅や紅梅待たせお先にと 杉山駄芭 0
119 淡雪の犬と戯れ消えゆけり 蓉子 2 喜遊_雪加
120 空魚籠え渓魚に変わる蕗の薹 鋭次 1 惠啓
121 一網を逃るる大魚納税期 一斗 0
122 伐採と決まる桜木木の芽立つ ふさこ 0
123 君に会い夜道香るや野水仙 松の 0
124 真夜中の安否の電話春の地震 岡崎まさよ 2 やすのり_いちり
125 メジロ来て蕾を見遣り飛び去りぬ フランク オザ 0
126 花盛りためらいがちに吹く嵐 なつ子 0
127 待望といふ花ことば蕗の薹 良健 3 如水_孝裕_鋭次
128 法法華経春告げ鳥の声久し いちり 0
129 立春の鳥が羽ばたく水しぶき 0
130 満開のまんさく解く小雨かな やすのり 1 望天
131 泥葱やお勝手の隅立たされて のりさん 0
132 また一日暮れて寝床の寒さかな 燈穂 3 青史_和彦_惠啓
133 遠吠えや余寒の空は星ばかり 郁文 1 いつせ
134 歳忘れアルバム整理春の雨 藤川隆司 0
135 牛あまた散らして阿蘇の春景色 宮内和彦 2 光枝_百合
136 ひこばえやひなたひかげの境ひ目に 三拍 1 とおる
137 小春日や青年波に立ち上がる 中村 光枝 0
138 狛犬の尻尾ゆすぶる春一番 せつこ 2 銀雨_三拍
139 長靴の中まで濡らし雪合戦 リツコ 2 風太郎_たかし
140 雪解けし隙間に猫の爪の跡 望天 0
141 一番星明日はバレンタインデー いつせ 0
142 老いの恋ほろほろ苦し蕗の薹 郁文 3 のるん_良仙 _駄芭
143 鉛筆を置いて仕事部屋の余寒 さっちん 0
144 雪とけてきみの門ぬれ錠をとく かくたまき 0
145 満身に湯気立て奉納相撲かな 野夫 3 道生_ひろし_はつ
146 蒼空に樹氷煌めく尾根目指す 中島詠子 0
147 ホタルイカそれをゆうたらあかんやろ かくたまき 1 山水
148 小さな墓所桜の周りの墓石よ 秋ひろ 0
149 元旦の遺影しずかに笑顔なる 良健 0
150 記憶力鈍る八十路や鳥雲に 卯月 1 いちり
151 流水を二寸濁して芹を摘む いつせ 1 ひろし
152 冬萌や大きな伸びをひとつする 帆里 1 和美
153 白神の山毛欅に鼓動や春立てり 風神 3 しんい_良仙 _はるじ
154 春一番ぴたりと止んで夕明り ふみ 0
155 卒業子袴の揺れに決意あり 雪加 1 うらら
156 氷柱かも凶器が謎のサスペンス 二石 1
157 かまくらのぽこんぽこんと灯りをり 山水 3 いくよ_柚子_とえ
158 青銅の鐘の音流れ雪解川 れん りりと 0
159 凧あがれ小さな歩幅トトトトと 1 やすのり
160 串おでん漫画のように刺してみる 0
161 春立つも朝の散歩で会はぬ人 二石 1 百合
162 雨上がり板べいの下蕗の薹 柳かずえ 0
163 異国語の唄の素どほり鳥帰る 風子 0
164 少年の壁打ちテニス春浅き 与志魚 0
165 梅一凛散歩の径も少し延び 気儘 0
166 瀬戸の春波の使いや舫い船 とえ 1 ふみ
167 猫柳少年の手の肥後守 すがりとおる 0
168 風光る川面かすめてラジコン機 喜遊 6 松の _新月_蓉子_いきか_松太_和美
169 皺の手に血の色きざす春日向 北山久 1 リツコ
170 すぐちびし4B鉛筆草青む せつこ 1 はつ
171 桃色の椿可愛や一目惚れ 杉山駄芭 0
172 垣越しの風にたゆたふ花ミモザ やすのり 0
173 言の葉のころころ生まるうららかな 苦茶 0
174 孫よりも娘の熱心や雛飾り こゆき 0
175 卒寿らが節句に想う塗り絵かな 大鳥帽子 1 雪加
176 潮の香にそぞろ歩きや雛の町 きこ 1 二石
177 扁平の足裏見せて涅槃仏 松太 6 信信_凡士_なつ子_とおる _秋ひろ_敬和
178 バス待ちの駅の北口冴返る 我楽句多 3 春生_気儘_新月
179 頬かぶり岩にしがみて海苔を剥ぐ 大鳥帽子 1
180 研ぎ終えた刃先に触れて冴え返る 新月 3 如水_ひろし_与志魚
181 立春や風呂にタオルの泡ぷくり ゆぴー 1
182 たぽたぽと眠気を誘ふ春の雨 大谷如水 1 みづほ
183 藪椿藪をかざして咲きにけり いくよ 0
184 人違ひされ易きこの冬帽子 柏井青史 1 ハセオ
185 もう少しもう少しだねとクロッカス りぱりご 1 雪加
186 雪赤城ここが正面ぞと思ふ 柏井青史 1 小石日和
187 春炬燵動かぬ夫(つま)を持て余し のるん 2 哲雄_なつ子
188 桜木の花芽隠して春の雪 ふさこ 1 由紀子
189 春寒や背中合わせの駅ベンチ 風来 2 喜遊_蓉子
190 春たちぬ名所巡りの歩や軽し 伊達由紀子 1 喜遊
191 春一番はらりはらりと葉書くる 矢野敬和 0
192 冬紅梅振摘みし白源氏押し 龍声 0
193 千年も花は変わらず時に咲き 秋ひろ 2 健_駄芭
194 寝息たふとし春あけぼのに目を覚まし 与志魚 0
195 わがままを言ひたき日なり黄水仙 なつ子 3 せつこ_のりさん_ふさこ
196 重吉一座旅立つまでのしやぼん玉 秀昭 1 与志魚
197 末黒野のところどころの烟かな 孝裕 1 風太郎
198 一刀両断白菜日和かな 0