1 ひび走る質屋の三和土冬ひかげ デラシネ 2 喜遊_うつろひ
2 遠き日の背比べの傷古暦 新月 0
3 凍蝶にうまれし勇気夜に入る 良健 0
4 待春の隣の猫や毛繕ひ 越刎 0
5 腕組みの腰に犬綱頬被り 北山久 0
6 軒つらら部屋は上京前のまま はつ 3 デラシネ_新月_みどり
7 寒明けや心を開く匂いあり 素夢 2 気儘 _白霧
8 年の瀬にリモート第九よく似合い のるん 0
9 約束の旅を希望として初日 苦茶 0
10 空色鈍くアコーディオンのごとムクドリ隊 さっちん 0
11 初雪やいつもの猫はあらはれず リツコ 0
12 差し込まるピザの広告小雪まふ みどり 0
13 菜園の播種選る妻と春を待つ 少青 0
14 青空にあでやかなりや梅の紅 前田弥壽江 0
15 姿見や眩しき孫の初スーツ みどり 0
16 風花や閉店ビラの裏は白 三々一 5 郁文_デラシネ_風子_二鬼酒_なつ子
17 海鳴りや流氷原のせり上がり 帆里 0
18 初夢の深き奈落を獏は喰う 信信 1 望天
19 深刻な顔も笑顔もいろり端 森本哲雄 2 孝裕_徹
20 大寒に童を守る古年柵 尾崎正義 0
21 浮雲を崩して鴨の水脈交差 とよこ 2 如水_龍声
22 朝トレのひと汗流す初湯かな ゆきお 0
23 墨の香に心鎮めて筆始 茂樹 8 せつこ_きこ_信信_ふみ_健作_えいこ_ひろし_火星
24 もののけの欠伸の混ざる雪解風 山水 2 秋ひろ_ふさこ
25 古本の五冊百円そぞろ寒 デラシネ 1 のるん
26 まづ髪を結ひて始まる初仕事 しゅう 5 松の_新月_風太郎 _えいこ_たかし
27 盆栽は棉花のごと雪味酒 前田ヤスエ 0
28 ひと日ごと余命減りゆくおらが春 惠啓 0
29 日向ぼこ猫と犬とに挟まれて みづほ 0
30 初御空世界の人がこの空を ひろし 0
31 寄り合ふてはまたちりぢりに冬椿 七笑 0
32 味噌おでんへそくる夫の黙秘権 うらら 0
33 ・春を待つ壁につられしフライパン せいち 2 さっちん_こゆき
34 桶の水薄氷押せば傾ぐ空 松の 2 凡士_七笑
35 童心に帰る父母雪達磨 新月 0
36 筏師が神(じ)護(ご)櫂さばき仁王立ち 尾崎正義 0
37 寒いとは云はぬと決める寒さかな 孝裕 3 郁文_うつろひ _山水
38 百円に見合はぬ願ひ初社 ふさこ 1
39 行く雲や庭にたゆたう冬薔薇 佐藤忠邦 1 藤左衛門
40 外灯に寒の菜の花浮いてくる 宮内和彦 0
41 春隣石ける子らの通学路 伊達由紀子 1 郁文
42 祖母と母仕草の似たる初笑ひ 小石日和 6 しんい_風来_冬子_竜人  _いくよ_いくよ
43 春待つや窓を拭いし台所 せつこ 0
44 夕暮をしづくしてゐる氷柱かな 松太 2 二石_与志魚
45 ドラマめく台詞も偶に古炬燵 2 すがりとおる_はるじ
46 菜畑に雀の降りて春の声 ふみ 0
47 カチカチだ足裏痛し寒の庭 藤川隆司 0
48 誰か来てくれそうな日の冬林檎 いくよ 7 一斗_しゅう_リツコ_のりこ_風子_百合_いきか
49 空仰ぐ山も野原も春霞 伊達由紀子 0
50 コロナにもめげぬ歌声社会鍋 望天 0
51 雑踏をかき分け行くや戎笹 我楽句多 2 卯月 _松太
52 我が庭の小さき手水に初雀 惠啓 0
53 芝庭の烏黒々今朝の霜 気儘 0
54 御馳走と酒に溺れし寝正月 杉山駄芭 0
55 焼き芋や古紙に包んで義母見舞う のりこ 0
56 古里は磯の香りの初日の出 いちり 1 和彦
57 タロットの恋占ひやスキー宿 二鬼酒 3 まさよ_冬子_風太郎
58 眉引くや山の向うも雪ならむ 七笑 3 すがりとおる_ハセオ_藤左衛門
59 シャルドネと生ガキ喰うや厳島 のりこ 0
60 たらちねの在ますがごとし蕗味噌に しんい 2 春生_松の
61 雪を見て日がな一日山の宿 竜人 1 信信
62 小さき庭小さき駅舎の福寿草 やすのり 1 気儘
63 喜捨受けるあかぎれの手や修行僧 森本哲雄 4 喜遊_うらら _凡士_はるじ
64 初日待つ崖の波音聞きながら 茂樹 0
65 寿ぎの言葉くぐもり去年今年 龍声 0
66 龍馬像見る大海の初日かな 吉田静生 0
67 ヨーグルトつややかな肌二日成る よしこ 0
68 年よりの会話ちぐはぐ日向ぼこ みづほ 3 秋ひろ_惠啓_火星
69 この先は猿の領分探梅行 火星 3 ふさこ_ひろし_いつせ
70 蝋梅の空に色ます花の波 とえ 1 野夫
71 舌を出す浅蜊つついて厨かな うつろひ 0
72 春一番海にひらめく鷗どり 与志魚 1 いちり
73 霜柱刃の光りふみし音 とえ 2 龍声_はるじ
74 初売りや開店前のミーティング 郁文 0
75 悟り不要今生きるのみ年明ける 秋ひろ 0
76 ひさかたに伸びをしてみる四温かな 一斗 1 雪加
77 ダイヤモンドダストきらきら君きらきら 蓉子 0
78 近くなる年越しそばで米寿かな」 藤川隆司 0
79 切り餅に裏表なし吾が人生 大谷如水 3 野夫_卯月 _三々一
80 味噌汁と海苔に漬物寒卵 のりさん 2 藤_みどり
81 天平の遺構の端や枇杷咲けり いくよ 0
82 渋滞のブレーキランプ冬ざるる 2 和彦_柚子
83 初音してインコさえずりふと止めぬ こゆき 0
84 宇宙よりビーム光線しづり雪 風子 1 きこ
85 昆布巻を切れば紅色女正月 風子 1 のりさん
86 人 バス 鳥 冬真っすぐにクロスする朝 さっちん 1 七笑
87 街灯下エンドロールのごと吹雪く 凡士 1 我楽句多
88 風刺すもひかりは増して早春譜 うつろひ 0
89 アンティーク時計狂いて室の花 ハセオ 0
90 隙間風われ居る処ばかり来る ハセオ 6 しんい_せつこ_惠啓_我楽句多_なつ子_みづほ
91 船笛のオランダ坂や日脚伸ぶ 卯月 6 ハセオ_気儘 _ふみ_銀雨_はつ_たかし
92 青空へただ投げ上げて雪つぶて 銀雨 1 まさよ
93 草城忌具と味噌製造所違ふ いきか 0
94 初春や朝日の中の赤ら顔 白霧 0
95 春めくやホップステップ散歩道 健作 1 蓉子
96 木漏れ日の集まる一処冬日向 孝裕 0
97 茶の花や仄かに白し母の郷 茫々 0
98 買初や客をもてなす紺座布団 矢野敬和 0
99 農政に一家言ありおでん酒 火星 1 風太郎
100 一枚を脱いですなはち狸汁 百合 0
101 大岳の影に溶込む冬の宵 八郎 1 きこ
102 重曹の匂ふ黒パン多喜二の忌 すがりとおる 4 藤_良仙_二鬼酒_敬和
103 通勤の足を急がす凍露かな 雪加 1 由紀子
104 なまはげを肩車から見るをのこ なつ子 0
105 寒風や声を限りの二歳半 藤左衛門 0
106 生みたてを素手に戴く寒卵 一斗 6 やすのり_のるん_帆里_えいこ_徹_こゆき
107 コロナ禍のラインで交す御慶かな ひろし 0
108 泣き初めは古き映画のワンシーン しゅう 0
109 偕老の積もる積もらぬ雪問答 柚子 4 うらら _竜人  _いくよ_いくよ
110 お年玉孫の笑顔に肘タッチ ゆきお 0
111 毒だみや塀邪にくぐりけり 良健 0
112 和紙の里訪ふ外つ国の冬帽子 凡士 2 孝裕_苦茶
113 虎落笛訛の交じる湯治宿 佐藤忠邦 1 とえ
114 なにもかも落ちは加齢や日向ぼこ しんい 0
115 からからと芝生駈け抜く赤落葉 縁矢 1 駄芭
116 大霜や水道管の破裂せり 城山 弘 0
117 刑事に星食べログに星寒明くる 佐々木冬子 0
118 運河浮くネオンの帯や冴え返る 秀昭 0
119 節分や鬼となりたる退院日 健作 0
120 「朝日」より「讀賣」に替へ年迎ふ 我楽句多 0
121 朝霜を耐えて動かぬ蛹かな 城山 弘 0
122 パソコンに乗つてくる猫山笑ふ えいこ 1 百合
123 ざぶざぶと冬の噴水降りにけり 二石 0
124 ひたすらに回復祈り寒昴 はつ 1 いちり
125 手水舎に朝日一条水温む きこ 2 ふみ_雪加
126 寒明けて日差しやわらか影法師 前田弥壽江 0
127 ことこととリズムも旨しおでん煮る うらら 4 和彦_苦茶_ひろし_雪加
128 冬耕の一振り地球起しけり 越刎 5 すがりとおる_風来_日和_哲雄_健作
129 蛇口からぽとりともせぬ寒の朝 八郎 0
130 梅の花踏み出す試歩へ拍手かな 春生 0
131 日替わりのランチにも春一歩ずつ 素夢 2 リツコ_卯月
132 大寒や入り江の鴨の三羽増へ 気儘 0
133 冬の夜や崩したくなきラテアート 竜人 1 いきか
134 日記買ふ鉄路の果ての雲赤く 野夫 2 藤左衛門_三々一
135 山深き一軒宿の大氷柱 風神 2 ふさこ_敬和
136 浅春の影法師なら消えやすし 柚子 0
137 冬日受けルーフキラッとパーキング 岡崎まさよ 0
138 日向ぼこ特等席をねこ占拠 蓉子 2 のるん_我楽句多
139 小春日に足踏ん張りてみかん狩り 柳かずえ 0
140 北風に背中押さるるやうに行く 風太郎 0
141 春北風や工夫ドドドと螺子締める 佐々木冬子 0
142 練乳をたつぷりかけて冬苺 帆里 0
143 ばつたりと会うて御慶を述べぬまゝ 二石 5 春生_一斗_徹_駄芭_みづほ
144 鬼どもの知るや二日の節分祭 春生 0
145 新設のゴミ場探梅傘古し いきか 0
146 野良猫を追いかけ素足小正月 よしこ 1 望天
147 少しだけ春風入れて保健室 銀雨 6 さっちん_山水_二鬼酒_白霧_はつ_たかし
148 月冴ゆる除染地域の立て看板 小石日和 2 ハセオ_柚子
149 学友も孫を連れをり初天神 せいち 0
150 鍬はじめ田の広々と筑波山 岡崎まさよ 2 やすのり_喜遊
151 伽藍の屋根空へ反りたる寒茜 はるじ 1 松の
152 爺さまの座はゆるぎなし狸汁 たかし 4 帆里_哲雄_苦茶_柚子
153 まず蘂の位置を定めて筆始め 良仙 1 リツコ
154 飛び込みの予定あれこれ日脚伸ぶ 秀昭 1 二石
155 沖縄とOKINAWA隙間風荒ぶ 苦茶 0
156 菜の花や風やはらかにピアニシモ えいこ 2 如水_松太
157 損得は人の物差し冬の蠅 良仙 4 デラシネ_山水_うらら _いきか
158 集まりしふくら雀よたんと食へ 縁矢 1 良仙
159 間取図を見比べてをり春隣 二鬼酒 5 良仙_与志魚 _三々一 _はつ_秀昭
160 薄氷や多かれ少なかれ余生 山水 1 風来
161 珍しき妻の訛りやきりたんぽ 三々一 3 しんい_健作_七笑
162 冬深し話とぎれて山の音 せつこ 1 銀雨
163 新雪を絹踏むやうに歩きけり 1 のりこ
164 蠟梅や夕日の淡き甃 ふみ 0
165 粕汁や家をつつみて風の音 与志魚 4 のりさん_銀雨_松太_百合
166 てっぺんに朝日の黄色冬木立 秋ひろ 0
167 行商の荷おろす路地や初氷 喜遊 2 まさよ_由紀子
168 山門の杉の老木冬ざるる 風太郎 0
169 冬の薔薇つぼみのままに閉ざされし 白霧 0
170 鯛焼きの温もり伴に寒見舞い なつ子 2 帆里_望天
171 白き手の切っ先みごと歌かるた 翠柳 2 日和_龍声
172 下手な字の心こもった年賀状 矢野敬和 3 秋ひろ_いちり_みづほ
173 冬うらら夫婦交互に犬を抱き 藤左衛門 1 秀昭
174 裸木の影は幾何学模様かな とよこ 1 せつこ
175 寒木の頼るものなき四肢の張り 1 こゆき
176 冬の庭何処も朱の冴へ冴へと 野夫 0
177 吾が影の田畑に伸びゆく寒旱 信信 0
178 友よりのLINEで拝む初日の出 卯月 0
179 悪太郎明けて鎮守の初鴉 すがりとおる 1 風子
180 それぞれの庭木の朝わすれ雪 はるじ 0
181 しずしずと大路行くバス雪の暮 望天 0
182 初雪の庭木の形に積もりけり こゆき 1 惠啓
183 老女消ゆ捜索隊の息白く 雪加 0
184 雪中に犬はまりて躍り出る 前田ヤスエ 1 うつろひ
185 新雪の小さき足あとひいふうみ 吉田静生 2 蓉子_白霧
186 雪うさぎ外に置き去り日が暮れる のるん 0
187 歳時記を横に頬杖冬うらら きこ 3 やすのり_のりさん_とえ
188 あの言葉思い出せずに老いる春 いちり 0
189 味噌椀は具沢山なり寒の入り 柳かずえ 0
190 しわ多き手を見つめおる日向ぼこ 風来 4 春生_新月_みどり _いつせ
191 働いた手を見せ合って日向ぼこ 風来 3 一斗_与志魚 _火星
192 花かたくりつと口の端に「早春賦」 翠柳 1 凡士
193 捲られぬまま外されて古暦 リツコ 1 敬和
194 山の宿オンザロックに氷柱割る たかし 2 しゅう_哲雄
195 霰には三角四角頑固あり ふさこ 1 なつ子
196 春を待つ木喰仏の微笑かな 少青 0
197 指太く短く炭を焼く男 百合 1 いつせ
198 半分は眠り毛糸を編んでゐる 松太 4 孝裕_二石_いくよ_いくよ
199 海見えて坂に水仙寺の町 松の 0
200 落ちてなお微笑み返す寒椿 宮内和彦 4 信信_日和_のりこ_駄芭
201 星冴ゆる父と二人の帰り道 茫々 0
202 禍を福に変へたき去年今年 大谷如水 0
203 片恋を葉かげに隠す寒椿 やすのり 2 如水_とえ
204 凍て蝶や翅を重ねてみじろがず のりさん 0
205 一周忌ペシャワール未だ春遠し 龍声 1 野夫
206 寒風やPK戦の息遣い 郁文 2 由紀子_秀昭
207 ブランデー香る珈琲暖炉燃ゆ 風神 3 しゅう_冬子_蓉子
208 人混みのくさめ一つに縮こまり 杉山駄芭 1 竜人
209 炊飯の円居に匂ふ一茶の忌 北山久 1 さっちん
210 家族鍋今年は一人欠けてをり 喜遊 0