1 しばらくは鴉の止まる冬木かな 風太郎 2 風来_和彦
2 寒紅に真紅のドレスフラメンコ みづほ 1 とえ
3 拭ひ終へて窓辺かがやく冬籠 秀昭 0
4 街路樹の葉色気儘に冬に入る 佐藤忠邦 4 孝裕_孝裕_郁文 _卯月
5 客五人開け放つ戸に冬夕焼 1 さっちん
6 磴つづく脇に色添ふ寒椿 とえ 1 きこ
7 山眠る息吹かむ生命(いのち)あまた抱き 惠啓 4 凡士_風子_徹_如水
8 三密を 避けて伸ばせし 初詣 越刎 0
9 年惜しむ共に白髪や二人酒 きこ 0
10 山眠るラリーの続く打球音 少青 1 いつせ
11 初鏡夫とは別の人恋うて 百合 2 松太_いつせ
12 落陽へ並ぶもみじと常緑樹 素夢 0
13 サンタ来る子の笑み親へプレゼント うらら 0
14 味噌作る終いの樽は爺の酒 佐藤忠邦 0
15 妻待つも手ぶらの帰り茸狩 高田幸夫 0
16 元朝や庭にニケ照る木守柿 瞳人 0
17 酒蔵の壁にもたれて日向ぼこ たかし 3 銀雨_新月_風太郎
18 焼き葱のじゆうといふ音山眠る ふさこ 2 さっちん_百合
19 街を行くとらやの袋年の暮 ハセオ 2 敬和_ふみ
20 さし挟む栞と私情年暮るる とよこ 2 松の _白霧
21 孫が来て我が家ふくらむ三が日 宮内和彦 0
22 選句終えメール送信初句会 いちり 1 瞳人
23 クリスマス慣れぬ箸なしフルコース 郁文 1 いつせ
24 底の石漂うほどに水澄めり 少青 1 与志魚
25 冬の日はビオラの色のよな夢をみる さっちん 0
26 柊のなほ活けてあり消ゆる駅 2 喜遊 _三拍
27 去年今年ノー・プロブレム成らぬ國 瞳人 0
28 若き日の恋を追いゆき深寝酒 いつせ 1 由紀子
29 初めての事ばかりなり古日記 嘉門生造 0
30 ダウンコートに「第九」を包み帰路急ぎ 有栖奈呂 1
31 大寺の靴下越しの寒さかな 竜人 0
32 紬着て袖口よりの寒さかな 茂樹 1 やすのり
33 独り占め窓いっぱいのオリオン座 伊達由紀子 1 せつこ
34 弧状列島空爽涼と忠魂碑 茫々 0
35 フライパンのガスの火太く年用意 3 秀昭_なおみ_朝子
36 商売につくづく向かず根深汁 火星 7 敬和_哲雄 _松太_みどり _燈穂_三々一_いきか
37 裸木や雀百羽が花咲かす 松太 6 忠邦_せつこ_はるじ_健作_朝子_徹
38 大袈裟に助走すふくら雀かな ゆぴーさん 0
39 凩や主ふり仰ぐ盲導犬 喜遊 0
40 古時計我も八十路に年惜しむ きこ 1 気儘
41 ボジョレーヌーボー陽気な声の真ん中に 秀昭 2 しゅう_苦茶
42 カップ麺で済ます昼餉や着ぶくれて えいこ 1 みづほ
43 白杖の音と歩めり落葉道 柚子 1 帆里
44 軽鴨の水脈の静かに消えてゆく 矢野敬和 1 なつ子
45 秋天に飛行機雲の崩れいく かいこ 0
46 城跡の野を分け来れば牛膝 茫々 0
47 さくさくと積もる落葉を踏みにけり 八郎 0
48 のこりもの温めなおして日短か みづほ 0
49 五十年たって読む本漱石忌 せつこ 2 風来_蓉子
50 山茶花の八重の白さや夜も見ゆ とえ 0
51 さくさくとトンカツ切つて日短か 百合 3 秀昭_新月_こゆき
52 影絵めくバスを待つ人暮早し 孝裕 0
53 奥山の御寺冬陽の輪の中に ようこ 0
54 暖鳥(ぬくめどり)別れは駅の西東 二鬼酒 2 ふみ_三々一
55 焦げし腹零るる餡の鯛焼よ 八郎 0
56 頷ける児の瞳の力寒昴 ようこ 1 さっちん
57 林檎食う剥くももどかしりんご食う 縁矢 0
58 坂上る電動自転車冬うらら 風太郎 2 健_縁矢
59 初雪の音を消したる憂国忌 2 ひろし_鋭次
60 玄海の寒鯖で酌む地酒かな 竜人 4 しゅう_やすのり_由紀子 _たかし
61 ポケットに失くしたはずの冬帽子 えいこ 4 松太_朗然_百合_いきか
62 干し大根数え切れずに先急ぐ 高田幸夫 1 喜遊
63 初雪はだるま二つとなりにけり 柚子 2 哲雄 _デラシネ
64 初買ひの子犬わが家の一人武者 翠柳 0
65 寒月を隠す湯けむり露天の湯 静生 1 なつ子
66 初夢や呑んで歌って喋くって 朗然 0
67 吊るされし塩引きの眼や海みつむ ふさこ 2 白霧_みづほ
68 寒き夜や酒を呷つて須可寝焉乎 我楽句多 0
69 冬うらら黒板消しを叩く音 銀雨 5 山水_草加子 _一斗_たかし_帆里
70 初日の出 ベランダ越しに 手を合わす 柳かずえ 0
71 古里の予報は晴れと去年今年 三々一 0
72 数へ日のさりさる落つる砂時計 すがりとおる 0
73 蟠り捨て去る勇気除夜の鐘 はつ 0
74 水鳥の空港めきぬ今朝の池 矢野敬和 0
75 詰将棋解きつつ眠る炬燵かな 森本哲雄 2 雪加_喜遊
76 本当は泣きたかったの朝月夜 デラシネ 1 白霧
77 秋天や 鳥の奏でる コンサート 小岩良雄 0
78 冬晴れや揺れる蜂の巣干からびて 0
79 路地裏の放置自転車霜の夜 みどり 5 孝裕_孝裕_我楽句多_風太郎_二鬼酒
80 方丈さんも子犬と散歩小晦日 0
81 傷絆の指先ふやけ年暮るる みどり 0
82 蔓延し病の隅に野菊咲く 弓場佳子 0
83 烈風や雪女かと固唾呑む 佐々木冬子 0
84 生業を辞し大年の月まどか すがりとおる 6 日和 _リツコ_山水_はるじ_竜人_とよこ
85 あかみどり金銀沁むる聖夜かな 三拍 0
86 冬うらら島の波止場に猫船長 凡士 6 ゆう_みどり _ハセオ_火星_気儘_良仙
87 荒縄を男結びに風囲 卯月 15 匡男 _秋ひろ_リツコ_とおる _忠邦_ひろし_デラシネ
信信_燈穂_火星_素夢_二石_朗然_少青_こゆき
88 音すべて吸い込んでゆく夜の雪 蓉子 1 秋ひろ
89 漁小屋に潮の暦や風冷たし 有栖奈呂 0
90 個性的マスクに出会ふエレベーター 小石日和 0
91 すす払いアルバムの君に遅らされ 0
92 外套や本を片手に揺るるバス ゆぴーさん 0
93 回覧板すぐに隣へ年暮るる 燈穂 0
94 密を避け消毒の日々年つまる 我楽句多 1 冬子
95 飛行機雲くぐりねぐらへ寒烏 広木なおみ 0
96 冬帽子押さえて見あぐまねきかな 新月 0
97 鳥の餌撤去されたり冬うらら いきか 0
98 聖菓持ち輝く街を帰りけり しゅう 1 風太郎
99 芝浜を談志が下げて大晦日 火星 2 とおる _龍声
100 里芋や親芋残る籠の中 なつ子 1 二鬼酒
101 初御籤凶大吉にあらずして 鋭次 0
102 蒲団干すけふは娘の里帰り 大谷如水 3 郁文 _のりさん_素夢
103 地方紙に包み込まるるずわい蟹 信信 4 しゅう_茫々_新月_健
104 数日のコンビニ漫画立ち読める はるじ 1 日和
105 神宮の森に鶏鳴初明かり 鋭次 2 惠啓_駄芭
106 年の市菜を売る姥の朱き頬 静生 2 なおみ_朝子
107 ひととせの迅さつくづく十二月 惠啓 2 茫々_ふさこ
108 紅葉燃ゆ 大涌谷の 黒卵 英太 0
109 新刊のインクの匂ひ冬籠 帆里 4 秀昭_銀雨_二石_百合
110 風花や遠き昭和の大時計 宮内和彦 0
111 同じこと書きて書かれて年賀状 燈穂 4 ゆう_山水_銀雨_いちり
112 地方紙に包まれ届く蜜柑の香 3 匡男 _龍声_蓉子
113 曲独楽や暇持て余す齢とや はるじ 0
114 石垣の隙間すき間に冬の声 いつせ 2 草加子 _縁矢
115 数へ日の駅に尖りし電子音 風神 2 松の _デラシネ
116 忘れまじ師走八日の真珠湾 ふみ 0
117 ワクチンや疫の荒野の初明かり うつろひ 1 凡士
118 雪の檻車ごと人閉ぢ込めし のりさん 1 如水
119 眼下には善男善女はつ鴉 草加子 0
120 大寒や漁村の墓は海を向き 気儘 8 郁文 _ハセオ_いちり_燈穂_柚子_少青_七笑_こゆき
121 初雪やトタンをたたく風の音 嘉門生造 1 のりさん
122 指先の無い手袋やスマホ人 ハセオ 1 秋ひろ
123 新調のコート二倍の暖かさ 伊達由紀子 0
124 礼装もマスク必須やジェンナー忌 佐々木冬子 0
125 楽焼は一子相伝注連飾る 匡男 3 松の _竜人_良仙
126 真向ひに立つ峰二つ初筑波 しんい 0
127 飛行機雲くぐりねぐらへ寒烏 朝子 1 三拍
128 命日やおじや命の母たりき 北山久 0
129 鴨の陣尻一列に浮かしをり 良健 1 ゆう
130 また一年 寿命給はり 初明り 越刎 1 うらら
131 ポケットの中で手つなぐ雪催 なつ子 1 与志魚
132 行く先はsiriにおまかせ去年今年 七笑 0
133 今は昔母と語らう冬日向 とよこ 0
134 燗酒の一合からだ駆け巡る ひろし 2 信信_駄芭
135 梟のけふの反省顔廻す 帆里 1 なおみ
136 決算の声かき消して虎落笛 リツコ 0
137 品定めされておるよな達磨市 銀雨 0
138 片時雨身を寄せ合ふて忘れ傘 苦茶 1 きこ
139 なにごとも加齢ですまし年暮るる 郁文 3 雪加_惠啓_柚子
140 雪吊りの棟梁きりり脚絆締め 凡士 3 蓉子_卯月_如水
141 湯豆腐やおなじ話におなじ顔 七笑 4 冬子_和彦_いちり_いきか
142 風呂吹きや湯島のだいこ鍋足りず 縁矢 0
143 朔風を避けてさまよふ地下二階 やすのり 0
144 寄鍋の後は満腹肘枕 杉山駄芭 0
145 口重き男冬至の生まれなり 雪加 3 日和 _風来_ふさこ
146 高架線柱の並ぶ冬の暮 祐子 0
147 補聴器の童女の歌う聖歌あり 喜遊 0
148 一位の木雀あふるる冬休み こゆき 0
149 助六の飾り凧置く松の内 しんい 0
150 レントゲン技師にひと言詫ぶ厚着 二石 1 茫々
151 寒柝のリズム崩れし赤提灯 三々一 0
152 笹子鳴く真相を知るバケツかな いきか 0
153 輪唱のおはようの声冬温し 龍声 0
154 継ぐ子なく全て熟柿の畑となり かいこ 1 なつ子
155 まだ君の蒲団に残る温みかな しゅう 1 うらら
156 鯛焼きのできる工程待つ七分 蓉子 1 二石
157 鐘の音の耳に沁みこむ去年今年 健作 0
158 雪しまき能登行商の頬を打つ ひろし 4 龍声_はつ_とえ_帆里
159 夜の厨あす搗くもちの米ひたす 与志魚 1 信信
160 柿もみじ 鳥のシンホニィ 響く空 小岩良雄 0
161 雲上の弥陀の光芒初山河 山水 2 はるじ_鋭次
162 孫の居ぬ子守唄めく除夜の鐘 健作 0
163 沿線の冬景に馴れ月旦評 北山久 0
164 屠蘇の酔ひ家族史書けと叔父の言ふ 二鬼酒 0
165 嫌なこと少し忘れて蒲団干す せつこ 2 ハセオ_一斗
166 おめでとうポストに年賀落ちる音 うつろひ 2 哲雄 _朗然
167 三日目を温め返すおでんかな たかし 0
168 吾児抱きくぐる鳥居や雪もよひ 三拍 0
169 赤っ恥笑い飛ばして日向ぼこ うらら 0
170 降誕祭みどりごの眸に星の涙 良健 0
171 ひゆうひゆうと風が息する枯野かな 松太 5 えいこ_我楽句多_健作_凡士_気儘
172 木々のみな姿勢を正す冬の森 4 えいこ_しんい_雪加_素夢
173 ゆく年やハッピーですかと猫に問う 白霧 2 縁矢_七笑
174 鴛鴦の番の水脈の交差して こゆき 0
175 参道の真竹の垣や初参り 気儘 1 由紀子
176 小夜ふけし二度目暖むおでん鍋 0
177 点滴に耐へし日数や冬銀河 匡男 0
178 干菜風呂むかしむかしの日のにほひ 風子 5 リツコ_とおる _鋭次_はつ_柚子
179 コロナ禍の籠る暮らしの師走かな 茂樹 0
180 一人居のご長寿にもとおでん炊く リツコ 0
181 運転へ並木の紅葉めくるめく 広木なおみ 0
182 雪間のひざし片方のイヤリング 風子 0
183 行く年に押され押されの余生かな 秋ひろ 1 瞳人
184 真っ新らなランチョンマット日脚伸ぶ 翠柳 2 しんい_火星
185 運転へ並木の紅葉めくるめく 朝子 0
186 正月や自由な時間の不自由さ 秋ひろ 1 のりさん
187 機関車はジョバンニの青冬銀河 龍声 3 しんい_はつ_三々一
188 冬浅し揺らぐ燈明唄うごと 信信 0
189 くしゃみして過去は忘れて前向いて 白霧 1 瞳人
190 平穏を祈る山河や去年今年 朗然 0
191 東雲をひとりぽつんと露寒し デラシネ 0
192 冬晴れの失敗しちゃった旅行写真 さっちん 0
193 頂上の松に見張らせ山眠る 二石 4 せつこ_我楽句多_和彦_与志魚
194 老残の幹皎々と月冴ゆる のりさん 1 とよこ
195 ひつそりと帰り花あり父の庭 杉山駄芭 1 匡男
196 大福茶数えの百となりにけり 雪加 2 敬和_健作
197 麦の芽やはるか筑波に雲もなし 与志魚 5 やすのり_ふみ_ひろし_みどり _七笑
198 凩の磨き上げたる朝日かな 松の 8 えいこ_冬子_健_苦茶_風子_三拍_草加子 _一斗
199 謎めいた名前の多き寒牡丹 いちり 0
200 年用意できぬことまた一つ増え 卯月 1 竜人
201 冬木の芽そろって白を青空に 松の 0
202 若水をまず撒く家庭菜園に 山水 0
203 鯛焼のうらめしさうな眼かな やすのり 0
204 ラファエロの聖母子像や寒玉子 祐子 2 二鬼酒_良仙
205 かさこそと母も好みし枯葉路 素夢 0
206 猫舌の友や皺寄せ鍋焼うどん 0
207 善し悪しを梵鐘にのせ去年今年 ふみ 1 駄芭
208 往年のことは語らず枯尾花 孝裕 5 忠邦_風子_とよこ_惠啓_卯月
209 ラスベガス バカラを外し 冬近し 英太 0
210 公園のベンチにふたり冬菫 風神 0
211 着ぶくれて王のミイラと対面す 苦茶 1 みづほ
212 荒星や浪勢へる疫の闇 0
213 母の喪の明けぬ小庭に冬木の芽 小石日和 0
214 皮ジャンパー脱ぎ少年の顔となる 草加子 2 ふさこ_少青
215 川渡る車窓の彼方に雪の富士 はつ 0
216 もぐり込む布団に残る陽の匂ひ 大谷如水 4 孝裕_孝裕_うらら _苦茶
217 居を移しここに永住むかと月に問う 弓場佳子 0
218 邪魔になる街の騒音山眠る 森本哲雄 0
219 肩の湯が 弾けて嬉し 春の宵 柳かずえ 1 きこ
220 シベリアの鉄路は軋む寒北斗 新月 2 とえ_たかし