1 一雨も一風もあり落葉掃き 杉山駄芭 1 うらら
2 股引やばち跳ね返す大太鼓 芦部良仙 1 卯月
3 目を閉じて太公望の小春かな 草加子 3 みどり_百合_健
4 東大寺暮れ六つの鐘寒々と 気儘 1 望生
5 冬蝿とひと回りする観覧車 山水 8 三拍 _新月_郁文_信信_二鬼酒_凡士_風子 _七笑
6 木枯やおとがひ欠けし石仏 みづほ 4 白霧_うつろひ_みどり_松太
7 風鐸の木枯しに鳴る堂暗し 静生 0
8 化粧より七難かくすマスクかな 蓉子 1 のりこ
9 秋深し今宵は月の白きかな 伊達由紀子 1 良雄
10 板張りの床軋みおり今朝の冬 せつこ 2 藤_敬和
11 扁額の少し傾き秋の風 茫々 1 一斗
12 ふと殺気鯛焼跳ぬる二度三度 やすのり 0
13 立冬と切り取る中に白き富士 苦茶 0
14 御洒落して鄙の氏神七五三 佐藤忠邦 1
15 落ち葉雨喪中はがきを投函す はつ 1 二鬼酒
16 湯気立ちて誰かぽつぽつ日記つけ さっちん 2 良仙_いきか
17 秋光のひと時巡る山を舞台に さっちん 0
18 酒止めて何してをるや賀状書く 火星 2 山水_はつ
19 夕煙なびく山里木守柿 佐藤忠邦 3 藤_冬子_蓉子
20 木道の左右に紅葉濃かけり 朗然 0
21 湯豆腐や無骨な男だがやさし 山水 1
22 冬深しピアノ調律なほ続き 与志魚 2 草加子_雅明
23 「はよ死ねや」そういわれてるようだ、雪 区礼男 0
24 冬灯透かし見選ぶ下着かな 北山久 0
25 冬満月抱かれて帰る家路かな 1 駄芭
26 鼻にブチ良き里親へ秋夕焼 1 日和
27 汝が脚と探れば炬燵の中の猫 七笑 1 気儘
28 大仏の切通ゆく秋深し 八郎 2 雅明 _龍声
29 降りそそぐ日にちりちりと干大根 しんい 3 健作_喜遊_野夫
30 行く秋の仮面をつけて待つ出番 芦部良仙 1 リツコ
31 冬茜黙して歩む初デート 西條利光 0
32 冬の霧百幹の竹墨絵なす 与志魚 2 ふさこ_はるじ
33 逆らへぬ歴史の流れ開戦日 森本哲雄 0
34 石蕗の花母の朗らな声聞けり 小石日和 1 雅明
35 村はずれ銀杏黄葉の現るる 孝裕 0
36 イーゼルを抱え近場へ紅葉狩 郁文 0
37 星多き十一月は好ましき 風来 0
38 単線の沿いゆく山路小六月 とよこ 1 孝裕
39 山襞の研ぎすまされて冬の山 しんい 2 忠邦_銀雨
40 しがらきの狸をたたく霰かな 松太 7 喜遊_えいこ _火星_敬和_銀雨_柚子_茫々
41 台場跡佇ちて異国を冬夕焼 柚子 0
42 畳目に添ふ雑巾や文化の日 4 如水_帆里_敬和_うつろひ
43 秋空や球追う君の飛ぶ帽子 白霧 1 由紀子
44 カシミヤの襟巻纏う老紳士 とよこ 0
45 風神の袋全開月冴ゆる 秀昭 4 松の_きこ_信信_ふみ
46 貧庭を律儀に笹子二タ三こゑ 瞳人 0
47 ビニル傘見上げてひとつ散紅葉 龍声 0
48 黄落や天狗見守る建長寺 龍野ひろし 0
49 金目の眼怯む包丁持つ手かな 0
50 時撞きて銀杏落葉となりにけり 三拍 0
51 こうべ垂れ初手袋の人ら往く 三拍 0
52 とんがった性欲は小春日和に 区礼男 0
53 一生を故郷に生き花野かな 森本哲雄 5 孝裕_如水_和彦_いちり_春生
54 門燈を釣瓶落としの忘れさす 縁矢 0
55 おほかたは笑うて過ごす留守の神 すがりとおる 0
56 薄氷ふあっとフィギュア置いてみる 野夫 1
57 金木犀匂いたどりて角曲がり マリコ 0
58 光る海ハゼ釣り船の帰る道 蘆空 0
59 マリー居る五番街から聖歌かな 秀昭 0
60 ご当主はお留守とのこと菊日和 柚子 0
61 山茶花の咲き継ぐやうに君まてり 佐々木冬子 1 のりさん
62 雨上り芒に金のしずくかな 竜人 0
63 落葉焚くいくさなき世に軍手して 凡士 2 冬子_アガト
64 熱燗やつい飛び出しぬ隠し事 ふみ 0
65 手首までポストに入れて十二月 宮内和彦 12 絮_さっちん_一斗 _良仙_鋭次_二鬼酒_素夢_柚子_ハセオ_与志魚_風太郎_茫々
66 みかん狩り天辺残し鋏み鳴り とえ 2 遠山_龍声
67 石仏の顔一列に枯野原 二鬼酒 1 いちり
68 少年に戻る道ある枯野かな 斉藤徹 4 秋ひろ_アガト_燈穂 _とよこ
69 林檎剥く事無くなりしナイフかな 嘉門生造 0
70 一歩づつ落葉踏み締め嬰歩く 風太郎 1 素夢
71 細りゆく老いの二の腕茎の石 卯月 1 凡士
72 起き抜けの寒さどっこい生きている なつ子 1 のりさん
73 色変へぬ松寄り添ひし野面積 小石日和 1 秋ひろ
74 潮騒や眠れぬ人と冬の宿 蘆空 0
75 マスクして狛犬二匹神迎ふ 我楽句多 1 ひろし
76 防疫は母の雑煮の遠さなり 佐々木冬子 1 哲雄
77 小春日やほどけさうなる舫ひ綱 百合 2 秀昭_のりこ
78 故郷no柿の簾の家並かな 枯露柿 0
79 花くるむ英字新聞文化の日 風子 8 風来_しゅう_火星_二石_遠山_山水_はるじ_龍声
80 日溜りに命果つるや冬の蜂 のりさん 2 我楽句多_とえ
81 木枯らしや進まぬ自転車右左 きこ 0
82 落葉狂ふ午後の光の闇の中 茫々 0
83 木の実食ふ林檎梨柿栗葡萄 斉藤徹 1 帆里
84 着ぶくれてラジオ聞きつつ微積分 蓉子 2 風子 _いきか
85 火の酒の冷たきショットグラスかな 一斗 0
86 引退のレース飾れば天高し アガト 0
87 冬支度朝の紅富士窓に置く 信信 1 はるじ
88 暮早し巡り残せし句碑探し 新月 0
89 ワイパーの俄かに動く時雨かな 少青 3 新月_気儘 _みづほ
90 訪ぬ人誰も拒まぬ花八手 椋本望生 0
91 柩出で犬に寒さののこりけり 茂樹 2 我楽句多_ハセオ
92 境内からゴスペルソング秋高し 内山富佐子 0
93 馬の目の黒く濡れたる寒夜かな 七笑 3 一斗 _竜人_ふみ
94 カーテンに隠れて遊ぶ冬休み 帆里 3 望生_与志魚_松太
95 聞き流すことも世渡り日向ぼこ 卯月 10 孝裕_健作_冬子_和彦_敏_朗然_銀雨_なつ子_とよこ _風子
96 錦秋や大きな窓の美術館 竜人 2 草加子_はつ
97 車窓から蜜柑に手が届きさふ 嘉門生造 1 やすのり
98 大榾は泡吹きあげて燃えにけり 百合 0
99 ニュートンの原理こつんと榠樝の実 翠柳 2 えいこ _茫々
100 冬菫誰にも小さきヒストリー 火星 5 風来_卯月_ひろし _鋭次_凡士
101 秋深し君の奏でるセレナーデ 伊達由紀子 0
102 母見舞ふすべなく見上ぐ冬木立 みどり 4 日和_雪加_絮_やすのり
103 虎落笛将軍オセロのレクイエム 翠柳 0
104 マスクせぬパパの知らない赤子かな 椋本望生 0
105 檜皮葺ふくら雀を五羽六羽 喜遊 1 ようこ
106 洗い米冬曙の笊の上 小鳩 0
107 行く先は落葉だまりのぬかるみぞ 素夢 0
108 粘土冷たし手びねりの碗づくり 0
109 女学院に続く坂道銀杏散る 龍野ひろし 2 風太郎_蓉子
110 本箱の本整然と冬に入る せつこ 3 リツコ_秀昭_百合
111 京の町闇から闇へと虫時雨 信信 0
112 赤とんぼ縦笛で知る子の帰宅 1 由紀子
113 足の指ひらいてとじて小春かな 風子 6 草加子_瞳人_白霧_燈穂 _朗然_柚子
114 霜降やラジオ体操ぽきぽきと 燈穂 0
115 一湾に鴨日ごと増え夕暮るる 気儘 1 のりさん
116 腰すわる友と酌み合う新走り 八郎 0
117 木の実降る臆病風の吹くほどに 二石 1 駄芭
118 掛軸の筆の掠れや秋気澄む 風神 3 春生_とえ_良雄
119 青空に映えて山茶花日和かな マリコ 1 気儘
120 目の中で聖樹またたく赤児かな なつ子 0
121 券売機手袋落とし拾ふ恋 やすのり 1 きこ
122 抱かれゐる猫あくびして小春かな 喜遊 1 アガト
123 山茶花やルージュの色をひとつ濃く 燈穂 1 健作
124 水平線じっと見ている秋思かな はつ 2 のりこ _とよこ
125 うたた寝にそつと掛けらる毛布かな 大谷如水 0
126 エロイカの余韻をまとひ冬銀河 えいこ 1 たかし
127 生えかけの奥歯が自慢七五三 一斗 4 雪加_秋ひろ_二石_望生
128 喪の葉書仕舞ひ狭庭の柿取りに 瞳人 0
129 縄咥へ新巻ぎょろり見得睨み うつろひ 0
130 立冬のため息つくよう灯のともる 松の 0
131 断捨離や小春の種に鯨尺 龍声 1
132 ひたひたと猫潜り込む布団かな 矢野敬和 0
133 短日や明日の用事を書き記す ハセオ 3 さっちん_瞳人_みづほ
134 寒空や梢々の隙間より 素夢 0
135 挟みたる古き栞や一葉忌 しゅう 1 蓉子
136 生ききりて枯葉色なる枯野かな 秋ひろ 0
137 秘め事を知りたる重さ毛糸玉 鋭次 3 二石_苦茶_七笑
138 鬼太郎がひょいと着そうなちゃんちゃんこ うらら 3 しゅう_なつ子_みどり
139 短日や投函日時に父帰る いきか 0
140 モボモガの父母の青春インバネス 鋭次 1 良仙
141 赤青の戦い止んで枯木星 野夫 0
142 喧騒を避けて帰るや酉の市 風神 0
143 凩や山の一景換えにけり ふみ 0
144 かんじきを柱にさげて五寸釘 松太 2 哲雄_いきか
145 黒マスク昔不良のステータス 西條利光 0
146 金継ぎの小鉢や芋の煮つころがし 内山富佐子 1 鋭次
147 秋浜の干し海老赤く由比ガ浜 松の 0
148 ランドセル列硬くして冬の朝 枯露柿 4 ふさこ_忠邦_郁文_健
149 金星のタグボートめき月を曳く 健作 0
150 故郷を思えば涙日向ぼこ いちり 0
151 冬暮るる角の八百屋の明るき灯 みどり 1 はつ
152 負うたこの息がうなじに朝の霜 たかし 0
153 黄落や二時間待ちの停留所 草加子 1 朗然
154 姉はS妹はLL春着縫う 雪加 0
155 朴落葉 紙飛行機を撃墜す 春生 1 ようこ
156 重き空支へてをりぬ冬木立 越刎 7 松の_三拍 _ふさこ_野夫_燈穂 _苦茶_春生
157 七五三力競べの石抱かせ 少青 0
158 小社藁に戻りし藁の蛇 ようこ 0
159 冬晴れや耕す人と見てる人 秋ひろ 1 郁文
160 熱田さんしぐれて灯す巫女溜り 茂樹 0
161 琴の音の祇園小路や冬に入る こゆき 2 信信_とえ
162 落葉踏むナラの葉一段高き音 ようこ 0
163 奥嵯峨の茶屋を出づれば初時雨 大谷如水 1 たかし
164 踏台を妻が支へて年用意 宮内和彦 4 リツコ_瞳人_新月_風太郎
165 神の留守バイトへ急ぐ巫女二人 二鬼酒 1 七笑
166 凍土消えもののけ現るる地球かな 苦茶 0
167 一蹴逸れ校庭湧ける小春かな はるじ 0
168 一輪車で十四五本の大根来る リツコ 0
169 力尽く走者を包む毛布かな 新月 5 我楽句多_哲雄_卯月_竜人_百合
170 ちりめんの機織る音や初時雨 凡士 1 火星
171 時雨るるや傘の重さを畳みいて 越刎 0
172 スカイライン落葉の道となりにけり 朗然 0
173 凩の背中押す帰路や窓明り 静生 1 白霧
174 一竿をピンチで隔て柿すだれ リツコ 0
175 子に見つけさせる葉陰の冬苺 春生 1 喜遊
176 野仏の足元隠す草紅葉 きこ 1 ふみ
177 ほろ苦しうろ抜きだいこ間引き菜(さい) 1 松の
178 雪女だから言ふなと言ふたのに 3 風来_しゅう_遠山
179 茸狩の知らぬ同士のぼやきかな 二石 0
180 福助の正座のしびれ想う冬 うらら 0
181 寝転んで冬空とキャッチボールの子 ハセオ 1 与志魚
182 三冠馬名勝負せし秋の暮 健作 0
183 竜田姫暑さ寒さは苦手なり 0
184 葉牡丹に替えたる鉢に日の斑さす こゆき 0
185 冬支度とろとろシチュー煮込みつつ 矢野敬和 3 帆里_うらら_松太
186 ビーバームーン人もそれなり老い支度 アガト 0
187 熱燗や隅に女の一人客 しゅう 0
188 青見たる 須川の裾廻 秋の色 小岩良雄 0
189 拍子木が遠ざかりゆき寒月夜 うつろひ 2 やすのり_素夢
190 医通ひのはしごにも慣れ木の葉髪 0
191 木枯や赤城筑波は音のなか 郁文 0
192 嚔して話どこまでしたろうか 銀雨 1 雪加
193 円墳に登りてみれば律の風 かいこ 1 せつこ
194 千羽鶴冬青空を折り込みて 帆里 1 さっちん
195 小春日や刺繍の針の軽やかに 銀雨 3 如水_由紀子_忠邦
196 天を突くヒマラヤ杉よ冬に入る 風太郎 1 駄芭
197 釣糸を垂るる一ト日や湖小春 我楽句多 1 えいこ
198 初霜や土へこませて下駄の跡 たかし 0
199 糠炊きはいやあの老舗この老舗 縁矢 0
200 家尽きて黄落となる山路かな 孝裕 2 せつこ_ひろし
201 鳩の出ぬ父の帽子や冬館 すがりとおる 3 野夫_竜人_ハセオ
202 もみじ葉を見上げる先の松閑か 杉山駄芭 0
203 木枯や交番に赤き灯がともる みづほ 0
204 落葉踏まむいざ街騒も色付かむ はるじ 0
205 空青し 鷹の眼光 鼠追う 小岩良雄 0
206 玄関にドーベルマンと石蕗の花 風来 0
207 橋たもと瀬音聞き入る花八つ手 のりさん 0
208 飽き性の100円ショップで日記買う 雪加 0
209 全山を山湖に集め紅葉す とえ 6 せつこ_きこ_秀昭_三拍 _良雄_ようこ
210 青レモン酸いも甘いも知る歳に 白霧 1 うらら
211 綿虫や台所の音がくきやかに いきか 0
212 冬蜂の蹌踉け伏せるも死身かな 北山久 0
213 老猫がここ極楽と日向ぼこ えいこ 3 うつろひ_いちり_みづほ
214 寒菊に集ふいのちに日の光 小鳩 3 日和_敏_苦茶
215 日向ぼこ昔大勢今一人 いちり 4 和彦_山水_なつ子_たかし
216 数へ日や頭の中で指を折る かいこ 0